うどん食堂 ちっ子亭

うどんの情報は、ほとんどインターネットのみで仕入れているが、
某・裏麺師さんが出ているということで買った、地元タウン情報誌「ほっとこうち6月号」
その“うどん特集”を読んでいて目に留まった一杯に、血が沸いた。

<タマゴにエビ・・・!
こんな仕様のうどん・・・食べたことがない・・・!>

食べたことがないから、食べたい。

自分がパエリアを食べたことがないから・・・!
というだけで、オフ会にて「パエリアコース」を発注したときと同じ気持ちだった。

<えび玉うどんというのか・・・!
おぉぉ・・・それも”ちっ子亭”・・・!
・・・去年一度行ったっきりだな・・・!>

こういうときは行動が早い。
数日後には、所有する高級な軽自動車のハンドルを握って、
高知市、天王ニュータウンにある、ちっ子亭へ向かっていた。

<クスクス・・・!
待っててね・・・!ちっ子ちゃん・・・!>

いまボクが食べてあげるからね・・・。
(超低い声)

うどん食堂 ちっ子亭

『うどん食堂 ちっ子亭』

店の前に車を停めて、コンクリートの地面を踏みしめた。
数ヶ月ぶりだったけれど、数ヶ月ぶりという感じがしなかった。

3日ぐらい前に来たような、妙な感覚がしたのは、
たぶん土佐市や佐川、四万十方面など、いわゆる“西攻め”をする際に、
この店の様子を確認するため、意図的に前を通るようにしていたからかもしれない。

半セルフ。
入って真っ直ぐレジのほうへ向かって、先に注文。

「えび玉うどんとぉ・・・!
・・・!デミグラスうどん・・・!」

デミグラスっ・・・!!

この局面・・・勝負・・・!
変り種・・・両サイドアタックっ・・・!

<前回が・・・!かけと醤油・・・!
極めてシンプルな攻撃だったからこそ・・・今回は曲げてやったさっ・・・!>

注文を受けた女将さん(?)も、その奥の厨房にいる大将も、
このオーダーには驚いただろうな、と思った。

<デミグラスうどんのオーダーはあまり出ないだろう・・・!
出ないからビックリだろう・・・!えび玉ならまだしもだ・・・!>

デミグラスだぜ・・・!デミグラスっ・・・!

<並みのうどん馬鹿はまず注文しない・・・!
真正の馬鹿じゃなきゃっ・・・!!>

やんやーーーん・・・!
出ちゃいましたよ、デミグラスーーー!!

しかし女将さん動じず。いたって冷静に注文を通す。
大将も軽く流している。

<あれっ・・・おかしい・・・!
珍しく出たデミグラス発注に・・・!
店側動揺の光景が・・・俺の中に浮かんでいたのに・・・!>

世の中そんなものか・・・と椅子に腰を下ろして、
うどんの出来上がりを大人しく待つ。

お昼時が近付いて、徐々に客が増えていく店内。

まだまだ一見さんが多いのか、
半セルフのシステムを理解してなくて、
戸惑っている人の姿も見受けられる。

しばらくして、まずは「ほっとこうち」で見た、ねんがんの一杯、光臨。

ちっ子亭 えび玉うどん

『えび玉うどん』

ちっ子亭 えび玉うどん アップ

出汁に溶かれしタマゴ。
その黄色がかった泉に白い麺が沈み、
上にエビ天が一本、ドン!鎮座・・・!

ちっ子亭 えび玉うどん 麺アップ

相変わらず、少し太めに感じる麺。
それを噛み締めたのちに、エビ天モグモグ。

<ふぉっ・・・きたぁっ・・・!
ブリンブリンエビの大胆ショットっ・・・!>

なぜ、これほどまでに、
うどんにエビ天が合うのか、だ。

それから再度、麺を食べて、
シコシコを噛み締めて・・・次順、出汁・・・ゴクゴク。

<ごぎゅっ・・・ふぉっ・・・!
ぬぬ・・・”出汁”と言うよりも・・・よもやこれは”スープ”だな・・・!
タマゴスープ・・・そう・・・タマゴスープを、少しだけうどん寄りにしたみたいな雰囲気・・・!>

うどんを食べているようで、
うどんではないものを食べているような、不思議な感覚。

これが、えび玉の世界っ・・・!

ちっ子亭 デミグラスうどん

『デミグラスうどん』

<これが去年初めて訪ねたときから気になっていた、未曾有のアグレッシブうどん・・・!
片時も忘れたことなどなかったさ・・・!お前を喰わずに死ねるかとさえ思っていた・・・!>

中央に生卵。
その周囲に天カスと肉が座り、
ネギが散りばめられた光景は、まるで銀河。

銀河系うどんっ・・・!

<高知県内各所にいくつかある銀河系うどん・・・!
それに仲間入り・・・つまりキミは今日から銀河系軍団さっ・・・!>

デミグラスソースの味が強いことから、
どうしても麺の味が消されがちではあるけれど、
それでも噛めば、小麦の香りがデミグラスの密林を掻き分けるように、獰猛に主張してくる・・・!

さらに生卵を絡ませながら食べると、
全体的にまろやかになって、優しくなる。

<まるで洋食を食べているみたいだ・・・!
なんだか楽しい・・・!うどんは・・・こうもなれるのか・・・!>

二度目の「ちっ子亭」で、いわゆる“亜種系”二種。
それを食べて開けた、新たなるうどんの世界・・・新世界。

宇宙みたいに無限に広がる世界に飲み込まれながら、私はうどんを食べている。

うどん食堂 ちっ子亭

◆ うどん食堂 ちっ子亭
(高知県吾川郡いの町天王北3丁目1-12)
営業時間/10時30~14時30分
定休日/月曜・火曜・祝日
営業形態/半セルフ(注文→支払→席で待機→うどん運ばれて来る→食べたら帰って良し)
駐車場/4台

(えび玉うどん550円、デミグラスうどん800円、しょうゆ300円、かけ230円、大100円増、かき揚げ70円など)
『うどん食堂ちっ子亭』の場所はココ・・・!

押して頂けると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: cc9f4328e026878631d31720239402d3
    デミグラ・・・・なかなか面白そうですね。
    自分は昨日TVでヒントを得て新しいうどんソースを
    したためており、27日に某所で試作デビューをと
    画策しています。(没になる可能性もあり)

  2. By 某 裏も表もかくれんぼみお(真似てみたかった)←なげーよ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    デミグラスデビュー おめでとうございます。『君の笑顔が 勇気になる』←ドラえもんのキャッチコピーをまねて
    『君の勇気が、新ニュー産む』
    ソウルフうどんの記事は 魂の叫びを感じます。
    竜一先生は、やっぱり すごいです(≧∇≦)

  3. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    デミグラスうどんは・・・「主張の強いデミグラスソースに麺が負けないように、いかに協調させられるか!」
    という辺りが、重要な雰囲気ですねー。
    単純に麺の良し悪し、強さ弱さじゃなくて、ソースに合わせられるか否かという部分が勝負どころな気がしました。
    まぁ、こんな風に評論家みたいなことを言いながら、何もわかってない人が私ですけど・・・。(笑

    文中にも書きましたけど、洋食みたいな感じで、欧米か!なので、
    某・山雀さんのHPにある「釜ボナーラ」で使用されているような、
    平打ち麺も合いそうな感じがしました。(^ω^)

    新しいうどんソース・・・どんなのなんだろう・・・!

    考えてみれば、私、創作うどん・・・好きですけど、
    山雀さんの創作うどんって食べたことがないですからね!
    たーべーてーみーたーいー。(笑

  4. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    ありがとうございます!いやぁ、デミグラスデビュー!
    緊張や不安もありましたが、なんとか乗り切ることができました!

    実は先生・・・昨日がああだったので、ちょっと頑張りました・・・(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS: 4fff3aade8cc090a2f1955fdb91fa29f
    やっと出たー!ちっこ亭デミグラスうどんのお姿
    なかなか食べにいけないので、せめて写真だけでも…と待っておりました
    えび玉うどんも大概独創的なのに、デミグラスと並べると普通に見えるっていう(^^;

    某・裏麺師とは山雀さんのことだったのかー(棒
    私も幻の創作うどん、食べてみたいー

  6. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    デミグラスうどんの姿は、だいぶ前から捉えていたんですけど、
    タイミングを逃し続けて、なかなかアップできませんでしたぁー!

    一応、えび玉目当てで行ったんですけど、
    おおむねデミグラスに主役を奪われちゃった雰囲気はありますね・・・。

    Σ(゚д゚) エッ!? 裏麺師さんって、山雀さんのことだったんですか!?
    幻の創作うどん、食べてみたいですよ(*´・д・)(・д・`*)ネー

コメント投稿

*

Return Top