よし乃 前編/手書きの真心

投稿日:2011.04.30 更新日:

「倍プッシュだっ・・・!」

黒潮うどんを出た竜一は、そう叫んだ。

『うどん → 倍 → プッシュ!』
つまり、『うどん → もう一杯 → 食おうぜ!』
という意味である。

勿論、最初からそのつもりだった。
そのつもりだったからこそ、黒潮うどんで『大』を自重して『中』を注文したのだ。

実は、今回土佐市を訪ねるにあたっては、二つの目的があった。

一番の目的は、
黒潮うどんで、前回、量が少なくて堪能し切れなかった一杯を、
もう一度食べ改めてみたいということ。

そして、もう一つの目的は、
まだ行ったことが無い、土佐市のうどん屋さんに行くこと。

どうせ滅多に行くことが出来ねぇ土佐市まで行くのなら・・・!
知らぬ店にも行ってみたい・・・!

そんなわけで、『土佐市のうどん屋』脳内検索していると、
ある店の存在を思い出した。

その店を初めて発見したのは、『とがの藤家』の帰りだった。

「どうせ暇だから・・・」と、
高速道に乗らずに一般道を社会見学気分で走っていると、
喫茶店風の店の前に『うどん』と書かれたのぼりがパタパタと揺れているのが見えた。

<うどん・・・!?
けどこれ・・・誰が見ても喫茶店だろうがっ・・・!>

などと失礼なことを思いながら、
その時は、通り過ぎた。

しかし、それから幾ばくかの月日が経とうとも、
私の脳裏にそのうどん屋の記憶は残り続けた。

時は満ちて、今回。
満を持して向かう。

うどん倍プッシュ・・・!

よし乃

『よし乃』

黒潮うどんから車で5分ほどの近距離。
時刻は、12時を僅かに過ぎていた。

駐車場には数台の車が並ぶ。
何故だか、県外ナンバーの車が多かった。

建築が変わっていて、奥の方だけ三階建てになっている。
渡辺篤史に是非行って頂きたい造りである。

よし乃 店の前の日替わりうどん定食!

中に入ろうとすると、くたびれたノートに、
本日の『日替わりうどん定食』の内容が手書きで記されていた。

これに、竜一。
胸がキュンキュン。

手書きだから伝わる想い・・・!
手書きだから伝わる真心・・・!

圧倒的・・・筆圧・・・!

手書き・・・!
いやぁ・・・素晴らしいですねぇ~・・・!

なるほどぉぉおおお!

渡辺篤史のように納得しながら、
引き戸を開けて、中に入る。

男性ばかり、作業服姿の人達が10人ほどイスに腰掛けて、
うどんをすすったり、雑誌を読んだりしている。

店の方らしき人は見当たらない。

<あ・・・!あの・・・
お客さんですよぉ・・・>

心の中で発するも、
当然、誰にも聞こえない。

(後編へ続く・・・!)
後編はコチラっ・・・!
『よし乃 後編/アルプスの初体験』

予告していた日より記事のアップが遅れてしまいました。
当方、圧倒的・・・遅筆・・・!なものでご理解下さい・・・。(;ω;)

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。>>詳細ページへ

土佐市・いの・佐川町うどん情報

うどん処 一蓮 前編/急転直下の襲来

農作業が早く終わった・・・!、いや、早く終わらせた農業界のうどん野郎は目指していた。 未知なるうどん・・・!新進気鋭の麺処を・・・! だがぁっ・・・! <うそぉっ・・・!閉まってる・・・!なんたる不覚・・・失態・・・!営業時間・・・ちゃんと確認してなかった・・・!> 夜も営業しているということで行った高知市長浜の新店は、日曜日のみ、夜の営業をしていないようで、既に閉店していた。(後日行きました!次回のうどんの記事はその長浜の新店です!) 一台の車も停まっていないその駐車場内で、暫し考える。 <どうする・・ ...

うどん 中乃家 前編/増量の懸念

先日、土佐市にオープンした『一蓮』さらには、いの町『ちっ子亭』が引き金となって、一段と高まった、県中西部に対する、攻めの機運。 <一蓮に行った時から・・・気になってた・・・!しばらく逢わなかったけど・・・アナタを忘れた時間は・・・!1秒も・・・なかったよっ・・・!> 次順・・・二年ぶり・・・!中乃家っ・・・! いつものように、ピーク時を避けて、13時半ほどに、入店。 しかし、さすがは中西部の雄。大方の予想通り、店内は賑わっていて、空席は僅か。 <フフッ・・・焦ったぜ・・・一瞬・・・!満席かと思った・・・! ...

手打ちうどん とがの藤家 秋の章・後編/ザブザブタイカレー

前編はコチラっ・・・!『手打ちうどん とがの藤家 秋の章・前編/感激の藤家ノート』※ 後編、若干、加筆修正しました。(11月3日18時50分) そのうどん・・・!ぶっかけにあらず・・・ひやかけでもない・・・! ザブザブにつきっ・・・! 『ザブザブ(特盛)』 コイツが藤家の秘蔵っ子・・・! 前回・・・釜あげパスタ特盛で死線を彷徨った竜一・・・!やめときゃぁいいのに・・・! また特盛っ・・・! <フフッ・・・!俺だって考えたさ・・・!もしかすると・・・今度こそ食べきれないかもしれねぇ・・・!とがの藤家の特盛は ...

よし乃 前編/手書きの真心

「倍プッシュだっ・・・!」 黒潮うどんを出た竜一は、そう叫んだ。 『うどん → 倍 → プッシュ!』つまり、『うどん → もう一杯 → 食おうぜ!』という意味である。 勿論、最初からそのつもりだった。そのつもりだったからこそ、黒潮うどんで『大』を自重して『中』を注文したのだ。 実は、今回土佐市を訪ねるにあたっては、二つの目的があった。 一番の目的は、黒潮うどんで、前回、量が少なくて堪能し切れなかった一杯を、もう一度食べ改めてみたいということ。 そして、もう一つの目的は、まだ行ったことが無い、土佐市のうどん ...

うどん食堂 ちっ子亭 エピソード3/アルデンテの独創

『エピソード1を読む』 『エピソード2を読む』 『エピソード4を読む』 BGMは、テレビから流れる音声。穏やかな空気漂う『ちっ子亭』の店内。 暫し待っていると、背の低いおばちゃんが、ニコニコと微笑みながら歩み寄ってきて、眼前にスッと盆を滑り込ませた。 『しょうゆ(大)』 ついに現れし純白の麺線に、息を呑む。 泣く子も黙る艶やかさ・・・!見とれるほどに美しい・・・! 新鮮な魚みたいに・・・!ピカピカピカピカ・・・! 輝いてやがるっ・・・!! 千差万別である客の好みへ対応するためか、別皿に盛られた「大根おろし ...

プロも作る「納豆うどん」卵や山芋とろろでレシピは無限大!

「竜一さん。ブログでいつだったか、うどんに納豆をかけて食べていたじゃないですか?」 「ああ、まあ……」 「あれ、衝撃的でした。そもそも「うどん」に「納豆」って、合うんですか?」 「結構、合いますよ……」 うどん×納豆。 意外な組み合わせに思える人もいるだろうし、「たまにある組み合わせだよね」と言う人もいるだろう。 実際にその組み合わせは、うどんを食べ歩いていると、時々見かける組み合わせだ。 もちろん、どのお店にもある、ということではないけれど、ものすごく珍しいわけではない。 高知のうどん店にもあるし、讃岐 ...

高知!土佐市のセルフ!さぬきうどん「清瀧」(きよたき)

土佐市には随分と前から大手をかけていた。 土佐市うどん主要5店の内の4店(「中乃家」「黒潮うどん」「よし乃」「一蓮」)を制覇して、残すところあと1店となっていたのだ。*一蓮はその後に閉店されました。 だが、私は元々"新規開拓"にはあまり興味が無く、むしろ気に入った店ばかりに通うタイプで、土佐市制覇なんかしなくてもいいや、と思っていたのだけれど、やはり土佐市制覇はしておかないと、そこに転がっているパズルの最後の1ピースを、はめないまま放置しているみたいでスッキリしない。 だから、なんとかやる気を出して土佐市 ...

うどん 中乃家 後編/常勝の自信

前編はコチラっ・・・!『うどん 中乃家 前編/増量の懸念』 『えび入り肉ぶっかけ(大盛)』 現れた・・・!その一杯・・・!エビ天っ・・・!そして肉っ・・・! うどんトッピング界の・・・ツートップが・・・!贅沢に・・・麺上を席巻するっ・・・! <うっ・・・!うぅっ・・・!柔らかそうな・・・!お肉・・・!> 麺・・・!相変わらず・・・!縦より横の幅が広い・・・ワイド麺・・・! 横長で魅せる・・・その形っ・・・!まるで映画館のスクリーン・・・! 噛んだ瞬間から上映開始・・・!『鉄道員(ぽっぽや)』ならぬ・・・! ...

手打ちうどん とがの藤家 秋の章・前編/感激の藤家ノート

日々・・・猛烈に忙しい・・・!いわゆる激務の合間を縫って・・・! 中毒症状緩和のため・・・!精を出して・・・うどん屋に通う男がいた・・・!(※編集部注: 「精を出してうどん屋に通う合間を縫って・・・働いている・・・!」の誤りです) 人は彼のことをこう呼んだ・・・! 「農業界のうどん野郎」と・・・!! <いろいろ行った中には・・・!一度しか行っていないうどん屋さんも多いけれど・・・!行ったうどん屋さんの記憶は・・・!すべてが俺の脳にシッカリと刻まれている・・・!> 忘れやしないさ・・・! 愛する者と・・・! ...

手打ちうどん とがの藤家 本域の章 エピソード3/本生醤油うどん

『エピソード1を読む』 『エピソード2を読む』 とがの藤家での待ち時間は、本当に短く感じる。 『藤家ノート』を読んだり、店内の和の空気感に浸ってみたり、窓から見える外の田んぼの状況を確認したりしていると、すこぶる一瞬。 『生しょうゆ・冷(大盛) & かき揚げ & ちく天』 注文した『生しょうゆ・冷』は、特盛。しかし、実際に来たのは、大盛。 だが・・・この時・・・!竜一・・・気付かない・・・! <前回より麺量が少なくなった気がするが・・・気のせいか・・・!いや・・・トッピングが乗っていないからそう見えるだけ ...

自家製 手打ちうどん めんどーる 前編/アルデンテの隠れ家

発端は、紅千鳥さんのブログだった。いの町、天王ニュータウンにフッと現れた新星『ちっ子亭』に出向いた千鳥さんは、その際に、『めんどーる』という名のうどん屋を見つけたと記していた。 <めんどーる・・・!聞いたことがねぇ・・・!> さらに、千鳥さんに端を発して行かれた山雀さんのブログの記事を読んでも、その「めんどーる」は、数年前には存在を確認されている店で、新店では無いらしい。 <なるほど・・・!つまり「めんどーる」は・・・!今の今までゴク限られた人にしか知られずに・・・!天王の住宅街の中で・・・ひっそりと佇ん ...

最新記事

ヤ・シィパーク 池澤鮮魚店 助八 海鮮丼定食

「助八」池澤鮮魚店プロデュースのお店がヤ・シィパークにオープン!

高知県香南市夜須町のヤ・シィパーク内にオープンした「魚屋&レストラン 助八」のランチメニュー、お刺身定食、海鮮丼定食をご紹介。刺身や海鮮丼がリーズナブルな価格で食べられる、安くておいしいお店!

高知南国市レストラン グドラック 十菜あんバリカタ麺

グドラック!高知南国市の老舗レストランに新・地産地消メニュー登場

高知県南国市にあるレストラン「グドラック」。 何十年も前から営業される高知の老舗レストランで、高知県民ならば知らない人はいない有名なお店である。 そのグドラック、近年は地元・南国市の食材を使った「地産地消」に注力されている。 たとえば南国市で育てた「軍鶏(シャモ)」や、南国市の農業高校で産まれた「卵」を使用した「親子丼」。 これは以前に私も食べたが、噛めば噛むほど旨味の出るシャモと、とろとろ卵、南国のパワーが毛穴から噴出するような一杯だった。 シャモ親子丼の記事こちらから 高知のレストラン!南国市「グドラ ...

JAタウン愛知県産葉生姜

【JAタウン】愛知県産「葉生姜」生で味噌つけて食べるのがおすすめ

JA全農(全国農業協同組合連合会)が運営するネットショップ「JAタウン」。 全国の旬のおいしいものが、自宅にいながら買えてしまう、生産者と消費者の距離をグッと近くするサイト。 関連記事こちらから 【JAタウン】農協が運営するネットショップがギフト選びにおすすめ! その「JAタウン」に、また新たなる"旬のもの"が追加された! 愛知県碧南市の葉生姜。 碧南と書いて(へきなん)と読む、この土地の葉生姜。 葉生姜とは、小さな葉付きの生姜のこと。 竜一ちなみに私、竜一が栽培している生姜は根生姜(囲い生姜)と呼ばれる ...

ラーメン食堂黒まる 味噌カツラーメン

ラーメン食堂「黒まる」高知・南国市/新メニュー続々追加中!

ラーメン食堂 黒まる(高知・南国市) 高知県南国市の南国市役所すぐ西側にある、おいしいラーメン屋さん「ラーメン食堂 黒まる」。 当ブログ「生姜農家の野望Online」でも、2018年7月時点で9記事(この記事で10記事目!)にわたってレポートしている、竜一お気に入りのラーメン屋さんでもある。 ラーメン食堂黒まるの記事一覧 ラーメン食堂 黒まるの記事一覧こちらから! 黒まるは子連れにありがたい座敷完備! 座敷も完備されていて、子連れで気軽に来られる「ラーメン食堂 黒まる」。 そこに………。 新メニューが追加 ...

はま寿司 あんかけたこ焼き茶碗蒸し

【はま寿司】「たこ焼き」が入った「茶碗蒸し」新メニューが新感覚!

食べたい……! 「たこ焼き」と「茶碗蒸し」を同時に食べたいっ……! そんなかたに朗報! 2018年7月5日より、回転寿司チェーン「はま寿司」にて開催中の期間限定キャンペーン「全国うまいもん祭 第二弾 関西」。 いまなら、 たこ焼き!茶碗蒸し! 同時に食べられる! はま寿司の期間限定「全国うまいもん祭 第二弾 関西」 たこ焼きが入った、茶碗蒸し。 竜一そんなものがおいしいのだろうか。 私にはわからなかった。 きすの天ぷら握り 寿司をつまみながら、串カツを食べる。 串カツも「全国うまいもん祭 第二弾 関西」の ...

JAタウンのスクリーンショット

【JAタウン】農協が運営するネットショップがギフト選びにおすすめ!

人にものを贈るのは大変! いい人お中元とか迷いませんか? 何を送っていいのかわからないよぉ!いい人 そんなときにJAタウン! かしこい男「JAタウン」っていう、農協がやっているネットショップが、 めちゃめちゃ便利なんですよ! ギフトにおすすめの品がたくさんあるのよ☆かわいい女 JAタウンとは JAタウンとは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営するネットショップで、 全国の旬のおいしい食べものが、 自宅にいながら買えてしまう! 家の玄関の扉を開ければ畑! クローゼットを開ければ田んぼ! ……みたいな! ...

らぁ麺ダイニングCalm(カルム) 外観

ラーメンの新店「Calm」(カルム)高知市介良にオープン!

高知県高知市介良にオープンしたラーメンの新店「らぁ麺ダイニング Calm(カルム)」をご紹介。メニューとつけ麺を食べた感想を解説します。Calm(カルム)の場所は高知県高知市介良乙 パワーセンター西側、営業時間/11:30〜15:00、17:30〜22:00、定休日/木曜日

畑の食堂Copanのビュッフェランチ

畑の食堂Copan(コパン)高知/南国市・ながおか温泉の隣にオープン

高知県南国市にある「ながおか温泉」。 その隣に、地元の野菜を活かした料理が食べられるお店「畑の食堂Copan(コパン)」がオープン! 野菜をたくさん食べたい! 栄養がほしい! ビタミンがほしい! 大地の恵みを我にっ……!! そんなかたに打って付けのお店となっています。 かわいい女野菜を食べて、肌年齢、若返らせちゃお☆ 畑直送!地元の野菜が食べられるカフェCopan(コパン)の場所 畑の食堂Copan(コパン) 「畑の食堂Copan(コパン)」の場所は「ながおか温泉」の南側。 竜一あけぼの街道沿いにある、産 ...

フライングフライング松山大街道店 ホットケーキ

【移転】「フライング・スコッツマン」松山/大街道の名店が新装オープン

いで湯と城と文学のまち、松山。 その愛媛県松山市の繁華街、大街道にあるカフェ「フライング・スコッツマン」。 竜一モーニングでも食べよっかなぁ ……とフラフラ入店した竜一、驚愕。 なんと……! 移転初日だった! 竜一偶然訪れたその日が、移転初日だったんだよ! あるっ!?そんなこと、あるっ……!?いい人 2018年7月1日! フライング・スコッツマン! 移転オープン! 本記事では移転オープンされた、愛媛・松山市の「フライング・スコッツマン大街道店」をご紹介します! 1988年創業!愛媛/松山市の老舗カフェ「フ ...

さぬきうどん清瀧 山かけぶっかけうどん

さぬきうどん清瀧(きよたき)高知/土佐市の「セルフうどん」屋さん!

高知県土佐市のセルフうどん屋さん「さぬきうどん 清瀧(きよたき)」。 土佐市の中心部から少し北に入った場所にあり、偶然通りすがる場所ではない。 地元のかたでない限り、"知っていないと行けないお店"である。 竜一清瀧知ってたー?穴場でしょー? 知ってたよ!かわいい女 竜一えー!知らないって言ってよー☆ 高知/土佐市の「さぬきうどん清瀧」営業中! そもそも「清瀧」は、2017年に一旦閉店されていたのだが、半年ほどの期間を経て、その年の末に、 電撃復活。 以前と変わらない人気、いや以前に増して賑わいを見せている ...

希望軒とんこつラーメンチャーシュー大盛

【高知】「希望軒」帯屋町でランチ「豚骨ラーメン」チャーシュー大盛

大阪府に本社のあるFC店「希望軒」。 高知初上陸! 友人にして高知が生んだ怪物ユーチューバー「たけちゃん@たけちゃんTV」氏がアップロードされていた画像に、ネット上でも超絶人見知りな竜一が思わず反応した! これは希望が湧く!圧倒的絶景だ!w https://t.co/O455rILTi2 — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年5月28日 竜一こりゃーすごい! 肉だらけじゃないかっ! テレビとかで他県のこういうラーメン見かけたことあるけど、いままで高知にはあまりなかったよね!いい人 ...

新着記事一覧へ

▼ 検索窓の使い方

なにか食べたいなぁと思ったときに、たとえば「天ぷら+うどん」「天津飯」など食べたいもののキーワードを入力することで該当する記事があれば出てきます。「おしゃれ+カフェ」「カフェ+素敵」など、雰囲気で検索するのもありです。

-土佐・いの・佐川うどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.