味工房じねん

『移動編を読む』


安田川を右手に見ながら、山間の県道12号線をズンズン北上。
このあと東洋町という遠方まで行かなければならないので、もちろん、かなりのズンズン具合だ。

高級な軽自動車のサイドミラーなんか、風圧で何度ももげそうになった。

車窓から見える景色は、山と川と田んぼばかりで、たまに民家がある程度。
<大丈夫かな・・・>不安に駆られた。<「味工房じねん」がありそうな雰囲気じゃないんだが!>

コーナーを限界まで攻め、しばらく進む。

あった。

味工房じねん9

『味工房じねん』

早速、入口の戸をコソコソくぐる。
「道の駅」などでよくある物産コーナーが手前にあり、奥に飲食スペースが見える。

<これから東洋町に行かなきゃならないんだ・・・!ゆっくりしてられない!早くしないと日が暮れちゃうから!>

足早に奥の飲食スペースを目指し、着席する。

味工房じねん1

水。

味工房じねん メニュー

メニュー。

メニューはシンプルに5品のみ。
「うどん」「山かけうどん」「親子丼」「じねん丼」「五目炒飯」だ。

<五目炒飯・・・ちょっと食べたい・・・だが、やはりここでは自然薯を使った品・・・いっておきたい!>

だって・・・!
『味工房じねん』なんだもの!!

厨房にオバチャンが2人いる。
時折、2人の会話が聞こえてくる。
いかにも高知のハチキンといった雰囲気だ。

私は「すっ・・・すみません・・・!」と可愛らしくドモりながら、おそらくここでの1番人気だと思われる品を注文した。

味工房じねん2

『じねん丼』

親子丼の上に、すりおろした自然薯が載っているというものだ。

味工房じねん3

<この黒くて丸くて小さいの・・・ムカゴだ・・・!>
おっ!と思った。ニンマリした。

ムカゴ、ありがたい。

早速、いただく。

全体的に、やや濃い目の味付け。
その中においても強力に主張する、自然薯。

自然薯・・・!
圧倒的!アピール・・・!

<ナニコレ!すごい!自然薯!めっちゃ味が濃い・・・!>

自然薯は・・・!
調味料の味を突破してくるっ・・・!

<考えてみれば、自然薯・・・初めて食べたかもしれない・・・オラが知ってる山芋と全然味が違う・・・>

衝撃を受けた。
感銘を受けた。
受けまくった。

前菜、終了。

味工房じねん4

『山かけうどん』

<お待ちかねのメインディッシュだぜ・・・!>

「農業界のうどん野郎」が、うどんを放っておくわけがない!
放っておくわけなどないのだよ・・・!

味工房じねん10

この山かけうどん、
ただの山かけうどんじゃない。

<自然薯の味!すごい!ブンブンくるっ・・・!>

香るっ・・・粘るっ・・・味が強い・・・!
<自然薯って、こんなに味がするんだ・・・!>

自然薯に、感動。

道端で偶然見つけた看板。
それに誘われてここまで来た。
<来てよかった・・・!>

食べ終えてレジにて代金を払っていると、アイスクリームが売られているのが目に入った。

<アイス!いるいる!>
すかさずオバチャンに購入の意思を伝える。

味工房じねん7

自然薯アイスと、
鮎アイス!購入!

<鮎アイスには、ちょっぴり驚いた・・・!だがだがだが・・・!安田町といえば!自然薯と!安田川の鮎だろう・・・!ならばここで鮎アイスを購入するのは、安田川に匹敵するぐらい自然な流れ・・・!>

上段に鮎アイス、下段に自然薯アイスを盛ってもらった。
従って、鮎アイス、自然薯アイスの順に食べる。

<鮎アイス!鮎の味あんまりしないけど、なにか香ばしい!自然薯アイス・・・よく味わうと、たしかにさっき食べた自然薯の味がする・・・!>

鮎アイスと、自然薯アイス。
どちらも初めて食べたけれど、大自然!といった雰囲気の味だった。

味工房じねん8

じねんの看板前で!
アイスと記念撮影!

~セクシーポーズ仕立て~

<さて!東洋町を目指すか・・・!>

元来た道を戻り、南下。国道55号線に復帰して東進する。
数キロ走り、安田町を抜けようとしたそのときだった。

異変、起きる。

<んー、なんか・・・味工房じねんでご飯食べたら満足しちゃった・・・>

車を走らせながら少し考えた。

<か・・・帰ろうか・・・なんかもう・・・OKかなっなんて・・・なんてねっははっ・・・はははっ・・・>

Uターン。

東洋町、断念。

(高知県で唯一行ったことがない町、東洋町。
その距離という、高い高い壁を越えることは今回もできなかった。
この壁への挑戦は、またいつの日か・・・)

味工房じねん9

◆ 味工房じねん
(高知県安芸郡安田町正弘566)
営業時間/7:00~15:00(土日祝は16:00まで)
定休日/第3木曜日、年始
駐車場/有

↓ ゆっくり押していってね!
【人気ブログランキング】

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By かくれんぼみお

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    毎日、作業ご苦労様です。
    じねんの、自然薯有名みたいですね(*^^*)
    鮎に、自然薯アイスも、
    セクシーポーズも、見逃せない!
    東洋町は、ご当地ヒーロー
    ポンカンマンだったか?
    ポンカンジャーだったか

    いるみたいです。
    仮面ライダー系な、いでたち
    東洋町行ける日を、楽しみにしてます!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先生、爪切りなさい!

    爪切ったらもっとセクシーな(エロい)指になります!
    と、足摺が言っております。

  3. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    自然薯!味の強さにビックリでした!
    今度、自然薯をトロロだけ!で食べてみたいですねー。
    それだけでビール10杯!焼酎20杯!いけそうです!(笑)

    東洋町情報ありがとうございます!
    自分はまったく情報持ってないので、ありがたいです!

    なるほど・・・ポンカンな雰囲気のヒーローがいるんですね!
    会えた際には、ポンカンマンVSショウガマン!一戦交えたいと思います。(`・ω・´)

  4. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    爪っ・・・!あなた相変わらず、よぉー見てますなぁー!
    しまったなー・・・爪にモザイクかけとけばよかった!(笑)

    まぁ切っても切らなくても、生姜の収穫が終わる頃には、テーピング巻いとかないと、人が見たら悲鳴あげるレベルでボロボロになるんやけどね(゚Д゚)

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんわんこ(*^^*)

    匂いをかぎつけてお邪魔してみると、オイラの前を素通りして安田町の「じねん」まで行ったがやね!?
    ちなみにオイラは安芸ざます(*^^*)b

    毎年、12月になると安田町の中山(「じねん」がある場所)で「山芋まつり」なるイベントをやってますよん♪お腹いっぱい自然薯を食べに是非~~~♪

    勝手なお願いですが、リンクさせてもらって良いっすか?

    日曜のうどん楽しみにしてま~す(〃▽〃)

  6. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    おおぅ!でぃのさん安芸なんですね!
    安芸といえば見たことがない「ちりめん丼」のお店が出来てて、それちょっと惹かれるものがあったんですけど、当初本当に東洋町へ行こうとしてて急いでたんで、結局そのまま通過しちゃいました。(笑)

    リンク大歓迎です!こちらからもリンクさせていただきますー!
    日曜!いっぱい食べてくださいねー!(^ω^)

コメント投稿

*

Return Top