イベント

ゆすはらグルメまつり 2014

更新日:

強く降っていた雨は次第に小降りになってきた。傘を差して梼原の町を歩く。何度か車で通過したことはあるけれど、梼原の地に足を下ろすのは初めてだった。

<綺麗な町並みやな…>田舎の寂れた町、という雰囲気ではない。

梼原グルメまつり2 梼原グルメまつり

『ゆすはらグルメまつり』という愛媛と高知のグルメが一同に会すイベントが開催されると聞いて遥々やってきたはいいが、予定があり梼原に着いた頃には午後二時半を回っていた。

「いろんなものが売り切れ始めているので、急いでください」と駐車場の整理をしている人に言われて、やっぱりそうだよな、と思った。イベントは午後四時までだ。あと一時間半もない。

fc2blog_201409090847198a6.jpg

臨時駐車場になっていた梼原小中学校のグラウンドから会場まで歩いて着いて苦笑した。
<売り切れ始めているというか、ほとんど全部売り切れたあとやん!>

三店舗それぞれ一品ずつ、三品ほどしか残っていないようだった。一番食べたかった「にいはまえび天バーガー」も他の麺類も、もちろん売り切れ。<選択の余地はないな…>全部購入することにした。

梼原ぐるめまつり1

「今治焼豚玉子飯」に、「大三島ソースオムそば」「四万十青のり肉巻きおにぎり」最後に残った三銃士だ、と私はわけのわからないことを思った。

ピーク時にはおそらく満席で座ることも困難だったと想像できる、架設のテーブル席。しかしいまは広々と使える。遅れてきた利点はたぶんこれだけだ。むしゃむしゃ食べる。

玉子飯の焼豚、柔らかい。<いいぞ、いいぞ>タレが旨い。<ほか弁の、とり弁当みたいや!>例えがどうかと自分でも思ったが、要するに美味しいということだ。

もう食べるものがないので、早々に退散して梼原の町を少し歩いた。

山に囲まれた、のどかな環境。
<ええですなぁ>私は昼下がりのお爺ちゃんみたいに微笑んだ。

fc2blog_20140909084807ccf.jpg
(今治焼豚玉子飯とおチャラい方。H.26.梼原町にて)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-イベント

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.