【高知】おいしい魚料理が食べられる、おすすめ居酒屋1選!

投稿日:2017.01.06 更新日:

あ、ありがてぇっ・・・!
涙が出る・・・!

英屋・居酒屋・高知市・海鮮87

牡蠣が染みこんできやがる・・・!

体にっ・・・!

(あれもこれもと出しません・・・!)

いくぞっ・・・!
渾身の一打・・・!

高知で美味しい魚料理が食べられる、おすすめ居酒屋、1選・・・!

高知で美味しい魚が食べられる居酒屋1選!美食酒房「英屋」!

英屋・高知市・居酒屋・海鮮20

美食酒房 英屋・・・!
気さくな大将、可愛い(*大事なところは強調文で)娘さんとお母さんが営まれる、家族経営のお店・・・!

初めて訪れた際には、料理の美味しさや、店の方々の温かい雰囲気に感極まり、ブログに1週間連続で英屋の記事を書いてしまった竜一。

美味しい魚が食べられる高知の居酒屋は、と問われて、即座に浮かぶのは英屋・・・!」

英屋しかないっ・・・!

英屋・居酒屋・高知市・海鮮80

生レモン、香るハイボールで始まる、英屋の夜・・・!

英屋のメニュー(一例)

その日ごとに「おすすめメニュー」がある英屋。魚介類が多いが、肉料理もある。

スポンサーリンク

英屋のありがたい「お通し(つきだし)」

英屋はお通しから、うまい・・・!

「お通しさえあれば、日本酒3合はいける!ほかのものを頼む必要さえない・・・」

そんな身も蓋もない思いも頭をよぎる中、娘さん・・・!
「お料理、何にされます・・・?」

聞かれると食べる!食べる・・・!
「んんん・・・ぽぽぽ、ポテトサラダで・・・!」

英屋は、小鉢も美味しい

英屋・居酒屋・高知市・海鮮82

すぐさま出てくる「ポテトサラダ」・・・!
「羽毛布団みたいにふんわりした舌触り!噛まずとも溶けていく・・・!」

思春期の甘い恋のように・・・!

居酒屋「英屋」の魚料理

「魚屋より、魚がうまい・・・」
そう竜一がわけのわからないことを口走るほど、魚の鮮度に定評のある『英屋』・・・!

本域は魚料理・・・!

金目鯛の刺身(キンメダイ)

英屋・居酒屋・高知市・海鮮83

高知県東部の室戸沖や、西部の土佐清水沖でとれる美しい朱色の深海魚!「鯛」と名が付くが鯛の仲間ではない・・・!

キンメダイ目キンメダイ科の魚で・・・
金目鯛は、金目鯛なのである・・・!

英屋・高知市・居酒屋・海鮮24

あ、甘いっ!溶ける・・・!
これまた思春期
・・・!

ポテトサラダ同様に、口の中で溶けおおすっ・・・!

「俺・・・わかったんだ・・・!」

美味しいものは大体溶ける・・・!

さらに・・・!

清水サバの刺身

「こ、これは・・・!」

普通のサバではない・・・!
正月の餅よりもモチモチした身の弾力・・・!

圧倒的!土佐清水・・・!

噛めば中からあふれてくる・・・!

清水がドバドバあふれてくる・・・!

カツオのタタキ

高知といえば、やはりタタキ・・・!
叩いてなんぼの高知県・・・!

英屋のメニューにも「カツオのタタキ」があり、食べ方を「タレ」と「塩」から選べる。「刺身」の状態で注文することも可能。

刺身盛り合わせ

英屋の鮮魚が揃う「刺身の盛り合わせ」。

メジカの新子

メジカとはソウダガツオのことで、夏から初秋にかけて食べられる。がっ、鮮度が落ちやすく、高知でも須崎市や中土佐町など新鮮なメジカが手に入る場所でのみ食べることができる。

このとき9月中旬。新子を食べるにはギリギリのタイミング。刺身の盛り合わせに入っていたのは幸運。

「滑らかな舌触り!モッチリとした歯応え・・・!」

メジカの新子!うまし・・・!

希少なメジカの新子に、嬉々とする竜一。
「テンション!マキシマムザホルモン・・・!」

タラの白子・天ぷら

刺身だけでなく、揚げものも美味しい『英屋』。

揚げたての「タラの白子天ぷら」。
塩を付けて食べると、熱い油が旨味と共に染み出してくる・・・!

もはや噛む必要なし・・・!
「ふんわりとろける!白子さん・・・!」

生ダコの唐揚げ

タコも普通ではない。
英屋で料理されると、タコがアルデンテを生み出す・・・!

「外側はやわらかく、中はシッカリと強い・・・!」

コシのあるタコ・・・!
ほとんど、うどん・・・!

うちわ海老の唐揚げ

英屋・居酒屋・高知市・海鮮84

宴会コースにもよく入っている、英屋のおそらくは看板メニューの一つ。
「身はふっくら!殻はパリッパリッ・・・!」

この「うちわエビの唐揚げ」が、また焼酎に合う・・・!
「うぐっ!自然とガブガブ飲んでしまう・・・!」

カニっ・・・!

英屋・居酒屋・高知市・海鮮85

結婚記念日に出していただいた、カニ。

英屋・居酒屋・高知市・海鮮86

カニちゃん・・・!

「甲羅のところに味噌が!味噌があるっ・・・!」
カニミソ好きの竜一!感極まって言う・・・!

「しょ、焼酎おかわり・・・!」

真打ちは次順・・・!

圧倒的おすすめの「生牡蠣」

英屋・居酒屋・高知市・海鮮87

英屋の牡蠣・・・!

「初めて食べたときのことは、いまでも忘れられない…。あまりにも衝撃的で「これは本当に牡蠣なのか?」と疑ってしまった次元・・・!」

英屋・居酒屋・高知市・海鮮88

でかい・・・!
あまりにも大きな牡蠣・・・!

英屋・居酒屋・高知市・海鮮90

爪楊枝との比較・・・!
「爪楊枝はもはや海原の小舟・・・」

でかい・・・!
でかすぎる・・・!

規格外・・・!
いや規格貝(謎)・・・!

「この牡蠣の貝殻、3枚あれば作れる・・・!」

ビキニだって・・・!

英屋・居酒屋・高知市・海鮮89

食べればわかることだが、食べないとわからない、この牡蠣の魅力・・・!

いまこそ、ジョン・カビラ風に言おう・・!
「牡蠣が牡蠣とは思えないくらい・・・」

クリーミーなんですっ・・・!

英屋・高知市・居酒屋・海鮮32

牡蠣のことを、よく「海のミルク」なんて言うが・・・

口当たりが・・・

本当にミルクなんですっ・・・!
「牡蠣が好きな人には、是非おすすめしたい・・・!」

英屋の牡蠣は、ある意味、牡蠣ではない・・・!

「とくに夏場の英屋の牡蠣が美味しい!俺はいつも英屋の牡蠣のことを心の中でこう呼んでいるんだ・・・」

異常な牡蠣と・・・。  

高知名物「ウツボの唐揚げ」

「海のギャング」なんて呼ばれる「ウツボ」。
コワモテな見た目とは裏腹に、食べると上品。

「思わずオホホなんて、上品に笑ってしまう。オホホ・・・!」

英屋は、肉料理も美味しい

魚、それだけじゃない英屋・・・!

土佐黒毛和牛のステーキ

赤身がうまい褐毛(あかげ)に対して、脂がうまい黒毛・・・!
「褐毛には褐毛のよさが!黒毛には黒毛のよさがある・・・!」

英屋は宴会コースも魅力的

海鮮ちらし

刺身盛り合わせ

 

金目鯛のあら炊き

 

* 宴会コースの詳細は下記リンク先にて ↓
(参考:高知の美味しい居酒屋!美食酒房「英屋(ひでや)」宴会コース【生姜農家の野望Online】
(参考:「美食酒房 英屋」の絶品牡蠣はもう牡蠣ではない!【生姜農家の野望Online】

美食酒房「英屋」の所在地、営業時間、定休日

所在地/高知県高知市廿代町4−9 メトロポリタンビル 1F(地図
営業時間/17:30~24:00(L.O.23:00)
定休日/日曜日(月曜祝日の場合は営業、翌日休み)
問い合わせ電話番号/088-871-2877
駐車場/無
一人行きやすさ/○ カウンター席有り
子連れ行きやすさ/○ 半個室風の小上がり有り(人気店ゆえ予約必須)

高知市の居酒屋情報はこちらから

2017/2/9

高知「ひろめ市場」おすすめのbar「サンクチュアリ」料理持込OK

高知の観光名所と化している、酒飲みのメッカ『ひろめ市場』。北側に「bar」がある。 竜一が本当に時々行く、見た目は温室!中身はbar・・・! その名は「名探偵サンクチュアリ」・・・! 酒飲みのメッカにある酒飲みの聖地「サンクチュアリ」(Sanctuary) 見た目は誰が見ても、温室 「怪しい植物を栽培してることはあっても、まさかここで酒が飲めるとは誰も思うまい・・・」 しかし一歩店に入ると、酒だらけ。 酒!酒!酒・・・! 世界中の酒が集められ、店内では毎晩・・・ 酒サミット開催中・・・! おしゃれなライト ...

2013/3/21

風船とわたし

ついに高知市にオープンした、韓国居酒屋「景福宮」! そこで飲みまくった農民は、国境を越えて酔っ払ってしまう! 次回こそ・・・!「出店した景福宮の中で」 お見逃しなく・・・!P.S. ボクには執筆時間が圧倒的に足りない・・・。 押していただけると励みになります!

2013/1/29

オプティミスタの前でッ!反り返るッッッ!

生姜農家の野望Online運営チームです。「対局!セルフうどん!3店行脚!」の途中ですが、昨夜、竜一さんに以下のような不具合を確認しました。 ▼不具合詳細・ 泥酔。 本日は時間が無いので、昨夜の一発芸をお送りします。かしこ。 イクぞぉぉぉー! イチッ! ニッ! サンッ! ジョジョ立ち! 以上、本日は高知市帯屋町、「バル・オプティミスタ」前からお送りしました。 ▼追記 ━━━2013年1月28日━━━「Bar Optimista」 付き出し マスター・ほっくんのLOVEが詰まっている。 押していただけると励 ...

2017/4/10

帯や町 商人(あきんど)!高知・帯屋町の居酒屋でランチ!

高知市帯屋町、おびさんロード沿いに最近オープンしたばかりの居酒屋『帯や町 商人(あきんど)』が、いつの間にか「ランチ」を始めていた……! 『土佐のおきゃく2017 ドリンクラリー』の合間に、『帯や町 商人』を訪れたことがあった竜一。しかし昼に来るのは初めて。 「いつからランチを始めていたんだろう……」 たまたま通りがかって入店。 「帯や町 商人」の店内。 おそらくは個室になった座敷もある模様だが、そのとき店内、ほぼ満席。唯一空いていたテーブル席に通される。ただこのテーブル席もまた個室。 子連れの竜一。 「 ...

2017/3/14

【高知】「華珍園(かちんえん)」本館!完全個室で飲み放題

ブログ「飲んだくれの果て」や「雑種って言うな!」の中の人(笑)を含めた十数名で、高知市の老舗中華料理店『華珍園 本館』にて宴会。 「華珍園」本館は、完全個室で宴会可能 中央にターンテーブルのある円卓。中国の雰囲気漂う食器やインテリアたち。 「完全個室ってのがいい。子連れで夜、お食事会みたいなことをするのにも向いていそう…」 華珍園の飲み放題コース 今回は、2時間5000円で飲み放題。 (*ほか、予算に応じて料理の内容などは変更可能とのことで、飲み会を主催する際は実店舗に問い合わせたい) スポンサーリンク ...

2017/6/9

美味しい洋食の店「スルラクセ」高知市で土佐あかうしの低温ロースト

高知市、帯屋町アーケード街の西側にある、リゾートダイニング『Se Relaxer(ス ルラクセ)』。 腕利きのオーナーシェフ山本さんが営む、高知県産の野菜や魚、お酒がいただける地産地消に力を入れるお店である。 「ムシマルさんと来て以来だなぁ……」 関連記事:ムシマルと(主に)高知街中うろうろ記「英屋~スルラクセ」 (現在、広島在住の高知が生んだ文豪・ムシマルさんのブログ:「ムシマルの(主に)高知うろうろ記2」) リゾートダイニング「ス ルラクセ」で高知の食材と酒に舌鼓。 1階に『金高堂書店(きんこうどう) ...

2013/1/9

bar LAST CHANCE ~ お食事・めん処 純平ちゃん

※ この記事は「新春!外飲みの旅!」シリーズのEP4です。『EP1を読む』 『EP2を読む』 『EP3を読む』 「そうですのにゃ!」「うー!にゃー!ですにゃー!」 などと語らいながら、穏やかにときが過ぎてゆく。 お母さんが開けたシャンパン。どさくさに紛れて、ご馳走になる。 <炭酸!弾けるぅぅぅッッ・・・!> そして・・・!毎度のオムレツ・・・! <トロトロ・・・!トロけるぅぅぅッッ・・・!> ウマウマー!悶絶の最中・・・! 入口のドアが開いた。 <うぉぉぉぉぉぉぉっ・・・!> 瞬間・・・!跳ね上がる心拍数 ...

2013/10/20

美味・美酒・ハシゴ酒

<いやぁ美味しかった!お腹も張った!>高知市帯屋町にある『cafe&bar LAST CHANCE(ラストチャンス)』のカウンターで、ウイスキーをロックで煽りながら回想していた。 鷹匠町の『草や』さんで、たらふく食べてきたあとだった。(そこでのエピソードは後日、感動巨編にて公開予定!) お腹はパンパンに張っていた。しかしいっぱい食べないと大きくなれない。 私はナニカ食べようと、マスターに声をかけた。マスターは最近の自信作、オススメのfoodがあると言った。 「じゃじゃじゃ・・・じゃあそれを!」と私は頼んだ ...

2017/1/17

個室あり!居酒屋「はまぐり水族館」高知!デート・子連れにおすすめ

完全個室あり・・・! 子連れも、カップルも行きやすい居酒屋・・・! はまぐり水族館(蛤水族館) カウンター席が並ぶ1階。生け簀(いけす)がある。 「おお・・・魚が泳いでいる・・・」 生きた魚に見とれていると、威勢の良い女性店員さん。 「お2階へどうぞ!」 「す、すいません・・・」 恐縮しつつ、案内されて上がった2階。 全席個室っ・・・!? はまぐり水族館は、完全個室あり 一見、完全個室だが、各部屋の上部は空いている。 「この仕切り方、どこかで見た形だと思えば、ネットカフェ…!コイツはいわゆる、ネカフェ方式 ...

2015/9/10

「美食酒房 英屋」の絶品牡蠣はもう牡蠣ではない!

「えっ!これホントに牡蠣(かき)?」食べた瞬間、動揺して何度も確認した。「え?これホントに牡蠣?」 『美食酒房 英屋(ひでや)』の牡蠣は只者ではない。それが出てきたのは8月最後の土曜日だった。 (店舗画像は一年以上前に撮影したものです。閉店間際に撮ったので照明が消えてます。すんません。このときはお腹は出てないけど、すでに顔が丸いです。差していた傘はどっかの飲み屋に忘れてきました) 何度目かの英屋さんだけれど、飲み放題コースは初めて。3時間、5500円のコースを予約してくれていた。 見つからないようにコッソ ...

2013/3/15

土佐のおきゃく2013! 飲んだくれサミット!

パスタは温泉にでも浸かるみたいに、温かいスープの中で、くつろいだ顔して湯気を上げていた。 ━━━3月9日(土)夜の高知市帯屋町アーケード街━━━ 「土佐のおきゃく2013」というイベントが開催されていた。 僕は一人で出かけたのだけれど、会場に着くと、すぐに何人かの知り合いに出会った。 ブログ「飲んだくれの果て」の"お母さん"こと、かえ♪さん! 「cafe & bar SHELTER」のマスター、堅田さん! 多数の人が詰め掛けて、特設のテーブル席は満席。 でも僕にテーブルはむしろ必要なかった。ちょうどよい高 ...

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-高知の居酒屋

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.