手打ちうどんたも屋南国店 かけうどん

投稿日:2010.11.09 更新日:

いつものように、たも屋に行った。
いつものように、"かけ"の特大を頼んだ。

セルフ店のたも屋。
自分で"てぼ(ふりざる)"に麺を入れ、
数秒間お湯に浸けて、麺を温める必要がある。

そして、いつものように、
注文した後、お湯を溜めてある所に行き、
ドンブリから、てぼに麺を移そうとした。

その時。
手元、狂乱。

ビュルン!

一本の麺が、
てぼから、こぼれ落ちようとする。

いかん・・・!
落ちる・・・!

瞬間。
発動する・・・!

黄金の左・・・!

ガシッ・・・!
麺を・・・掴むっ・・・!

素手で・・・!
魂で・・・!

掴むっ・・・!

だが、さすがは讃岐生まれ。
ツルンとした滑らかな喉越しが売りの、たも屋の麺。

掴んだ左手から・・・ツルッ・・・!
滑らかに滑り落ちて・・・!
そのまま・・お湯の中にドボン・・・!

あぁ・・・俺の麺・・・。
俺の麺がぁぁぁぁぁ・・・。

アッと言う間にヒュルヒュルと、
溜まったお湯の中に沈んで行った麺を見て、
竜一の気分も暗く沈んだ。

圧倒的、自己嫌悪・・・。

もうダメだ・・・。
まともに麺も温められないなんて・・・。

で・・でも・・・!
こんなミス、誰でもありがちやろ・・・!

そう思って、お湯の中を覗き込んだのだけど、
私が落とした麺一本しか沈んでいなかった。

こんな、しょーもないことする人、
あんまりいませんよ♪

一本だけ沈んだ麺から、
たも屋の心の声が聞こえてくるようで、
更なる自己嫌悪に陥ってしまった。

全量を落とさなかったのが、
まだ不幸中の幸いか・・・。

チラリと横を見ると、
どこぞの奥様が、私に物凄く冷たい視線を送っていた・・・。

手打ちうどんたも屋南国店 かけうどん(特大)

『かけうどん(特大)』
(ネギ入れまくってすみませんエディション)

手打ちうどんたも屋南国店 かけうどん 麺アップ

食べながら、
この悲しみから・・俺・・三年は立ち直れない・・・。

そんな風に落ち込んでいたのだけど、
竜一好みの薄味のたも屋の出汁は、心の傷に染み渡り、
うどんを食べ終わる頃には、すっかりと癒えていたのでありました。

手打ちうどん たも屋 南国店

◆ 手打ちうどん たも屋 南国店
営業時間/10時30分~14時30分
定休日/無
営業形態/セルフ
駐車場/有

(かけ200円、ひやひや280円、ぶっかけ280円、釜たま330円、カレーうどん380円など。
大は100円増し、特大は200円増し)
『手打ちうどんたも屋南国店』の場所はココ!

1位になったら竜一が全裸になると言われているランキング。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-南国市のうどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.