高知のジョイフルでランチ!鹿児島のご当地グルメ「鶏飯」を食べる! | 生姜農家の野望Online

高知のジョイフルでランチ!鹿児島のご当地グルメ「鶏飯」を食べる!

ジョイフルのメニュー。

九州!大分県発のファミレス『ジョイフル』で、いま…ご当地グルメが食べられるのをご存じでしょうか。

「ご当地グルメ?食べたい!すこぶる食べたい!」

早速、最寄りの『ジョイフル』へ向かった竜一。そこで驚愕の事実を知る。

なんと!ジョイフルは、いつでもモーニングが食べられるのだ。

「おはよう」から「おやすみ」まで、いつでもモーニングが食べられる『ジョイフル』。

「知らなかった。最近の『ジョイフル』、半端ないな……」

もはや「モーニング」の意味すらわからない。
「モーニングとは、いったい何なのだろう、と考えてしまう。まぁそれはそれで面白いのだが……」

価格は税抜390円~と、非常に安い。

しかも「ドリンクバー」まで付いている。

「作る手間を考えると、『ジョイフル』が近所にあるなら、毎日朝ごはんは『ジョイフル』でいいじゃん?って気になるな……」

安いからと、勢いで注文してしまう。

ひじきご飯と豚じゃぶのみぞれ煮朝食。

『ジョイフル』のモーニングメニュー最高額の「ひじきご飯と豚しゃぶのみぞれ煮朝食」。税抜590円。

たっぷり入った豚肉と野菜。
「みぞれ煮」なのに、なぜか“みぞれ”はあまり入っていない。

「『ジョイフル』面白いな……!」

温玉がのった、ひじきご飯。

「これで590円なら、満足度高い……」

そのとき竜一、我に返る。

「いかん!優雅にモーニングを食べている場合ではなかった!」

俺は……俺は……!
ご当地グルメを食べに『ジョイフル』に来たのだった!

ジョイフルの「ご当地グルメフェア」を俺は体感する!

『ジョイフル』にて、食べられるご当地グルメは3種!

鹿児島!沖縄!トルコ!

トルコっ!?

「ご当地っていうか、海外……」
そう思ったが、調べると「トルコライス」は長崎県のご当地グルメである模様。

うーん。どうしよう。三択に迷う竜一。

「沖縄風そばって、要はソーキソバ、あるいは”ソーキソバっぽいヤツ”ってことだよな、たぶん。ソーキソバ…食べてみたいけれど、うーん……」

ガチで迷う。

どうやら俺は『ジョイフル』という「迷宮」に迷い込んだみたいだ……。

2年ほど迷った結果……。

鹿児島県代表?「鶏飯丼」に決めた!

「これが西郷どんも食べたかもしれない、鶏飯(けいはん)……!」

全国に店舗がある、ファミレス『ジョイフル』。
「高知にいても、東京にいても、愛知にいても、鹿児島のご当地グルメが食べられるってのがすごいな…。『ジョイフル』がフェアメニューとして出すだけで、鶏飯の知名度はかなり上がるだろう……」

鶏肉、シイタケ、錦糸卵などがのる、そんな状況下。

▲ 小袋に入った、紅生姜ものせていく。

▲ 紅生姜が入ると、一気に華やかに。

▲ 鹿児島だけに、焼酎のお湯割りまで付いている。

「ご丁寧にすみませんなぁ。真昼間から…。ほな、いただきます……」

って、ちがーう!
これ焼酎じゃない!出汁!お出汁だよ!

…………。

はい。

出汁を鶏飯にかけてゆきます。

いい感じに、温泉っぽくなった鶏飯。

俺は頭から浴びたい!この鶏飯を……!

「出汁茶漬けみたいな感じで、二日酔いの昼にも食べられそう……!」

いまなら安価で、鹿児島、沖縄、そして長崎のご当地グルメまで食べられる『ジョイフル』。

「昼から夜まで休憩時間なしで、ずっと営業しているし、なにせ価格が安い。気軽に行けるってのが『ジョイフル』の良いところだ……」

(* 機会があれば、今度は「沖縄」行きたいと思います)

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます。
人気ブログランキング高知

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)