うどん処 ゆたか 前編/名店までのディスタンス

2011.08.18

  1. TOP >
  2. 高知市グルメ >

うどん処 ゆたか 前編/名店までのディスタンス

2011.08.18

高知の麺狂を、取り返しの付かない麺狂にするために、
地元情報誌『ほっとこうち』が先日発行した『高知麺本』

<掲載されているのは知っている店ばかりだし・・・!
別に買うほどのことはねぇかな・・・!>

当初、書店で立ち読みをしながらそう思っていたのだけれど、
そんな気持ちとは裏腹に、気が付いたら買っていたから、
人生とは摩訶不思議なものである。

その高知麺本。

高知の麺屋さんオールスター状態で、
様々なお店の至極の勝負麺が掲載されているのだけれど、
中でも一際目を引いたのが、『牛つけめん』だった。

名からは、ラーメンを思わせる。
が、掲載されている画像では、どう見てもうどん。

何処の店のメニューかと思いきや、
高知市中万々にある有名店『ゆたか』の作だった。

<ゆたか・・・!か・・・!
思えば2007年冬に・・・それこそほっとこうちでやっていた・・・!
うどんスタンプラリーで・・・一度行ったっきり行ってねぇなぁ・・・!>

4年半ぶりか・・・。

<美味しいのは美味しいんだけれど・・・!
俺のストライクゾーンの真ん中には来てねぇ・・・!
欲しい・・・魂が揺らぐほど・・・強烈に惹かれる何かが・・・!>

それが、ゆたかのうどんに対する、
4年半前の私の、正直な感想だった。

しかし、ここに来ての誘惑。
『牛つけめん』

<なんだよそれ・・・!どんなのだよ・・・!
そういう変化球メニュー・・・俺・・・結構好きなんですけど・・・!>

ゆたかと竜一。
長き日に渡って開いたディスタンスを乗り越えたきっかけ。

それは4年半前に『ゆたか』に行くきっかけを作ったのと同じ、
『ほっとこうち』だった・・・。

行こう・・・今・・・!
4年半の時を越えて・・・!
ゆたか・・・!

夢の向こう側へっ・・・!

うどん処 ゆたか

『うどん処 ゆたか』

13時半を回る頃だっただろうか。
久し振りに見る『ゆたか』は、風格、趣を増しているように見えた。

入って左側にあるテーブル席には幾人かが座っていて、座れそうにも無かったから、
カウンターの正面に二組ある座敷席の一つに座った。

着席した・・・竜一・・・!
迷う・・・!迷う迷う・・・!

肉おろしと・・・迷う・・・!

<肉おろしも麺本に載っていて・・・!
すげぇ美味しそうだったんだよなぁ・・・!>

ゆたかに行った日は暑くて暑くて。
向かう途中の車内で、オーダーを牛つけめんから、
冷たい肉おろしに変更しようかと、実はずっと迷っていた。

だが・・・!

<いいや・・・いやいや・・・!
この局面は・・・初志貫徹・・・!
ここで攻めきらねぇと・・・男じゃねぇ・・・!>

ならば・・・!賭ける・・・!
牛つけめん・・・ゆたかの新メニューで・・・!

勝負だっ・・・!

(後編へ続く・・・!)
『うどん処 ゆたか 後編/喉越しのフットワーク』

竜一

高知で生姜農家を経営 / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知の飲食店を約20年でのべ2,000件以上食べ歩き / 大好きなお店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ
メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中
詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

© 2020 生姜農家の野望Online