第5回・土佐の食1グランプリ

2014年4月5日土曜日。
小雨降る高知駅前。

『第5回土佐の食1グランプリ(こうち旅広場会場)』

14時半という時間の関係もあるのか、想像していたよりも、人、少なめ。

土佐のご当地グルメ集結進化ラッシュのこのイベント。早速食べる。

まずはご飯ものから。

『安芸釜あげちりめん丼(安芸市)』

第3回大会で優勝した一品。

アッサリしている!昼下がりのポテチみたいにいくらでも食べられる!

ラッキーアイテムの大葉が風味のアクセントになっていて、いい!

『さぬき焼き肉たべまい丼(香川県)』

香川県から参加した一品。

溢れる男らしさ。ダンディー!讃岐!

迫力のマウンテン。丼もの界の剣岳だ!

マヨネーズが入ったソース、濃厚。
エスプレッソ!って感じだ。

以上、丼もの2品。そして箸休め。

『中組のふわふわとうふ(四万十市)』

温かい!温泉みたいに温かいっ…!

本当にふわふわ。
口に含んだ瞬間から始まる雪解け体験。

『四万十牛メンチカツ(四万十市)』

俺は牛だ!と獰猛に主張する肉…!肉の味!圧倒的肉感…!

箸休め終了。次はもちろん…麺!

『土佐鴨塩ダレ焼そば(高知市)』

これ、個人的に℃ストライク!

カモがすごいんだよ!カモが…!カモがブリンブリンしてるんだよっ…!

焼そば内にふんだんに混ぜ込まれた、皮付きの鴨肉。噛めば噛むほど出汁が出る!

そして塩ダレ?
なんだかわからないけれど、焼そばに付いた味自体が中越典子!つまり好きなタイプ。

目を閉じると、鴨が優雅にセーヌ川を漂う光景が見える。

「俺、鴨肉、好きなんだ…」

と始めて気がついた。
これからは鴨ブロガーとしてやっていこうと思う。

でもやっぱり…コイツを食べずにはいられない。

『日高村のぶっかけトマトうどん(日高村)』

2会場に分かれて開催された、食1グランプリ。

岡豊山会場ではなく、こうち旅広場会場にきたのは、このためだと言っても過言ではない。

うどんは、うどん野郎を釣る。

名に「ぶっかけ」とあったので、ぶっかけスタイルで食べる形かと思いきや、「かけ出汁」が入っていた。

温かい出汁と、トマトソース。
それが麺に力強く絡む。

和食だけど、イタリアン!

まさにそんな雰囲気。
鴨肉を入れても美味しそうだ。

↓ ゆっくり押していってね!
【人気ブログランキング】

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top