「美食酒房 英屋」竜一会(笑)で舌鼓、その後に待ち受ける地獄とは

投稿日:2015.09.20 更新日:

家で晩酌しすぎて酔っていた。
<あぁ楽しい。これってみんなで飲んで酔っちゃえば、もっと楽しいんじゃね?>

布団の中でスマホをいじり、がちゃさんにメッセージを打った。
[何年か前のいつぞやのように夜中に突然お誘いしますけど…]

我ながら、なかなかロマンティックな書き出しだ。シェイクスピアかと思った。"何年か前のいつぞや"とは、過去にがちゃさんと二人で飲んだその夜のことを指したつもりだった。

ただ今回も二人きりだと、我々の仲が本気で疑われてしまいかねないので、というよりも、さらにあと二人ほど一緒に飲みたい人たちがいた。紅千鳥さんと、ムシマルさんだ。

[みんなで英屋(ひでや)とか楽しそうだと思うんですけど(*´Д`)]と結んで送信ボタンをタップした。


当日、ひろめ市場北側のBar『Sanctuary(サンクチュアリ)』で、がちゃさんと0次会をしていた。
まだ酔いも回っていないので、極めて落ち着いて飲んでいると、後ろから誰かに手で目隠しをされた。

「だーれだ!」という相手に対して、即座に「あっちゃん!?」と答えた。気持ちの悪い話、手の感触でわかった。

振り向くと、そこにはやはりあっちゃんがいた。あっちゃんは、ひろめ市場の中にあるBar『FAMILLE(ファミーユ)』で、かつてマスターを務めていた人で何かと気が合う。

あっちゃんはショットグラスに入れたテキーラをご馳走してくれた。ファミーユ時代からのしきたりで、一気に飲まなければならない。

アルコール度数40度のテキーラは、舌を痺れさせ、空きっ腹に勢いよく落ちてきた。ファミーユに通っていた時代は、これが日常だったけれど、何せ久々で……効っくぅぅぅぅ!

そんな私と対照的に、あっちゃんは涼しい表情を浮かべていた。さすがはTシャツの悪魔…。

fc2blog_201509200811272c0.jpg

ふと時間を確認した。
<あっ!いかん!>

急いで二杯目のハイボールを飲み干して、足早に『英屋』へ向かう。歩く振動で脳が揺れて酔いが回る。

英屋に着くと、店先でムシマルさんが待ってくれていた。
「あぁ!こんばんは!すいません!すいません!」
幹事が遅れてきて申し訳なかった。ムシマルさんは相変わらず、ムシマルさんだった(笑)。

店に入ると『英屋のぶろぐ。』でお馴染みの娘さんが出てきて、席に案内してくれた。

大将は先日と同じくカウンターの向こう側で忙しそうにしている。その厳しい表情で包丁を握る姿は、何だか『情熱大陸』という感じだ。「ジャジャジャーンジャーンジャーン!」と脳内で葉加瀬太郎がバイオリンを演奏した。

何を話したのか忘れてしまった程度の話をしながら待っていると、紅千鳥さんがやってきた。

姿を見るのは三度目で、まともにお話させていただくのは二度目のはずだが、お互いにブログを書いていてネット上で存在を意識し続けているからか、気心知れた友達という感じがする。勝手に。

私は心の中で、誰かにバンドのメンバー紹介風に言った。

全員集まったところで、メンバー紹介です!
見た目は大人、酔うとがっちゃがちゃ!『自分的備忘録』 がちゃさん!
いっぱい食べられる、高知の胃袋!『ムシマルの(主に)高知うろうろ記2』 ムシマルさん!
千鳥足に潜む大人のダンディズム!『千鳥足のゆくえ』 紅千鳥さん!
そして『生姜農家の野望Online』 竜一!以上のメンバーで今夜はお届けします!>

我ながら千鳥さんのキャッチコピーが謎だったな、と自画自賛しながらオフ会という名の飲み会開始。

家では焼酎をロックで飲んでいるが、ハイボールを飲むことにした。今夜はあまり酔わないようにしなければならない。なぜならば若干一名、危険だとわかっている人がいるからだ。彼は悪酔いに定評のある私の数千倍の危うさを持っている。もちろんイニシャルG氏のことだ。

英屋1

付き出しがきた。チャンバラと枝豆と豆腐のようなものが、長方形の一枚の皿に乗っていた。豆腐はカニミソのような香りを放ち、カニミソのような味をしている。

<これカニミソが入っちゅうが?>そのとき目の前のがちゃさんの口からも「カニミソ」という単語が発せられた。<やっぱりカニミソなが?毎回、英屋にくると変わったもんが食べれるな…>

個人的にカニミソは大好きだ。味も香りも好きだし、とにかく肝とか内臓とか塩辛とか、酒飲みが好きとされているものは大抵好きだ。中でもカニミソなんかは家ではなかなか食べられないので、あぁっ…それにしても……ありがたいっ……!

それから続々と料理が運ばれてくる。

(※料理についての詳細な感想はあらかた前回に書き記しているのと、構成と文章量の都合上、画像のみとさせていただきます。→ 『「美食酒房 英屋」の絶品牡蠣はもう牡蠣ではない!』)

英屋2

『海鮮ちらし』

英屋3

『刺身盛り』

英屋4

(これは…もしや新子!!)

英屋5

英屋6

『うちわ海老の唐揚げ』

英屋7

『金目鯛のあら炊き』

英屋8

『黒毛和牛のステーキ』

英屋9

『お吸い物』

気が付けば、かなりの時間が経っていた。意外と盛り上がり、話は尽きなかった。が、何を話したのかあまり覚えていない。それほど酔ってはいなかったはずだけれど覚えていないので、日本の未来を左右するような重大な話はしていないはずだ。

英屋を出て、もう一軒いこうという話になった。
仕事の関係で、飲まれていなかった紅千鳥さんと、ここでお別れ。

四人の中で一番精神が大人な人がいなくなった。あとは幹事竜一がしっかりして、Gさん…もとい、がちゃさんを最終的にホテルまでお届けしなければ。

でも大丈夫。今日はがちゃさん、大丈夫だ。

そう思ったのも束の間………。
二次会はここにいきたい!と、がちゃさん本人が豪語していった『GOLD』という店で、がっちゃがちゃ地獄、開幕。

英屋10

(※ 本人の名誉と、読者の方に悪い驚きを与えてしまう恐れがあるため、詳細の執筆は自粛させていただきます!笑!)

がちゃ場放浪記 ラストチャンス

それから行き付けのBar『LAST CHANCE(ラストチャンス)』へ、地獄モードのがちゃさんと、まともなムシマルさんと一緒に歩いた(ラストチャンスの画像は約二年半前に撮影したものです…)。

深夜1時を回った帯屋町アーケード街。店先のパラソルを仕舞って閉店しようとしていたラストチャンスのマスターと、お手伝いされているジイジことケンイチさんを引き留め、営業時間を延長してもらった(マスター、ケンイチさん、すいません!)。

いつものようにマスターの説法を一時間ほど聞いて帰る頃には、がちゃさんは、がっちゃがちゃを超えて目が座り、独自の世界に迷いこまれているようで、何か話しかけられるたびに意味不明な言動を繰り返していた。

「酔ったがちゃさんは危ない。そんなことはわかっていた。しかしここまでになってしまった彼は初めて見た」そんな話をムシマルさんとしながら、また夜のアーケード街を歩く。

「とてもじゃないが、俺たちでは制御できない。まるで何かに憑依されているみたいだ」

がちゃさんは、もはや、がちゃの形をした危険な生命体と化していた。

追手筋まで歩いてくると、何かトラブルがあったのか警察官がたくさん出ていた。その目の前で放送禁止用語を連発するがちゃさん。

「がちゃさんをこの状態で路上に放置しておくわけにはいかない。何とかホテルに入るまでは見届けなければ」

ホテルの前でお別れの挨拶をしたにもかかわらず、40分ほどが経っても依然としてホテルに入ってくれなかった。

「もう俺たちの手には負えねぇぜ(笑)」
まあ警察官も多いし何とかなるだろうと、ホテルの前の花壇に腰かけるがちゃさんに手を振った。

その後、彼は無事だったのだろうか。
翌朝になっても恐くて訊けなかったが、生きてはいる雰囲気だった。安心した。

(※ 数年前からずっと、歳も近くてブログの内容も似ているこのメンバー、男四人で飲むのが夢だったので、酔った勢いで誘って飲めて、あとの三人はどう思われたかわかりませんが(笑)個人的にはめっちゃ楽しかったです。急な誘いに応えてくださってありがとうと、みんなのお父さんお母さん親戚のおじさんおばさんに至るまでにお礼を申し上げたい気分です。ちなみにその"翌朝"の私的エピソードが昨日更新した二篇でした)

↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします。
ボクの順位を確認していってね!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1クリックのみ有効)。

高知市の居酒屋情報はこちらから

2017/3/7

「土佐のおきゃく」2017「ドリンクラリー」で、はしご酒!

近年、高知県高知市の中心商店街ほかで毎年開催されているイベント『土佐の「おきゃく」2017』。今年の期間は、2017年3月4日~12日まで。 その一環として行われる「酔って候 ドリンクラリーはしご酒」という企画に、竜一初参戦。 酔って候 ドリンクラリーはしご酒とは? 参加50店舗の内から選抜された、飲み屋さん「5店舗」を期間内に回るイベント。 「酔って候 ドリンクラリーはしご酒」2017年の期間は、3月6日(月)~3月8日(水)まで。 料金は、5店舗分で3,500円(前売3,000円)。前売券は『高知大丸 ...

2012/9/23

Cafe Bar LAST CHANCE (カフェ・バー・ラストチャンス)

「ラストチャンス」 → 『ファミーユ前編』 → 『ファミーユ後編』 → 『シェルター』 → 『モスバーガー』 → 『ぎゅうせん』 アーケード街の光の中を、私は足早に進んでいた。農作業が終わってからだったので、すでに時刻は20時半にさしかかろうとしていた。 <ドキドキするな・・・!その前に・・・シラフだから・・・!大丈夫かな・・・酔った人たちのテンションに付いていけるかな・・・!> スーツを着た会社帰りのサラリーマン風の人や、すでにフラフラの千鳥足で蛇行する人たちが歩いている。 ここは高知市帯屋町。「自転車 ...

2013/1/9

bar LAST CHANCE ~ お食事・めん処 純平ちゃん

※ この記事は「新春!外飲みの旅!」シリーズのEP4です。『EP1を読む』 『EP2を読む』 『EP3を読む』 「そうですのにゃ!」「うー!にゃー!ですにゃー!」 などと語らいながら、穏やかにときが過ぎてゆく。 お母さんが開けたシャンパン。どさくさに紛れて、ご馳走になる。 <炭酸!弾けるぅぅぅッッ・・・!> そして・・・!毎度のオムレツ・・・! <トロトロ・・・!トロけるぅぅぅッッ・・・!> ウマウマー!悶絶の最中・・・! 入口のドアが開いた。 <うぉぉぉぉぉぉぉっ・・・!> 瞬間・・・!跳ね上がる心拍数 ...

2012/8/31

ダレヤスケ[ゴハン&オサケ] ケムリ 後編/謎のアリャリャコリャリャ

『前編を読む』 果たしてお母さんは、私みたいなヘンテコな人間といて、今現在、楽しい気分でおられるのだろうかと疑心暗鬼しながらも、ひとつだけ、どうしても聞きたいことがあった。 謎の「アリャリャコリャリャ依存症」について、だ。 「お母さんのブログ、面白くって毎日読んでますけど、大阪時代の記事までは読んでないです」 たしか私はお母さんに、そんなことを言った。 言った気がするが・・・。 実はかなり読んでいた。 <全部ではない・・・間違いなく全部ではないが・・・本当はかなり読んでいる・・・!アリャリャコリャリャ依存 ...

2015/6/5

「高知の居酒屋 葉牡丹」オムライス ~ うどんロボット屋台「和楽路屋」

徳利に入った焼酎。 学校にあった金属製のバケツ、 その卓上用みたいなアイスペールと グラスを渡され、グビグビ飲む。 高知に意外と少ない純和風の雰囲気。 旨い。酒が旨い。 雰囲気が酒を旨くする。 『居酒屋 葉牡丹』 初めての2階。 初めての串焼き盛り合わせ。 <おそらくは鶏のレバー…! これいいなぁ…この鶏感……!> 臭ぇ……! めっちゃ鶏臭ぇっ……! <しかし旨いなぁ…内臓って……! 鶏とか…あと牛のホルモンもいいけど… マグロのホルモンとかも旨いよねぇっ…!> このとき、総勢6名。 集落有数の働き者がゆ ...

2017/7/28

高知の寿司店!土佐鮨処「康」本店。おまかせ握り。

寿司食いてぇ……! 定期的に寿司を食べたくなる……! それが日本人……! 大和魂ってもんだろう……! 土佐鮨処「康」本店。 普段から、止まっている寿司ばかり食べている竜一さん。 「世の中には回転する寿司があるようだけれど、行ったことがないから、よくわからないなぁ。寿司が回る。そんな世界があるんだねぇ……」 カウンター席と、テーブル席にわかれる『康』の店内。たくさんの客で賑わっている。 「なにを食べようか……」 魚介類において、嫌いなものがない反面、強烈に好きなものもない竜一。 「なんでもいい!ここは大将に ...

2013/1/6

酒場 堀川

※ この記事は「新春!外飲みの旅!」シリーズのEP2です。『EP1を読む』 『EP3を読む』 『EP4を読む』 「葉牡丹」を出た私は、「サーティワン」でアイスクリームを食べて東へ東へ。 「高知市文化プラザかるぽーと」の近くにある、「酒場・堀川」へ歩いた。 <正月も休まず営業されていることは、ネット情報で織り込み済みだが、多くの店が休む正月・・・!客が集中して混雑する可能性も高そうだ・・・!> その考えを、より一層強めたのが、先に寄った葉牡丹の混雑ぶりだった。 この局面・・・!開店勝負しかないっ・・・! 1 ...

2017/1/17

個室あり!居酒屋「はまぐり水族館」高知!デート・子連れにおすすめ

完全個室あり・・・! 子連れも、カップルも行きやすい居酒屋・・・! はまぐり水族館(蛤水族館) カウンター席が並ぶ1階。生け簀(いけす)がある。 「おお・・・魚が泳いでいる・・・」 生きた魚に見とれていると、威勢の良い女性店員さん。 「お2階へどうぞ!」 「す、すいません・・・」 恐縮しつつ、案内されて上がった2階。 全席個室っ・・・!? はまぐり水族館は、完全個室あり 一見、完全個室だが、各部屋の上部は空いている。 「この仕切り方、どこかで見た形だと思えば、ネットカフェ…!コイツはいわゆる、ネカフェ方式 ...

2016/3/28

ムシマルと(主に)高知街中うろうろ記「英屋~スルラクセ」

あれは随分前のことだった……! なにかをググッていて…たまたまHITしたブログがあった…! <なんだこのブログは…!やたら長文…!俺みたいな長文…!> のちに「ムシマル節」と名が付く…独特の語り口調に魅了され…!即座にブックマークした…! そのブログこそが……! 『ムシマルの(主に)高知うろうろ記』…! 以来…ブログで出会いを求める一昔前の若者のように… <ムシマルさんに出会いたい!一体どんな人があんな妙な文を書いているんだろう…!> そう思い続けた大願は成就し…!実際に出会ってしまい…!さらに紆余曲折あ ...

2014/3/31

ファミーユ・あっちゃん!本日引退コンサート!

AKB48・大島優子の卒業が話題になる中…。 ひろめ市場のアイドル、あっちゃん。 本日3月31日、ファミーユ卒業。 1年半ほど前だろうか。私は「お母さん」でお馴染みの"かえ♪"さんのブログ『飲んだくれの果て』を読んでいた。 熱いブラックコーヒーを飲みながら、マウスホイールを人差し指で転がし、エントリーを下にスクロールさせていると、1枚の画像を見かけた。 そこにはショットグラスに入れたオレンジジュースを、小学生と乾杯している男性が写っていた。 「アラヤダ!このお兄さん…素敵…!アタシに優しくしてくれそう…」 ...

2016/10/4

【閉店】隠れ家的な居酒屋「四季の蔵」高知市内の美味しいおすすめランチ!

* 四季の蔵さんは、閉店されました。 美味しいと、噂だった高知市比島町の居酒屋『四季の蔵』・・・! 2016年2月に閉店され、行けずじまいだった竜一・・・! がっ!9月に再オープン・・・! ランチ営業も始めたと知り、早速直行・・・! そこで待っていたのは聞きしに勝る!大満足ランチだった・・・! 久万川をまたいで、比島から薊野に架かる「比島橋」のたもと!一見、営業されているのかわからない佇まい・・・! <外灯が点いているから大丈夫だろうけれど、本当に隠れ家って感じだな・・・> 入った店内・・・! <すごくオ ...

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-高知の居酒屋

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.