【閉店】トラットリア・メルカート!高知でランチ!メニューに牡蠣パスタ発見

投稿日:2016.12.22 更新日:

高級な広島産牡蠣のパスタが俺を魅了する・・・!

トラットリア メルカート

高知市若松町にあるイタリアンの店『トラットリア メルカート』。

店内は完全個室の座敷もあるようだが・・・

幼児連れ。完全個室の座敷もあるようだが、そのとき竜一、個室があることをまだ知らない。

結果的に個室はどうやら先客がいたようで、通されたのは普通のテーブル席。幼児用の椅子を用意してくれるも、1人トビウオジャパンの娘、ほぼ無益。

「落ち着け!ちょっとだけ落ち着いてくれ・・・!」
何とかなだめて体制を整える。

スポンサーリンク

メルカートのメニュー(ランチ)

日替わりランチを筆頭に、パスタやハンバーグなど洋食店らしいメニューが並ぶ。

そんな中!竜一、見つけてしまう・・・!

牡蠣が!牡蠣がある・・・!
それも広島県産の牡蠣がっ・・・!

「中でも「牡蠣とホウレンソウのクリームソースパスタ」!名前を聞くだけでも恐ろしい攻撃力・・・!」

1250円もする高級パスタ・・・!
それでも竜一、即決っ・・・!

牡蠣に糸目は付けない・・・!

日替りランチ

先に「日替わりランチ」。
サラダ、スープの順にくる。

「カボチャのスープ・・・!」
とろーり香る!パンプキン・・・!

クリィミーマミの魔法にかけられたみたいに、圧倒的クリーミー・・・!

この日の日替わりランチ、メインはハンバーグ・・・!

チーズとトマト・・・!
そして肉汁の共演だっ・・・!

広島産カキとほうれん草のクリームソース

たっぷりかかったクリームソース・・・!

白い世界に映える緑・・・!

牡蠣の中の牡蠣・・・!
巨大な広島県産牡蠣・・・!

頬張ると、磯の香りが口いっぱいに広がりおおすっ・・・!

「こ、これはうまい!牡蠣がふわふわっ!綿みたいな牡蠣め!そのまま溶けていく・・・!」

 ただ・・・。
「量が少ないことに加え、サラダもスープも付かず、この一皿で1250円はどうしても割高感を感じてしまう!コスパは悪いと言わざるを得ない。しかし牡蠣がすべてを打ち消す・・・!」

うまい牡蠣は正義・・・!
デカい牡蠣はうまい・・・!

メルカートの住所、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市若松町10−20(地図
営業時間/11:00~16:00(OS15:30)、18:00~23:00(OS22:30)※土日祝は17:00~
定休日/月曜(祝日の場合は営業、翌火曜休み)
駐車場/有
1人行きやすさ/○ オシャレな雰囲気で、女性なら…
子連れ行きやすさ/○ 個室に入れればいいが…

高知市のカフェ情報はこちらから

2013/8/24

ファミリー喫茶 シーランド へ、うどんを食べに行く

うどんを出す喫茶店がある。うどんを出す喫茶店というのは、日本中にたくさんあるけれど、その店のうどんに対する力の入れ具合は他の店と違っていた。 まず第一に、店先の駐車場にある看板には「手打うどん」と書かれている。さらにメニューにも、通常のメニューとは別に「うどんメニュー」があるのだ。 うどんに力を入れていない喫茶店が、「うどんメニュー」なんてものを、わざわざ拵えるだろうか。そのことから考えても、相当うどんに力を入れていて、相当にうどんを推していることが伺える。 そんな、うどん推しの喫茶店。『ファミリー喫茶 ...

2014/7/28

桜井町2丁目食堂 テンゾーネ 「テンゾーネオムライス」

(サラダのほかにポタージュスープも付いていた!) (たぶん明日の記事で、もう一発テンゾーネいきます!) ↓ 納豆を押していってね!

2017/2/18

「藁屋」高知・沢田マンション1階のおしゃれカフェでランチ

バランスの取れたヘルシーランチ!いかにも体に良さそう・・・! 沢田マンション1階「藁屋(わらや)」 女子が大好きな『藁屋』さんだよぉ・・・! 高知県外のかたにも有名な、手作りマンション「沢田マンション」の1階に『藁屋』はある。ちなみ「藁屋」と書いて「わらや」と読む。米も作っている竜一はもちろん「藁」、読めた。 「俺『沢マン』入るの初めてだわ・・・」 幼少期の大部分を『沢マン』の近所で過ごしたにもかかわらず、竜一、沢マン初体験。 「いまでこそ県外からも人が来るほどの有名スポットだけれど、昔の『沢マン』って正 ...

2014/1/7

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 EP2/どんぶりの十三(じゅうぞう)

『EP1を読む』 お吸い物を飲んでいると、アテが欲しくなった。『本池澤』のタタキ丼は、もう食べ尽くした。 酒を飲んでいると、炙ったイカが食べたくなるように、液体にはアテが欲しくなる。 アテが欲しい。 アテを求めてひろめ市場内を、 アテもなく彷徨った。 とある店先で足を止めた。<ぬおっ…ここにもあるのか…タタキ丼…!!> 『どんぶりの十三(じゅうぞう)』という店だった。<ドンブリ屋のタタキ丼…!これは…期待値高めっ…!> そうだ…これを…!このタタキ丼をアテにしよう…!! 注文して、お兄さんに作ってもらう。 ...

2013/7/9

どんぶりころころ 前編/自動伝達式・食券販売機

30歳を過ぎて、私はどんどん弱っている。以前はうどんの「特盛(3玉)」なんて余裕だった。 しかし数ヶ月前に、佐川町のうどん屋『とがの藤家』の特盛で深刻なツラさを味わってから、自分自身の内臓の衰えをハッキリと自覚した。 いくら「とがの藤家」の特盛が、他店の特盛よりも明らかに・・・格段に量が多いとはいえ、私は確実に弱ってきている。食べれない。以前ほど食が進まない・・・。 ぬぉぉぉっ・・・!俺の食は・・・!確実に細くなってきているッ・・・! 食券販売機の前に立つ。『どんぶりころころ』の食券販売機はタッチパネル式 ...

帯屋コッペ くまPANコッペパン フィレオフィッシュ

2018/6/4

【高知】「帯屋コッペ」くまのPAN屋のコッペパン専門店がオープン

コッペ……コッペ…… コッペパン……。 突然ですが、問題です。 問題あなたは「コッペパン」と聞いて、なにを思い浮かべますか? 意識高い女ロボコッペ 違う! 「それを言うなら、ロボコップ!」 コッペパンといえば……。 やっぱ給食でしょ! 小学校の給食でよく出てきた、コッペパン! 給食=パン=コッペパン! 全世代、全地域に共通することかはわかりませんが、私が小学校に通っていた頃は、とにかくコッペパンが給食に登場する頻度が高かったように思います。 そのコッペパンの専門店が、高知市中心部の帯屋町にオープン! 今回 ...

2013/10/23

夜の「草や」 後編/ゆるり草や時間

『前編を読む』 屋根を叩く音が、頭上から聴こえる。一旦は小降りになっていた雨が、また降ってきたようだった。 ゆっくりと流れる夜の『草や時間』雨音は『草や』の店内に流れるBGMを、アレンジするみたいに調和している。 <うへへ!引き締まってる・・・!>私はワインをゴクゴク飲んだ。ワインの味は締まっていたが、私の表情はドンドン緩んでいく。 <あんまり飲みすぎないようにしなきゃな!>自分に言い聞かせた。<俺、飲みすぎると頭おかしくなっちゃうから!> だが・・・。 止まらない。止められない。止められるわけがない。 ...

2017/6/9

美味しい洋食の店「スルラクセ」高知市で土佐あかうしの低温ロースト

高知市、帯屋町アーケード街の西側にある、リゾートダイニング『Se Relaxer(ス ルラクセ)』。 腕利きのオーナーシェフ山本さんが営む、高知県産の野菜や魚、お酒がいただける地産地消に力を入れるお店である。 「ムシマルさんと来て以来だなぁ……」 関連記事:ムシマルと(主に)高知街中うろうろ記「英屋~スルラクセ」 (現在、広島在住の高知が生んだ文豪・ムシマルさんのブログ:「ムシマルの(主に)高知うろうろ記2」) リゾートダイニング「ス ルラクセ」で高知の食材と酒に舌鼓。 1階に『金高堂書店(きんこうどう) ...

2015/10/25

産婦人科ディナー

最近の産婦人科では出産後、『お祝い膳』なるものが出されるらしい。なんでもフレンチのコース料理がいただけるそうだ。 いったい誰が作るのだろうと思っていたが、どうやら病院の専属シェフが作ってくれるようだった。通常の飲食店と違い、産婦人科のシェフの料理など、なかなか食べられるものではない。男はとくに。 主役である嫁よりも、むしろ私のほうが楽しみに当日を迎えた。 病院の上階にある食堂へ、エレベーターで上がる。戸を開けるとウェイトレスが出迎えてくれた。落ち着いたBGMが流れていて、窓の外に夜景が広がっている。病院の ...

2011/2/19

ひなた屋のお土産 前編/ばいきんまんとメイドマン

『ひなた屋』は、うどんだけではなかった。 うどんを食べるスペースの隣には、『道の駅』にあるみたいな、直販所のようなコーナーがあって、そこで、田舎寿司やパンなどが売られていた。 実は、大盛ではお腹が張らなかった竜一。パンを購入してみた。 そして、それを折角だからと、高知市の『わんぱーく高知』で食べることにしたのだった。 紫芋のパン。 神々しく輝き放つ、卵サンドとハム卵サンド。 前から思っていたけれど、 美味しい物は、光る。 「食べないか?」 そんな竜一の問いに、ばいきんまんは、戸惑いの表情を浮かべながら答え ...

2012/1/17

ステーキガスト 高知潮新町店 後編/入魂のサラダ

前編はコチラっ・・・!『ステーキガスト 高知潮新町店 エピソード1/異形の決断』 『ステーキガスト 高知潮新町店』 車から、駐車場のアスファルトの上に降り立った途端、何故だか罪悪感に苛まれ、疑心暗鬼。 <いいのかよっ・・・!外食に出て・・・麺を食べないなんていうことがあっていいのかよっ・・・!そもそも・・・麺を食べない俺に・・・!一体何の価値がっ・・・!> しかし、ダーク肉サイドへ堕ちた心は、竜一の歩みを、一歩一歩、入口へと向かわせた。 何処からともなく、声が聞こえる。 "選ばれし者だったのに・・・!" ...

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のカフェ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.