「とさの家」高知唯一の横浜家系ラーメンは、二日酔いでも美味しい

投稿日:2015.02.28 更新日:

うう……!
ううっ……!

唸りながら
高知市中心部のアーケード街を歩く。

とさの家3

『横浜家系ラーメン
とさの家(とさのや)』

体調が悪い。

すぐそこの『はりまや橋』まで、
嫁に車で送ってもらった。

自力では来られない。
むしろ来てはいけない次元だった。

これは………!
おそらく………!

二日酔いだ!!

癒して欲しい……!

俺を………!

横浜の風で………!

癒して欲しい…!!

『とさの家』は食券制。
入口を入ってすぐにある
券売機で食券を買おうとする。

すると、そのとき………!

「ビーッッッ!
ビーッ!ビーッッ…!!」

けたたましく
鳴り始める券売機…!

いったい、どうしたというのだろう。

常人ならば、
慌てふためく局面。

だが竜一、慌てない。

気持ちが悪くて……!
気持ちが悪くて………!

慌てようにも慌てられない……!
むしろ慌てたら出てくる………!

ナニカがっ…!

店内に響くアラーム。

ずっと鳴っている。

ずっとずっと鳴っている。

朦朧とする意識の中で
カウンターのほうを見る。

「少々お待ちください」
と店主が苦笑して言う。

どうやら券売機に
お金が詰まってしまったようだ。

程なくして
メカニカルトラブルは解消され、
カウンター席に腰掛ける。

店のお姉さんに食券を渡す。

頭がクラクラする。
声を絞り出して注文した。

「麺…固めで…」

本当は一緒に
ご飯を頼んでこその
家系だと聞いた。

しかし今日は無理。
ラーメンしか食べられない…。

とさの家1

『ラーメン』

ゆっくり。
ゆっくり食べる。

弾力のある麺。
複雑な香りのするスープ。

とさの家2

ボタッ……!
ボタッ………!

胃に落ちるっ…!

うおぉぉぉ……!

効くっ……!
脂が…沁みてくるっ…!!

酷い二日酔いに
脂たっぷりの家系ラーメン。

これがイイッ…!

パワーがみなぎってくるぜっ…!

おかげで二日酔いが治り……
はしないが、少しマシになった…気がした。

↓ 応援クリックお願いします(>_<)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のラーメン

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.