韓国料理とキムチの店 景福宮(きょんぼっくん)本店 「ビビンバ&石焼ビビンバ」 | 生姜農家の野望Online

韓国料理とキムチの店 景福宮(きょんぼっくん)本店 「ビビンバ&石焼ビビンバ」

景福宮本店1

年の瀬。南国市。
韓国料理の店『景福宮(きょんぼっくん)』

景福宮本店2

瓦でふいた立派な門をくぐる。

「ほぉ…相変わらず立派なお庭ですなぁ……」

東京ドーム2個分はあろうかという、その庭。
むしろ庭園っ……!

景福宮本店3

そのとき私。
窓越しに発見した。

景福宮本店11

ヨンチョルさん…!!

景福宮の代表取締役でありながら、
奥様に取り締まられている。

代表取り締まられ役だ、
と噂のヨンチョルさんがそこにいた。

上半身が目立つピンク色していたので、すぐにわかった。

玄関から中に入る。
瞬間、「おっ!久しぶりー!」
と奥から飛び出てくる、店長のヒロシ氏。

飛び出るヒロシ氏。

「おかしい……!
いま俺は完全に気配を消していた…!
なのに……なぜ俺が来たとわかった……!!」

「ククク……竜一……!
凡人を錯乱させることはできても……!
ワシの目は誤魔化せんのじゃよ…ぐはっぐはっ…!」

と、ヒロシ氏は言いたいところだっただろうが、
さすがに口にはしなかった。

通常の『ビビンバ』『石焼ビビンバ』
食べ比べをしてみたかったので、両方を注文。

定食にはバイキング食べ放題が付いている。
早速取りに行った。

景福宮本店4

いっぱい食べて大きくなります。

まずは1ターン目。
チャプチェ、韓国風おでん、カブのキムチ、イタドリの炒めもの、などを押収。

広々とした景福宮店内の隅の席でコソコソ食べる。
私が食べているあいだも、ヒロシ氏とヨンチョルさんは世話しなく働いている。

「偉いぞー!偉いぞ!ヒロシ氏!」
上から目線でエールを送った。

やがて…来たる。

景福宮本店5

ノーマルビビンバ…!
スープ付きっ……!!

景福宮本店6

周囲を彩る各種お野菜。
中央に座るご飯の上に、目玉焼き。

景福宮本店7

黄身を割れっ……!
夢の扉を切り開くようにっ…!!

赤いタレを垂らし………!

洗濯機みたいに豪快に…!
ビビンバを混ぜおおすっ……!!

ナムルが……!
米の1粒1粒が……!

こんにちは………!
こんにちは……と………!

語りかけてくるっ…!!!

程なくして『チーズ石焼ビビンバ』も駆けてくる。

ジュージューと音を立て…!
濛々と湯気を昇らせる様……!!

その様………!
まさに…………!

景福宮本店8

ビビンバ様っ…!!

「ノーマル・ビビンバは……!
熱の通っていない野菜の瑞々しさ…ブリブリ感っ…!
石焼ビビンバは…ご飯のオコゲ具合…!」

両者それぞれに……!
それぞれの良さが………!

景福宮本店9

この日のデザートは『マンゴーのゼリー』
必ず貰えるドリンクには『抹茶オーレ』を指名した。

「抹茶オーレ美味いな……!」

生まれて初めて飲む、抹茶オーレ。
信長みたいにグングン攻めてくる抹茶味に感激。

「抹茶オーレは…!
飲める抹茶アイスだ…!」

名言を残して昼下がりの景福宮を去った。

↓ 1日1回ブランを押していってね!
今日はなにかな!

【人気ブログランキング】

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)