高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

蕎麦茶屋 なべしま カレー南ばん

投稿日:2014.02.28 更新日:

私の心みたいに温かいカレー。
アルコールでやられた胃に優しく落ちる。

<イイッ…井伊なおすけ!全開っ…!>
スパイスガールズみたいにスパイシーなカレーの香りが鼻に抜ける。

『唯』に行った数ヶ月後。
私はまた酔って『蕎麦茶屋なべしま』にいた。

<前回が鳥南ばんだったから…南ばん繋がりで…今回はカレー南ばんにしよう…>

セカンド南ばん、襲来。

やっぱりご飯付き。

黄色い。黄色い。黄色いよ。

カレーうどんもイイッけれど、カレー蕎麦もイイッ!
<酒飲んだあとにカレーってわりと合うな…口の中のアルコール分がかき消されるっ…!>

そのとき謎の物体、発見。

黄色い。黄色い。黄色いよ。

<いったいこれはなんだろう…でっかいみかん…>

でっかいおっぱいみたいだ。

黄色い爆乳を見つめながら、蕎麦を食べる。
カレーが服に飛び散らないように、慎重に食べる。

酔っていると、ついつい勢いよく食べてしまい、翌朝気が付いたら服に黄色い点々が付きまくっているパティーンがあるから要注意だ。

麺をあらかた片付けて、カレーつゆを飲む。
温かなカレーが全身に行き渡っていく。

全身がほっかほっか亭。

帰りに、黄色いでっかいみかんのことを店のオバちゃんに訊いてみた。
農家として気になったのだ。

するとオバちゃんは額に手を当て苦笑して「んーなんだっけ!思い出せない…」と言った。

<それならまぁいいや…俺も絶対知りたいわけじゃない…>

店を出て数メートル歩いたとき、背後から声がした。
振り返ると、さっきのオバちゃんが中から走り出てきた。

どうやらオバちゃんは、黄色いでっかいみかんの名称を、他の店員さんにわざわざ訊いてくれたようだった。

<なんていい人なんだ…!>

ありがたい。
感謝感激。教えてもらった名称をその場ですぐにiPhone内のメモに入力した。

しかし後日、酔ってiPhoneを紛失してしまい、黄色いでっかいみかんの名称は永遠の謎となってしまった。たしか宮崎かどこかのみかんで、お客さんから貰ったと仰っていた。

◆ 蕎麦茶屋 なべしま
(高知県高知市帯屋町1-8-15)
営業時間/18:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日/日曜日
駐車場/無

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.