高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

がちゃ場放浪記 「高知名物!一軒家!」

投稿日:2013.03.07 更新日:

「明日飲みに行きませんか?」
2月のある夜。私はある方にメールを送っていた。

晩酌の焼酎を過度に煽ったせいか、少し酔っていた。
酔いながらも思っていた。

<突然、明日飲みに行かないかとは、あまりにも急か!
でも、こういうのって勢いが大事だろうッ・・・!>

昨年の秋に一緒に飲んでいた際に、
今度一緒に飲みに行こう!と抱き合いながら約束して、
数ヶ月が経とうとしていた。

唐突に勢い付いた、いま彼を誘えなかったら、
一緒に飲みになんて永久に行けない気がした。

翌日。

彼は、待ち合わせ場所に、
私より先に来て待っていてくれた。

私から誘っておいて、
待たせてしまって申し訳なく思った。

けれども、彼は大丈夫!大丈夫!
みたいなことを言いながら笑ってくれた。

彼の名は、ハンドルネームで、
「がちゃ」さん。

「自分的備忘録」という、
麺の話を主としたブログを書いている方だ。
(このときの話をがちゃさん視点で読む)

雨上がり。
人通りの少ない平日の高知市繁華街を、
男2人で歩く。

酒場の看板の光が、
道路の水溜りに反射してキラキラ輝いている。

始まろうとしていた、
僕らの"がちゃ場放浪記"が。

がちゃ場放浪記 一軒家

『一軒家』

<看板に"高知名物"って書いてある・・・!>

がちゃさんによると、
"あの"吉田類さんも訪れたことがあるお店らしい。

<前は何度も通ったことがあるけれど、
そんなに有名なお店だったとは・・・!>

入口の戸を、
がちゃさんが開けて中へ入ろうとした。

が。
満席っ!?

<満席か・・・仕方ない・・・出直そう・・・!>

L字型のカウンターのみの店内に、
詰まった人の多さを見て怯んだ。

が。
そのとき!

お店のオバチャンが、
他のお客さんに席を詰めるように言ってくれる。

すると!魔法のように、
ちょうど2人分の席が空いた!

「あぁ・・・すんません・・・」

席を詰めてくれた、隣の熟年の男女に声をかける。
シラフの自分の声が小さすぎて、聞こえているのか不安だ。
ウンウン頷いているので大丈夫だろう・・・。

がちゃ場放浪記 一軒家2

生で!
乾杯!

がちゃ場放浪記 一軒家3

大根!

がちゃさんが注文した、大根のおでんを、
私も分けてもらって食べる。

男2人で一つの皿をつつく。
なんかイイ。変な意味じゃなくて。

がちゃ場放浪記 一軒家4

圧倒的・・・!
揚げ物ッ・・・!

がちゃ場放浪記 一軒家5

カキフライ!

がちゃ場放浪記 一軒家6

串フライ盛合せ!

がちゃ場放浪記 一軒家7

切り替えて!
芋焼酎ロック!

がちゃ場放浪記 一軒家8

とり足!

「一軒家」の名物だとも聞く一品。

<うぉっ・・・!
味の主張・・・攻撃力が高い・・・!
これは・・・酒が進むぞッッッ・・・!>

昭和にタイムスリップしたかのような、
安らげる店内の空気感。

八代亜紀の舟唄みたいにシミジミ飲む、
オジチャンやオバチャン。

その中に混じって、
僕らは串フライを付き合い始めのカップルのように、
「これイカかなぁ?」「エビやろぉー♪」と言いながら食べた。

(続く・・・!)
『続き!"旬菜よこやま"のエピソードを読む』

居酒屋めぐりに!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.