一汁三菜食堂 帯屋町店 カレーうどん | 生姜農家の野望Online

一汁三菜食堂 帯屋町店 カレーうどん

一汁三菜カレーうどん1

高知市の『帯屋町チェントロ』に来ていた。うどんを食べるためだ。一階の『金高堂書店』には入ったことがあるが、二階に上がるのは初めて。

一汁三菜カレーうどん2

エレベーターのドアが開くと長い通路が伸びていた。外のアーケード街の喧騒とは裏腹に静まり返っている。
どこにあるんだろう。不安に駆られながら、てくてく歩いた。

一汁三菜カレーうどん8

すると通路の一番奥にあった。『一汁三菜食堂』と書かれた自動ドア。高知に数店舗ある、セルフスタイルの食堂だ。

中に入ると、左側に長いセルフレーンが伸びていた。通路といい、セルフレーンといい、チェントロはなんでも長い。長過ぎて向こう側が霞んでいる。

メニューで確認したそれをカウンター越し、注文する。よもや『一汁三菜食堂』に、うどんを食べに来る日がこようとは。

セルフレーンを進むと群雄割拠、たくさんのおかずが並んでいる。
<うどんだけでいい!うどんだけで!いろいろ食べると太るから!>
食欲を抑えようとしたがダメだった。セルフうどん店でもよく見かける『アジフライ』を取ってしまった。陥る自己嫌悪。

レジの前で少し待っていると、完成したうどんを渡してくれた。窓に沿ったカウンター席に持って行って食べる。

一汁三菜カレーうどん3

カレーの香りがぷんぷん漂っている。箸で麺を持ち上げると、その香りは一層高まる。鼻から脳へ。カレーが直撃。

一汁三菜カレーうどん6

そのまま食べる、白い麺。
プニプニした麺にカレーが絡まって攻撃してくる。

一汁三菜カレーうどん5

辛くない。まったりしたカレー。でもあとから少しだけピリッとくる。

一汁三菜カレーうどん7

途中で水を飲んで、口の中のカレー感を弱めて、アジフライ。ソースを一回し。かけて食べる。

衣がサクッ。冷めているけれど、お母さんの作り置きアジフライみたいな雰囲気で悪くはない。アジフライというのは、冷めてもそれはそれでまた風流だ。

アジフライは葉桜。人はそれに価値を見出さないが、あるいは価値観が違えば、それはそれでよいものなのだ。

一汁三菜カレーうどん4

呼吸を整えて、アジフライに添えられた野菜を食べる。キャベツを噛むと、中から水分が出てきた。口の中にまだ残るカレーの香りにキャベツの香りが入り混じる。

もう一度うどんへ。
再度カレーが私を支配する。褐色のカレーの世界。そこに食べかけのアジフライを投入。

明らかにカレーが動揺している。まさかアジフライを入れられるとは思うまい。仲良くやれよ。カレーとアジフライ。

カレーが付いたアジフライ。カレーアジフライ。カレーという意外な友の熱を得たアジフライは咲いた。満開だ!カレーアジフライの花が満開だ!

ボクをおしていってね!(笑)
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1クリックのみ有効)。
人気ブログランキング高知に参加中!

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)