高知最大級のグルメ情報サイト

麺房 三宅 冷やし天ぷらうどん & かき揚げうどん

投稿日:2011.12.22 更新日:

「ぼ・・・ぼぼぼ・・・ボク・・・!
天ぷらが食べたいんだな・・・!」

発作的に感じたその想いが発端となって、
目指した高知市住宅街。

迷走。

何度も来たことがあるし、
まったく問題ないだろうと思っていた道順。

実際に、店の付近まで行ってみると、
久し振り過ぎて、自分の脳内の風景とは若干に変わっていて、
とどのつまり、ワケが分からなくなっていた・・・!

<近代化の波がここまで押し寄せたか・・・!
てゆーか・・・風景はそんなに変わっていない気も・・・!
うーん・・・近代化と言うよりも・・・俺の記憶が劣化しただけかもしれねぇ・・・!>

辺りを車でグルリグルリと回り、
三たび産業道路に出た時、ピンと来た。

<あぁ・・・!そうか・・・!
あの黄色い塗装のガソスタの裏の通りだったっけ・・・!>

正解。

麺房三宅
(見た目は民家!中身はうどん屋!その名は・・・!)

着。
『麺房 三宅』

<いやぁ・・・!紐解けば1年数ヶ月ぶり・・・!
うむっ・・・!やっぱり1年数ヶ月分・・・!
コンクリート壁の灰色に重厚感が増しはったなぁ・・・!>

(この時、9月下旬)

一歩一歩、
店の入口へと歩む。

<あぁっ・・・もう・・・このね・・・!
店の前の道路・・・!アスファルト・・・!
コレ自体が足に吸い付くというか・・・もうなんかグリップ力が全然違う・・・!>

入口の前に立ち、
戸を左から右に引く。

「ガラガラ・・・!」

入店。

通常の店ならば、何の気なしに入っていくところだけれど、
ここは、"高知で最も穴場なようで穴場じゃない超有名店"、麺房三宅だ。

「失礼しますっ・・・!」

"胸を貸して頂く"という心構えで、
「いらっしゃいませ」に応える。

時刻は、土曜日の14時過ぎ。
ピーク時を過ぎて幾分空席が出来始めているけれど、正面のカウンターは満席。

後ろ側のカウンター席、
その向かって右端に座った。

<くっ・・・壁の左端のほうに掛けられているメニューを書いた木札が見えねぇ・・・!
たしか前に来たときも・・・!この辺りの席に座って・・・!
思えば・・・!その時も左端の木札を見ることは叶わなかった・・・!
一体どんなメニューがあるんだ・・・!左端に・・・!!>

もしかして・・・!
一番美味しいメニューが書かれていたりして・・・!

<もしそうだとしたら・・・後悔してもしきれねぇ・・・!
スッと立ち上がって・・・左端のメニューを見てやろうか・・・!>

いやぁ・・・でも・・・!
それって合法かよっ・・・!

一度座ったのに・・・また立ち上がるとか・・・!
そんなことしていいのかよっ・・・!!

<よくよく考えてみれば・・・俺は今までうどん屋で・・・!
一度座ってから・・・!食べ終えて帰るまで・・・!
席を立ったことなんて一度もねぇっ・・・!!!>

おでんを取りに行ったこともねぇ・・・!
途中でトイレに行ったことすらねぇ・・・!

つまり・・・俺は生まれてこの方・・・うどん屋での途中起立・・・!
それを一度もしたことが無いっ・・・!!

"竜一・・・!
自問自答・・・!"

<いいのか・・・!俺はこんなヘタレで・・・!
途中起立すらもしたことがないようなヘタレでっ・・・!>

"ククククク・・・!
ヘタレ・・・!?上等上等・・・!"

真剣勝負におでんもトイレもあるかっ・・・!

一度座ったら喰い終わるまで・・・!
絶対に起立せん・・・俺は絶対に起立せんぞぉっ・・・!

決。

<よしっ・・・!
左端に何が書かれてあるのかは分からねぇけど・・・!>

諦めよう・・・!

<左端に何が書いてあってもイイっ・・・!キニシナイ・・・!後悔は無いっ・・・!
俺の座右の銘は・・・『無理そうなら諦る・・・!』・・・!これだから・・・!>

店内はそんなに広くない三宅、注文は楽。

遥か彼方にいる店員さんを腹の底から出した大声で呼ばないといけない、なんてことは無く、
客はそっちのけ、店員さんどうしで談笑して楽しんでいる、なんてことも無く、
目で合図をするだけで、店員さんが来てくれる。

<こんな・・・うどん以前の些細なところにも・・・!
三宅の人気の秘訣があるのかな・・・!>

高知でも、讃岐うどんの本場・香川でも、
流行っている店とそうでない店には、
美味いとか不味いとか、好みに合うとか合わないとか言う前に、根本的に違うナニカを感じる。

注文して、待つ。

麺房三宅 冷やし天ぷらうどん(大盛) ぶっかけ出汁と薬味

斬。

先にぶっかけ出汁と薬味が来た。

<大根おろしと・・・!練りワサビ・・・!
で・・・!なんだろうこれは・・・柚子か・・・スダチか・・・!仏手柑か・・・!
いいやいいや・・・!シークワーサーという・・まさかの攻撃もありうる・・・!>

疑心暗鬼している内・・・!
主役・・・!降臨・・・!

麺房三宅 冷やし天ぷらうどん(大盛)

『冷やし天ぷらうどん(大盛)』

麺房三宅 冷やし天ぷらうどん アップ

ゴーヤ。

綺麗なお姉さんも好きだけれど、
イボイボのゴーヤも、綺麗なお姉さんと同等に好きな私は、歓喜した、心の中で。

<衣・・・サクサク・・・!ゴーヤ・・・シュリシュリ・・・!
苦いゴーヤ・・・その影響で甘く感じられる衣の全速強襲っ・・・!!>

三宅先生、参りました。

秒速参ったセンチメートルである。

麺房三宅 冷やし天ぷらうどん 麺アップ

三宅の麺、若干に不揃いで、
突き抜けて独創的。

噛めば瞬時に魅せる・・・恐るべき感度・・・!
反応性・・・!

プリッッッ・・・プリッッッ・・・!
してやがるっ・・・!!

<歯が接触した瞬間に・・・プリッ・・・!噛み込んだら・・・クニュリプルンッ・・・!クニュリのちプルンッと来て・・・!最後・・・噛み切る一瞬に・・・またクニュリっ・・・!>

「プリッッッ・・・!クニュリ・・・!
プルンッッッッ・・・クニュリ・・・!」

このアルデンテ・・・!
三宅デンテっ・・・!

「表面が柔らかくて、中心が固い」
そういう通常のアルデンテの常識が通用しないような、独特の食感。

麺房三宅 冷やし天ぷらうどん ぶっかけ出汁アップ

ズンッ・・・!

スキーリッッッ・・・!
スッキリッッッ・・・!

ブッかかってんだよっ・・・!!!!

麺房三宅 かき揚げうどん(中盛)

『かき揚げうどん(中盛)』

<かき揚げが想像とは違うだろう・・・!もっとも俺は・・・三宅先生がこのパターンで攻めてくる事は・・・!重々承知していたがねっ・・・!>

『とがの藤家』で「やさい天うどん」を注文すると、一般的には「かき揚げ」という名で認知される物が乗ったうどんが来るけれど、『三宅』は、逆パターン攻撃だ。

食べ終えて、店前の駐車場。

一台出ては、また一台入ってくる車たちに、改めて三宅の人気ぶりを感じながら、住宅街を後にした。

麺房三宅

◆ 麺房 三宅(高知市伊勢崎町)
営業時間 11時~16時
定休日 水曜日
営業形態 一般店
駐車場 12台(店の向かい側)

(冷やし天ぷらうどん740円、かき揚げうどん630円、
冷やし牛玉ぶっかけ710円、肉うどん630円、大盛150円増、中盛80円増)
『麺房三宅』の場所はココっ・・・!

押して頂けると励みになります!

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。高知のグルメ情報はブログとTwitterに全部盛り。大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。うどん/ラーメン/カフェ/本職の農業は生姜一本で稼いでます。>>詳細ページへ

周辺のお店

手打ちうどん「たも屋」高知全店完全攻略ガイド

うどんの本場・讃岐発のセルフうどん店「たも屋」。 安い 早い うまい 三拍子そろった和製ファストフード店で、うどん好きとして世界的に知られる私、竜一もよく利用させていただくお店である。 高知にも6店舗が存在し、さすがに「たも屋」を知らないというかたは少ないはずだが、 たも屋のセルフシステムがよくわからない。 入ったことがないから、なんか恐い。 恐いって、食べられやしないよ。 いいや、食べられそう。 すでに半分食べられている。 そういう声も耳にするのはたしかである。 そこで今回は、世界でも有数の"たも屋フリ ...

朝8時から営業!高知の「たも屋」でモーニングうどん!

二日酔いの朝!飲みたくなる! うどんの出汁!お出汁がっ……! 朝8時。ほかの『たも屋』よりも、やわらかめ、喉越しの良い麺がいただける『たも屋 大津バイパス店』。 たも屋で「月見うどん」を食べる方法。  「ああ!二日酔いの朝は『月見うどん』が食べたい!『月見うどん』を食べないと、この二日酔いは絶対に治らないよ!!!」 メニューに「月見うどん」はない『たも屋』。だがある技を駆使すれば、簡単に「月見うどん」を食べることができる。 ▲ 奥義1:注文カウンターにて「かけ」と発声して、「かけうどん」を注文する。 ▲ ...

つちばし吉右衛門の外観

「つちばし」高知・帯屋町!中央公園すぐそばにある蕎麦の老舗屋さん

高知市帯屋町の老舗蕎麦屋 つちばし 吉右衛門 のメニューと蕎麦をご紹介。蕎麦はもちろん、丼ものもおいしい蕎麦屋さんです。所在地/高知市帯屋町1丁目5-4 営業時間/10:00〜21:00 定休日/無 駐車場/無

【高知】そば処「唯」高知市・上町にある、おいしいお蕎麦屋の人気店

<蕎麦か…吉野家の蕎麦もそうだし…蕎麦自体…俺あんまり食べたことないな…> イオンモール高知のフードコートで、うどんを食べながら、蕎麦のことを考えていた。 <そういえば…このあいだラストチャンスで飲んでるときに常連さんと蕎麦の話になって…オススメの蕎麦屋さん…教えてもらったんだった…> 私は人に薦めていただいた店というのは酔っていてもわりと覚えていて、大抵、後日実際に出向く。 食べることぐらいしか、楽しみがないのでね…! 『そば処 唯』 その屋号、きっと高知蕎麦界の中でも有名。 <お噂は兼ねがね……> 初 ...

【閉店】そば処 吉野家 イオンモール高知店

そば処 吉野家 イオンモール高知店は閉店されました。 台所でコスプレをしていると、いきなり輪投げがしたくなった。輪投げには輪が必要だ。 おわかりいただけるだろうか。 輪を買わなければならない。 しかしいったいどんな輪があるのかわからないので、私は高知一のホットスポット『イオンモール高知』で輪を物色することにした。 <黄色いのがいい…輪投げの輪…黄色いのがいいっ…!> 輪を置いていそうな店をバシバシ見学して広いモール内を歩き回っていると、お腹が空いてきた。 行こう……! 俺たちのフードコートへっ…!! 『そ ...

そばと酒 湖月

そろそろ日付けが変わろうかというとき。体内から湧き上がるウィスキーの香りを漂わせて、夜の高知市繁華街を歩く。 <小腹が空いた………> 散々、飲み食いしてきたにも関わらず、若干お腹が空いていた。本来ならば、この局面で何かを食べてはいけない。 いっぱい食べると大きくなってしまう。 しかし酔っている。酔っているから自制が効かない。 高知の呑兵衛にはお馴染み、55番街の南入口に差しかかったとき、足を止めた。 <湖月……!聞いたことがある蕎麦屋さんだ……!> 入ってみようかと、迷った。 <蕎麦……たまにはいいな…… ...

そばと酒 湖月 思い出せないよ

(湖月の蕎麦。酔っていてメニュー名記録漏れ…。もっと詳細な湖月体験記?はコチラ!)

蕎麦茶屋 なべしま 鳥南ばん

BAR『ラストチャンス』で目の焦点が合わなくなるほど飲んで、高知市中心部の飲み屋街を歩いていた。 空は真っ暗だけれど、街は明るい。通りに並ぶ飲み屋のネオンが朱色に輝いていた。熟れ始めのイチゴみたいな色だった。 <蕎麦で締めよう……> 普段、飲んだときはうどんかラーメンで締めるのに、このときだけそう思ったのは『ラストチャンス』で常連さんに『唯』という蕎麦屋を薦めてもらったのがきっかけだった。 <あの蕎麦屋…まだ開いてるよね…!>何度か店先を通ったことがある店だった。 『蕎麦茶屋 なべしま』 店の戸を開けると ...

月曜9時の恋人が行く 「そばと酒 湖月」

(今回、完全なノンフィクションではありません。元々自分が書いた文章を誰かに読んでもらいたいということから始めたブログなので、あしからず!) 収録を終えると、ディレクターが満面の笑みで駆け寄ってきた。 「今夜もよかったですよ!ご常連との絡み!最高でした!あの軽妙なやり取りは、他のタレントじゃできませんからね!」 そうだろう。そうだろう。この仕事は酒場の流儀を知り尽くした私だからこそできる仕事なのだ。 「深入りしすぎず、かといって浅すぎず、間合いがまた絶妙なんですよね!」 ひとしきり褒めちぎって、「お疲れ様で ...

蕎麦茶屋 なべしま カレー南ばん

私の心みたいに温かいカレー。 アルコールでやられた胃に優しく落ちる。 <イイッ…井伊なおすけ!全開っ…!> スパイスガールズみたいにスパイシーなカレーの香りが鼻に抜ける。 『唯』に行った数ヶ月後。 私はまた酔って『蕎麦茶屋なべしま』にいた。 <前回が鳥南ばんだったから…南ばん繋がりで…今回はカレー南ばんにしよう…> セカンド南ばん、襲来。 やっぱりご飯付き。 黄色い。黄色い。黄色いよ。 カレーうどんもイイッけれど、カレー蕎麦もイイッ! <酒飲んだあとにカレーってわりと合うな…口の中のアルコール分がかき消さ ...

つけSOBA GOKU-TUBUSHI -ゴクツブシ-

新しい蕎麦屋ができたと聞いた。これまで高知になかったような蕎麦を出す店だという。 <桟橋のサンプラザの裏……> 高級な軽自動車のハンドルを握り、電車通りから西側へ回り込む。 はつけん! 『つけSOBA GOKU-TUBUSHI -ゴクツブシ-』という強そうな名前のその店は、閑静な住宅街の一角にあった。 店の脇に、一台分のみある駐車場が空いている。 <三年分くらいの運をこれで使ってしまった気もするが…ラッキー!> だが同時に不安の波が心に押し寄せる。 <大丈夫かな…俺……>初めての店に一人で入店。初めてのデ ...

アクセスランキング★TOP5

1 帯屋コッペ くまPANコッペパン フィレオフィッシュ

【高知】「帯屋コッペ」くまのPAN屋のコッペパン専門店がオープン

コッペ……コッペ…… コッペパン………。 突然ですが、問題です。 あなたは「コッペパン」と聞いて、何を思い浮かべますか? 竜一「帯屋コッペ」をご紹介します! コッペパンとは? そもそもコッペパンとは、なんでしょうか? 竜一本気のコッペパンを食べる前に、本気の勉強をしておきたい! Wikipediaによると、コッペパンの定義はこちら! コッペパンとは、紡錘形で片手で持てる大きさの底の平たいパンである。 形状はフランスの「coupé(e)(クッペ)」パンや、アメリカ合衆国などで見られるホットドッグバンズ(英: ...

2 大きな草と草刈機

草刈機(刈払機)の使い方!草刈機の使用方法を現役農家が徹底解説!

草刈機(刈払機)の使い方を現役農家の竜一がご紹介。プロが教える草刈機の使用方法。エンジンのかけ方、エンジンがかからない場合の対処法、草の刈り方について解説しています。

3 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

4 畑の食堂Copanのビュッフェランチ

畑の食堂Copan(コパン)高知/南国市・ながおか温泉の隣にオープン

高知県南国市にある「ながおか温泉」。 その隣に、地元の野菜を活かした料理が食べられるお店「畑の食堂Copan(コパン)」がオープン! 野菜をたくさん食べたい! 栄養がほしい! ビタミンがほしい! 大地の恵みを我にっ……!! そんなかたに打って付けのお店となっています。 竜一あけぼの街道沿いにある、産直所「なの市」と同じ敷地内で、以前「なのカフェ」が営業されていた跡地です。 駐車場は、ながおか温泉側につき注意! 産直所「なの市」 「畑の食堂Copan」の出入口は産直所「なの市」側を向いているが、 駐車場は「 ...

5 晩酌家つるじろ外観

晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】

晩酌家つるじろ(画像はオープン前に撮影しています) 2018年5月28日! 晩酌家つるじろ! 高知市にオープン! 当記事公開日である、本日5月28日(月)にオープンした居酒屋の新店「晩酌家つるじろ」。 居酒屋は居酒屋でも、ただの居酒屋ではない。 料理がおいしい! 店内がおしゃれ! 座敷あり! 掘りごたつあり! 子連れで行ける! カップルで行ける! 接待で行ける! 一人でも居心地がいい! マスターがイケメン! マスターが面白い! おすすめポイントをパッと上げても2,000個くらいすぐに思いつく、とんでもない ...

最新記事

レストラン四季のランチ

【高知】香南市(野市/香我美/夜須)ランチがおいしいおすすめの店9選

高知県香南市(野市町/赤岡町/夜須町)でランチを食べるのにおすすめのお店を「カフェ・レストラン」「ラーメン・中華料理」「うどん」とジャンル別にわけてご紹介。 香南市ランチの参考にしていただけると嬉しいです。 各店の「詳細記事」をクリックすると、詳細レポートをご覧いただけます。

【香南市】野市町のうどん「田吾作」で食べる、うどん屋のラーメン

 

高知カフェリスト

【高知カフェリスト】高知のカフェ&レストラン&食堂/店舗情報一覧

高知のカフェ、レストラン、食堂の営業情報(所在地・営業時間・定休日)をまとめてリスト化しました。店名をクリックするとそれぞれのお店の詳細情報が見られます。高知の地元民にして大量の飲食店を食べ歩く、生姜農家の竜一がまとめた信頼性の高い情報です。

食 蔵一!高知・香南市!おいしいランチは品数豊富でコスパ高い!

高知県香南市赤岡町にある穴場の飲食店「食 蔵一」のランチをご紹介。メインの料理に小鉢がたくさんが付いた満足度の高いランチがいただけます。所在地/高知県香南市赤岡町本町744−1 営業時間/11:30~14:00、18:00~23:00 定休日/土、日、月曜日

自由軒大津店 味噌チャーシュー麺 天津飯 ミニラーメン 半チャーハン

【高知】「自由軒」地元のラーメン好きが選ぶ、おすすめメニュー!

高知の老舗ラーメン屋さん「自由軒」おすすめメニューをランキングでご紹介。高知地元民で子どもの頃から自由軒に通う自由軒ファンがおすすめするメニューの一覧です。

高知の老舗ラーメン「自由軒」大津店「塩ラーメン」

最近のラーメンが好きだ。"昔ながらの中華そば"といった様相のラーメンも嫌いではないが、どちらかといえば、スープに脂が浮いてギトギトになっているような、○○系なんて呼ばれるラーメンが好きだ。 高知で"昔ながらの中華そば"といえば、『豚太郎』と『旭軒』、そして『自由軒』だろう。 中でも大津バイパス沿いにある『自由軒大津店』は、いつも広い駐車場が満車になっていて、それを横目に見るたびに「自由軒ってそこまで美味しいか?」と疑念を抱いていた。 高知で生まれ育った私は、昔はよく『自由軒』に行っていたけれど、近年は他の ...

自由軒 越知町本店の味噌カツラーメン

自由軒 本店(高知/越知町)「味噌カツラーメン」がおいしい人気店

ここは本当に高知か……! 南国土佐なのか……! 2018年2月。高知県高岡郡越知町は雪に包まれていた……。 高知では超有名なラーメンの名店『自由軒』。その本店を目指す。 道に積もる雪はどんどんとその量を増すが、融雪剤が撒かれているおかげで走行に支障はない。 そして自由軒まであと少し。間もなく到着というタイミング……。 「この先チェーン規制になってまして……」 雪道に立っていたガードマンに呼び止められる。タイヤを見た。「ノーマルタイヤですか」 自由軒直前でのチェーン規制。 終わった。 名店とのあいだにあるハ ...

自由軒大津店 味噌チャーシュー麺 天津飯 ミニラーメン 半チャーハン

【高知】「自由軒」大津店のチャーシュー麺と天津飯は大ボリューム!

高知県高知市大津のラーメン店「自由軒 大津店」のメニューとデカ盛の天津飯、チャーシュー麺をご紹介。大ボリュームの天津飯!大食漢のかたにおすすめです。所在地/高知県高知市大津乙101-4 営業時間/【日曜以外】11:00~14:30 (L.O.14:30)、17:00~21:00 【日曜のみ】11:00〜21:00 定休日/月曜日、第2火曜日

香南市野市町 カフェ ほのまるアートギャラリー ランチ

【高知】香南市野市町「ほのまる」アートでおしゃれなカフェランチ

高知県香南市野市町のカフェ「ほのまる」のメニューとランチをご紹介。ギャラリーを併設する、物部川のほとりのおしゃれカフェです。所在地/高知県香南市野市町西野1444 営業時間/11:00~17:00 定休日/第1・第3・第5・水曜日、毎週木曜日

手打ちうどん「たも屋」高知全店完全攻略ガイド

うどんの本場・讃岐発のセルフうどん店「たも屋」。 安い 早い うまい 三拍子そろった和製ファストフード店で、うどん好きとして世界的に知られる私、竜一もよく利用させていただくお店である。 高知にも6店舗が存在し、さすがに「たも屋」を知らないというかたは少ないはずだが、 たも屋のセルフシステムがよくわからない。 入ったことがないから、なんか恐い。 恐いって、食べられやしないよ。 いいや、食べられそう。 すでに半分食べられている。 そういう声も耳にするのはたしかである。 そこで今回は、世界でも有数の"たも屋フリ ...

高知うどん全店一覧データ

【高知うどんリスト】高知のうどん&蕎麦屋さん/店舗情報一覧

高知県に存在するうどん屋さんと蕎麦屋さん、全店の営業情報をリスト化しました。高知のうどん屋さん、蕎麦屋さん、全店の所在地、営業時間、定休日の情報を地域別に一覧で見られます。さらに店名をクリックすると各店の詳細情報を確認できます。

-高知市うどん・そば

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.