インド料理スビマハル(高知/南国市) ランチ - インドカレー&ビリヤニ

2019.09.12

  1. 生姜農家の野望 >
  2. 南国市グルメ >

インド料理スビマハル(高知/南国市) ランチ - インドカレー&ビリヤニ

2019.09.12

インド料理 スビマハル 外観

インド料理 スビマハル(高知・南国市)

高知・南国市にオープンしたインド料理店「スビマハル」。

2019年9月8日(日)にオープンされたため、早速ランチに行ってきました。

竜一
私みたいにアジア料理が好きなかたは、ちょっと興奮してしまうお店です。

スビマハルの場所などは、下記リンク先でご確認ください。

インド料理 スビマハルの店内は座敷あり、子連れも居心地良好

インド料理 スビマハル 外観

スビマハルの店先には、開店祝いの花がたくさん並んでいた

オープン2日目だった。
しかしまだ認知度が低いのか、思ったほど混雑はしていない。

とはいえ、駐車場の空きスペースは1台分のみ

インド料理 スビマハル 内観 テーブル席

スビマハル店内
外観の印象からは驚くほど広い。

両側がソファーになったテーブル席ほか、片側のみソファーになったテーブル席もある。

お店のかたは、皆さまインドかネパール辺りのかたとお見受けする。

店に入ると「イラッシャイマセー、ナマステー」と声をかけてくれた。

インド料理 スビマハル 内観 掘りごたつ座敷

異国情緒たっぷり。
掘りごたつの座敷
もある。

カウンター席はないものの、子連れ(幼児連れ)で来られるし、座敷に腰を下ろすのがつらいかたでも居心地がよさそうな仕様。

インド料理 スビマハル 店内の呼び出しボタン

呼び出しボタンも搭載。

「これなら安心!蚊が鳴くほどの声量をほこる私でも……!」

スビマハルの呼び出しボタンは、卓上ではなく、壁に付いているため注意

インド料理 スビマハルのメニュー

インド料理 スビマハル高知南国店のメニュー

セット&コース

インド料理 スビマハル高知南国店のメニュー

カレー&一品料理(画像をタップすると拡大表示します)

インド料理 スビマハル メニュー

ドリンクメニュー1

インド料理 スビマハル メニュー

ドリンクメニュー2

スビマハルのメニュー。
メインはもちろんインドカレー。

ほか、インド料理の一品ものが並ぶ……そんな中。

インド料理 スビマハル メニュー

サービスドリンク

サービスドリンクに衝撃走る。

セットメニューに付くというサービスドリンク。インドといえばの「チャイ」や「自家製ラッシー」も幅を利かせているが、アルコール類の記載もあり、筆頭にはこんな文言が……

グラスビール!?
ビールもサービスなの?

注文時、インドのかたと思われる男性店員さんに確認する。

「ドリンク、び……ビールもいいんですか?」

店員さんは表情を崩さず、やわらかい口調で答える。
「ビール?アリマス」

どうやらセットのドリンクをグラスビールにしてもよいらしい。

セットのドリンクはサービスだから、つまり……

ビール無料!
あるのかよ、そんなこと!

ビールだけでなく、サワーもセットのサービスドリンクとして選んでよいもよう。

夜のお店ならまだしも、通常のごはん屋さんで低価格のセットメニューにアルコールが付くパティーン。

これはおそらく"高知初"ではないだろうか。

この価格のセットメニューにビールを付けていただけるなんて……ありがたき幸せ……などと武士の心境で挑む、スビマハルのお料理!

スビマハルのインド料理が炸裂する!

インド料理 スビマハル セットのサラダとグラスビール

サービスのグラスビール

本当に出てきた無料ビール!

泡の高さ的センチメートルも個人的に完璧。もうこの時点で竜一……

2度目の来店を決意した。

「くわっ!うまい!うますぎる!ビールがうまい!」
真昼間からインド料理屋でビールを飲む、罪悪感がおいしさを引き立てる

※ 運転手役をしてくれる妻に感謝感激雨あられ……。

インド料理 スビマハル マライティッカ

マライティッカ(鶏のササミ)

オープン直後のサービス。

……とのことで出していただいた「マライティッカ」。

マライティッカとは

チキンマライティッカの「マライ」とは、牛乳を温めたときにその表面に現れる「」のことを指します。この膜と、ヨーグルト、スパイスなどのマリネ液に漬け込んだ、骨なしのチキンをバーベキューしたものがチキンマライティッカです。(インド人シェフのブログ 様より引用)

これがまたビールに合う!

「食べた感覚は"蒸し鶏"。やわらかくてフワフワしている」

無料ビールに無料マライティッカ。無料と思うと余計においしい……(笑)

スビマハル「2種類のカレーセット」

インド料理 スビマハル 2種類のカレーセット

2種類のカレーセット(1,100円)

インドといえば、カレーでしょう。

2種類のカレーセット

単品メニューから選んだ2種類のカレー(小サイズ)に、ナン・ライス・チキンティッカ・サラダ・ドリンクが付くセット。

カレーを食べてこそのインドだろう、てなわけで注文したのは、おそらくセットメニューの中でも1番人気だと思われる「2種類のカレーセット」。

選べる2種類のカレーは「日替わりカレー」と「キーマカレー」を選択。

この日の「日替わりカレー」は、チキンとジャガイモとカボチャのカレー。

  1. 普通
  2. 中辛
  3. 辛口
  4. 大辛
  5. 激辛

選べる辛さは「中辛」を選択。

インド料理 スビマハル 2種類のカレーセット

フワフワ、モコモコのナン。

食べてみると……
「甘い……!」

裏面には焦げがあって、甘さと苦味のハーモニーを生み出している……。

インド料理 スビマハル 2種類のカレーセット

焼きたてのナンに、カレーを浸けて食べる幸せ。

「インド料理屋さんの醍醐味だ……」

ナンとライスはおかわり無料

だが、圧巻の巨大ナン。
到底おかわりできそうにない。

スビマハル「ビリヤニセット」

インド料理 スビマハル ビリヤニセット

ビリヤニセット(1,050円)

ビリヤニセット

ビリヤニとは、インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯です。またパエリア、松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯の1つと称されています。インドのおいてビリヤニは、イスラム教徒の結婚式でお祝いの食事とされているだけではなく、屋台で日常的に食べることもでき、まさに国民食として幅広く愛されています。(日本ビリヤニ協会オフィシャルサイト 様より引用)

初体験のビリヤニ。

スビマハルのメニュー表では「インド風ピラフ」と解説されている。バスマティ米というインドで古くから栽培されるお米を使用して作っているらしい。

インド料理 スビマハル ビリヤニセット

器がかわいい。

ビリヤニが入った器は、あまりにも可愛らしく、思わず購入して持って帰りたくなるほどだ。

インド料理 スビマハル ビリヤニセットのカレーとヨーグルトソース

ビリヤニセット「カレー」と「ヨーグルトソース」

ビリヤニセットにもカレーが付く。

これが嬉しい。

「やはりインド料理屋さんに来たからには、インドカレーが食べたくなるのがユーザー心理。ビリヤニを注文したらカレーが食べられない、なんてことはなく、ビリヤニもカレーも両方食べられるのが嬉しい

ビリヤニセットのカレーは、以下から選択可能。

  • チキン
  • ポーク
  • マトン
  • エビ
  • 野菜

竜一、迷いながらも「野菜」を選択。

「チキンはインドカレーの定番で、この局面では正直面白い選択ではない。本音では何でもよいし、とどのつまり出されたら何でも食べるんだけれど、「野菜」にしとけばヘルシーそうで罪悪感ないし栄養補給できそうじゃないか」

野菜カレーはトマト感強い。

「ピーマンなどが入って……」

夏の味がする。

インド料理 スビマハル ビリヤニセットのヨーグルトソース

ヨーグルトソース

ヨーグルトは新感覚。

「味はヨーグルトそのものなんだけど、言うなれば……」

食べるヨーグルト。

「ネギやタマネギが、たぶん生で入っている」

おかずヨーグルトだ。

「ヨーグルトに野菜を入れる食べかたがあるなんて、知らなかった」

インド料理 スビマハル ビリヤニセット

メインのビリヤニ。
感じる、アジアの風。

インド風ピラフ……
お米というか……

ビーフン?

お米も入っているのかもしれないけれど、お米の存在感を打ち消すように、細切れにしたビーフンに限りなく近いと思われる麺状の食べものを主体として、ニンジン、タマネギ、トマト、ネギ、ピーマン、ジャガイモなどの具材が入っている。

たくさんの具材が生み出す、食感のパラダイス!

中でも際立つのが、ナッツの食感

「ナッツが多様な食感を生み出す役者の、まとめ役になっていて、重要な役割を担っている」

インド料理 スビマハル ビリヤニセット

インドを食べる。

スビマハルには、店内の雰囲気含めて異国情緒があふれる

「一寸、ここがジャパンだと忘れてしまいそうだ……」

日本にいながらインドを感じさせる、穏やかな空気がスビマハルに流れている。

会計を終えて店を去ろうとしていると「ナマステ〜、ダンニャバードー!」と声が聞こえた。

振り向くと、厨房のほうで白服に身を包んだ、コワモテのインド人シェフがこちらに手を合わせてお辞儀してくれる姿が見えた。

インドには「さよなら」がない。

インド語で「ナマステ」は、こんにちはの意。
さようなら、もまた「ナマステ」なのだという。

こんにちは、さようなら。
インドでは、どちらも「ナマステ」。

出会いの言葉と、別れの言葉が同じなのだ。

ナマステで始まり、ナマステで終わる。
ナマステ」……なんと素敵な言葉だろう。

こちらに何度も手を合わせる、お店のインド人のかたに会釈して竜一逃走。

ちなみに「ダンニャバード」は、ありがとうの意らしい。

スビマハルの店舗情報

店内インド料理 スビマハル(SUBHI MAHAL)
所在地高知県南国市大そね乙988(地図)
営業時間11:00〜15:00
17:00〜23:00
定休日
駐車場
店内■カウンター席/無 ■テーブル席/有 ■座敷/有
オープン日2019年9月8日(日)

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

人気記事ランキング

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2020 All Rights Reserved.