高知のジョイフルでランチ!鹿児島のご当地グルメ「鶏飯」を食べる!

投稿日:2017.04.04 更新日:

ジョイフルのメニュー。

九州!大分県発のファミレス『ジョイフル』で、いま…ご当地グルメが食べられるのをご存じでしょうか。

「ご当地グルメ?食べたい!すこぶる食べたい!」

早速、最寄りの『ジョイフル』へ向かった竜一。そこで驚愕の事実を知る。

なんと!ジョイフルは、いつでもモーニングが食べられるのだ。

「おはよう」から「おやすみ」まで、いつでもモーニングが食べられる『ジョイフル』。

「知らなかった。最近の『ジョイフル』、半端ないな……」

もはや「モーニング」の意味すらわからない。
「モーニングとは、いったい何なのだろう、と考えてしまう。まぁそれはそれで面白いのだが……」

価格は税抜390円~と、非常に安い。

しかも「ドリンクバー」まで付いている。

「作る手間を考えると、『ジョイフル』が近所にあるなら、毎日朝ごはんは『ジョイフル』でいいじゃん?って気になるな……」

安いからと、勢いで注文してしまう。

ひじきご飯と豚じゃぶのみぞれ煮朝食。

『ジョイフル』のモーニングメニュー最高額の「ひじきご飯と豚しゃぶのみぞれ煮朝食」。税抜590円。

たっぷり入った豚肉と野菜。
「みぞれ煮」なのに、なぜか"みぞれ"はあまり入っていない。

「『ジョイフル』面白いな……!」

温玉がのった、ひじきご飯。

「これで590円なら、満足度高い……」

そのとき竜一、我に返る。

「いかん!優雅にモーニングを食べている場合ではなかった!」

俺は……俺は……!
ご当地グルメを食べに『ジョイフル』に来たのだった!

スポンサーリンク

ジョイフルの「ご当地グルメフェア」を俺は体感する!

『ジョイフル』にて、食べられるご当地グルメは3種!

鹿児島!沖縄!トルコ!

トルコっ!?

「ご当地っていうか、海外……」
そう思ったが、調べると「トルコライス」は長崎県のご当地グルメである模様。

うーん。どうしよう。三択に迷う竜一。

「沖縄風そばって、要はソーキソバ、あるいは"ソーキソバっぽいヤツ"ってことだよな、たぶん。ソーキソバ…食べてみたいけれど、うーん……」

ガチで迷う。

どうやら俺は『ジョイフル』という「迷宮」に迷い込んだみたいだ……。

2年ほど迷った結果……。

鹿児島県代表?「鶏飯丼」に決めた!

「これが西郷どんも食べたかもしれない、鶏飯(けいはん)……!」

全国に店舗がある、ファミレス『ジョイフル』。
「高知にいても、東京にいても、愛知にいても、鹿児島のご当地グルメが食べられるってのがすごいな…。『ジョイフル』がフェアメニューとして出すだけで、鶏飯の知名度はかなり上がるだろう……」

鶏肉、シイタケ、錦糸卵などがのる、そんな状況下。

▲ 小袋に入った、紅生姜ものせていく。

▲ 紅生姜が入ると、一気に華やかに。

▲ 鹿児島だけに、焼酎のお湯割りまで付いている。

「ご丁寧にすみませんなぁ。真昼間から…。ほな、いただきます……」

って、ちがーう!
これ焼酎じゃない!出汁!お出汁だよ!

…………。

はい。

出汁を鶏飯にかけてゆきます。

いい感じに、温泉っぽくなった鶏飯。

俺は頭から浴びたい!この鶏飯を……!

「出汁茶漬けみたいな感じで、二日酔いの昼にも食べられそう……!」

いまなら安価で、鹿児島、沖縄、そして長崎のご当地グルメまで食べられる『ジョイフル』。

「昼から夜まで休憩時間なしで、ずっと営業しているし、なにせ価格が安い。気軽に行けるってのが『ジョイフル』の良いところだ……」

(* 機会があれば、今度は「沖縄」行きたいと思います)

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。>>詳細ページへ

高知市のカフェ情報はこちらから

高知大丸 横浜・中華街展 後編/刀削麺

『前編を読む』 私は、腹を括った。 "待つ"と決めた。 それは、"待てない高知県人"にとって、 壮大な覚悟と決意だった。 ところが、だ。 待ち時間は拍子抜けするほど短かった。 簡易的な衝立に仕切られて中が見えない、 イートインコーナーの入口。 そこで舌代を前払いで支払って、 舌代と引き換えに食券を貰って中に入ったときに初めて、 やけに待ち時間が短かった理由がわかった。 行列を見て、無意識の条件反射で、 満席だと信じきっていたイートインコーナーの中は満席ではなく、 わずかではあるが、まだ空席があったのだ。 ...

多国籍カフェ cóme(コム)

水色を基調とした鮮やかな配色。それは私の日常にはない彩りで、この空間が現実でありながら非現実であるかのような、不思議な感覚を覚えた。 テーブルの上に置かれていた伝票とペンを手に取る。<えぇと・・・ここに注文を書けばいいのか・・・> 『多国籍カフェcóme』が「半セルフ」方式で、少し特殊な注文の仕方をしなければならない、ということは事前に調べてわかっていた。 <もし知らなかったら、かなり戸惑ってただろうな・・・>と私は想像した。 だが、あるいは多少の戸惑いはあっても、結局それほど大きな混乱はしなかったかもし ...

高知市の「カフェレストすみれ」さん。営業再開のお知らせ

2か月ほどお休みされていた、高知市にある洋食の名店『カフェレスト すみれ』が、2月16日より営業を再開。 「元々一流ホテルで修行されたマスターがオーナーシェフを務める、洋食の名店でありながら、モーニングには和食もある。朝は絶対ごはん派の俺みたいな人は当然歓喜だし、『洋食のシェフが作る和食』っていうのがいいじゃない・・・」 ▼ モーニング (参考:朝7時開店!高知市のおすすめ和食モーニング「カフェレストすみれ」) ▼ ランチ (参考:絶品オムライス!高知「カフェレストすみれ」激安ランチ) 「過去のブログ記事 ...

夜の「草や」 後編/ゆるり草や時間

『前編を読む』 屋根を叩く音が、頭上から聴こえる。一旦は小降りになっていた雨が、また降ってきたようだった。 ゆっくりと流れる夜の『草や時間』雨音は『草や』の店内に流れるBGMを、アレンジするみたいに調和している。 <うへへ!引き締まってる・・・!>私はワインをゴクゴク飲んだ。ワインの味は締まっていたが、私の表情はドンドン緩んでいく。 <あんまり飲みすぎないようにしなきゃな!>自分に言い聞かせた。<俺、飲みすぎると頭おかしくなっちゃうから!> だが・・・。 止まらない。止められない。止められるわけがない。 ...

月曜9時の恋人が行く 「そばと酒 湖月」

(今回、完全なノンフィクションではありません。元々自分が書いた文章を誰かに読んでもらいたいということから始めたブログなので、あしからず!) 収録を終えると、ディレクターが満面の笑みで駆け寄ってきた。 「今夜もよかったですよ!ご常連との絡み!最高でした!あの軽妙なやり取りは、他のタレントじゃできませんからね!」 そうだろう。そうだろう。この仕事は酒場の流儀を知り尽くした私だからこそできる仕事なのだ。 「深入りしすぎず、かといって浅すぎず、間合いがまた絶妙なんですよね!」 ひとしきり褒めちぎって、「お疲れ様で ...

COFFEE CAKE FAUST (喫茶ファウスト)

カツサンドになんて、ちっとも興味なかった。けれども、カツサンドの呪縛は日増しに私を支配していった。 <カツサンド・・・カツサンド・・・!カツサンド・・・!カツサンド・・・!> 寝ても覚めても、頭の中からカツサンドのことが離れない。自分の体が、徐々に足元からカツサンドになりつつある気さえしてくる。 <俺はカツサンド・・・!パンとパンで挟まれたカツサンド・・・!> どうしてこんなことになってしまったのか。 おそらく、きっとネットサーフィンをしているときに、「ファウストのカツサンドが美味しい」という話を、偶然、 ...

カフェ&グリル北欧館

高知市にある北欧館に、数年ぶりに来た。 実は、20年近く前。私が子供の頃。 この近くに住んでいたことがあって、その当時、母親がこの店をとても気に入っていて、定期的に通っていた過去がある。 店内に入った竜一は、迷っていた。 北欧館で麺ならスパゲッティ・・・!スパゲッティ一拓・・・! しかし・・今日はカレー・・・!圧倒的・・・!カレーの気分・・・! だが・・ここで麺を食べない・・・!竜一的に・・・そんなことっ・・・!そんなことが・・あっていいのかっ・・・! それは、麺キャラとして生きてきて、この一年、外食に行 ...

「CoCo壱」夏のおすすめ!ネバネバ三昧カレーと、限定キャベツ!

夏は、やっぱり粘りたいっ・・・! CoCo壱で・・・! ネバネバ三昧っ・・・! だがこのとき竜一の考え、常軌を逸す・・・! <夏だしスタミナを付けるためにもネバネバは当然食べるとして、その前にサラダ的なものを食べておきたい!口をサッパリさせておいてからのネバネバ!それがいい・・・> いくっ・・・! 限定トッピング・・・! 8月末までの期間限定トッピング『サワーマスタードキャベツ』を付けた・・・ 手仕込とんかつカレー・・・! 別皿で提供された、サワーマスタードキャベツを・・・ 丁寧に手仕込まれたそれに、のせ ...

ザ クラウンパレス新阪急ホテル高知 「鉄板焼 崋山」(後編)

『前編を読む』 焼いてくれた白身魚が「イセギ」という魚だと知り、さらにシェフに訊く。 「や…やっぱり季節によって使う魚が違ったりするんですか?」 普段はコミュ障なのに、なぜかこういうときだけ、わりと話せる。 「違いますよ、寒い時期なんかは……」とシェフの話は続く。 異なる職業の人の話は興味深いし、私は元々食べることが好きなので、とくに料理人さんの話を聞くは本当に楽しい。 どんな仕事をされている方も…、例えばビルの清掃員のおばちゃんでも、医者でも美容師でも花屋でも服屋さんでも、その道のプロであり、プロの話は ...

子連れでも行けた!「ミラノ亭」高知の老舗パスタ店でランチ

高知に急激にパスタ屋さんが増えたのは、ここ14~15年くらいのあいだで、それまではパスタ屋さんなんて高知市内でも数えるくらいしかなかった印象・・・! そんな中・・・!ずっと昔からあるのがここ・・・! はりまや橋交差点南東・・・!ケンタッキービル2階!ミラノ亭・・・! <ミラノ亭に来るの、10年ぶりとかかもしれない・・・> あらかじめ小上がりがないのを知っていた竜一!感じる若干の不安! <大丈夫か・・・子連れでも・・・!> 基本的にどこもオシャレな雰囲気の店が多い、パスタ屋さん・・・!ミラノ亭においても子連 ...

かつ処季の屋 後編/蘇る白米

前編はコチラっ・・・!『かつ処季の屋 前編/500円トンカツの誘惑』 先に出された、ゴマ。これを擂ったのちに、ソースと合わせて待っていれば良いと言う。 <ははーん・・・!県外のうどん屋でたまにある・・・!大根を卸しながら待っていろ・・・それと似たようなパターン・・・!これはいわゆる・・・その・・・ゴマバージョン・・・!> 竜一は、真価を発揮した。 ゴマを上手に擂ること・・・! それこそが・・・!竜一が持って生まれた才能・・・! 真骨頂だったのである・・・! <うわぁ・・・!俺すごい・・・俺すごい・・・俺す ...

最新記事

ヤ・シィパーク 池澤鮮魚店 助八 海鮮丼定食

「助八」池澤鮮魚店プロデュースのお店がヤ・シィパークにオープン!

高知県香南市夜須町のヤ・シィパーク内にオープンした「魚屋&レストラン 助八」のランチメニュー、お刺身定食、海鮮丼定食をご紹介。刺身や海鮮丼がリーズナブルな価格で食べられる、安くておいしいお店!

高知南国市レストラン グドラック 十菜あんバリカタ麺

グドラック!高知南国市の老舗レストランに新・地産地消メニュー登場

高知県南国市にあるレストラン「グドラック」。 何十年も前から営業される高知の老舗レストランで、高知県民ならば知らない人はいない有名なお店である。 そのグドラック、近年は地元・南国市の食材を使った「地産地消」に注力されている。 たとえば南国市で育てた「軍鶏(シャモ)」や、南国市の農業高校で産まれた「卵」を使用した「親子丼」。 これは以前に私も食べたが、噛めば噛むほど旨味の出るシャモと、とろとろ卵、南国のパワーが毛穴から噴出するような一杯だった。 シャモ親子丼の記事こちらから 高知のレストラン!南国市「グドラ ...

JAタウン愛知県産葉生姜

【JAタウン】愛知県産「葉生姜」生で味噌つけて食べるのがおすすめ

JA全農(全国農業協同組合連合会)が運営するネットショップ「JAタウン」。 全国の旬のおいしいものが、自宅にいながら買えてしまう、生産者と消費者の距離をグッと近くするサイト。 関連記事こちらから 【JAタウン】農協が運営するネットショップがギフト選びにおすすめ! その「JAタウン」に、また新たなる"旬のもの"が追加された! 愛知県碧南市の葉生姜。 碧南と書いて(へきなん)と読む、この土地の葉生姜。 葉生姜とは、小さな葉付きの生姜のこと。 竜一ちなみに私、竜一が栽培している生姜は根生姜(囲い生姜)と呼ばれる ...

ラーメン食堂黒まる 味噌カツラーメン

ラーメン食堂「黒まる」高知・南国市/新メニュー続々追加中!

ラーメン食堂 黒まる(高知・南国市) 高知県南国市の南国市役所すぐ西側にある、おいしいラーメン屋さん「ラーメン食堂 黒まる」。 当ブログ「生姜農家の野望Online」でも、2018年7月時点で9記事(この記事で10記事目!)にわたってレポートしている、竜一お気に入りのラーメン屋さんでもある。 ラーメン食堂黒まるの記事一覧 ラーメン食堂 黒まるの記事一覧こちらから! 黒まるは子連れにありがたい座敷完備! 座敷も完備されていて、子連れで気軽に来られる「ラーメン食堂 黒まる」。 そこに………。 新メニューが追加 ...

はま寿司 あんかけたこ焼き茶碗蒸し

【はま寿司】「たこ焼き」が入った「茶碗蒸し」新メニューが新感覚!

食べたい……! 「たこ焼き」と「茶碗蒸し」を同時に食べたいっ……! そんなかたに朗報! 2018年7月5日より、回転寿司チェーン「はま寿司」にて開催中の期間限定キャンペーン「全国うまいもん祭 第二弾 関西」。 いまなら、 たこ焼き!茶碗蒸し! 同時に食べられる! はま寿司の期間限定「全国うまいもん祭 第二弾 関西」 たこ焼きが入った、茶碗蒸し。 竜一そんなものがおいしいのだろうか。 私にはわからなかった。 きすの天ぷら握り 寿司をつまみながら、串カツを食べる。 串カツも「全国うまいもん祭 第二弾 関西」の ...

JAタウンのスクリーンショット

【JAタウン】農協が運営するネットショップがギフト選びにおすすめ!

人にものを贈るのは大変! いい人お中元とか迷いませんか? 何を送っていいのかわからないよぉ!いい人 そんなときにJAタウン! かしこい男「JAタウン」っていう、農協がやっているネットショップが、 めちゃめちゃ便利なんですよ! ギフトにおすすめの品がたくさんあるのよ☆かわいい女 JAタウンとは JAタウンとは、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営するネットショップで、 全国の旬のおいしい食べものが、 自宅にいながら買えてしまう! 家の玄関の扉を開ければ畑! クローゼットを開ければ田んぼ! ……みたいな! ...

らぁ麺ダイニングCalm(カルム) 外観

ラーメンの新店「Calm」(カルム)高知市介良にオープン!

高知県高知市介良にオープンしたラーメンの新店「らぁ麺ダイニング Calm(カルム)」をご紹介。メニューとつけ麺を食べた感想を解説します。Calm(カルム)の場所は高知県高知市介良乙 パワーセンター西側、営業時間/11:30〜15:00、17:30〜22:00、定休日/木曜日

畑の食堂Copanのビュッフェランチ

畑の食堂Copan(コパン)高知/南国市・ながおか温泉の隣にオープン

高知県南国市にある「ながおか温泉」。 その隣に、地元の野菜を活かした料理が食べられるお店「畑の食堂Copan(コパン)」がオープン! 野菜をたくさん食べたい! 栄養がほしい! ビタミンがほしい! 大地の恵みを我にっ……!! そんなかたに打って付けのお店となっています。 かわいい女野菜を食べて、肌年齢、若返らせちゃお☆ 畑直送!地元の野菜が食べられるカフェCopan(コパン)の場所 畑の食堂Copan(コパン) 「畑の食堂Copan(コパン)」の場所は「ながおか温泉」の南側。 竜一あけぼの街道沿いにある、産 ...

フライングフライング松山大街道店 ホットケーキ

【移転】「フライング・スコッツマン」松山/大街道の名店が新装オープン

いで湯と城と文学のまち、松山。 その愛媛県松山市の繁華街、大街道にあるカフェ「フライング・スコッツマン」。 竜一モーニングでも食べよっかなぁ ……とフラフラ入店した竜一、驚愕。 なんと……! 移転初日だった! 竜一偶然訪れたその日が、移転初日だったんだよ! あるっ!?そんなこと、あるっ……!?いい人 2018年7月1日! フライング・スコッツマン! 移転オープン! 本記事では移転オープンされた、愛媛・松山市の「フライング・スコッツマン大街道店」をご紹介します! 1988年創業!愛媛/松山市の老舗カフェ「フ ...

さぬきうどん清瀧 山かけぶっかけうどん

さぬきうどん清瀧(きよたき)高知/土佐市の「セルフうどん」屋さん!

高知県土佐市のセルフうどん屋さん「さぬきうどん 清瀧(きよたき)」。 土佐市の中心部から少し北に入った場所にあり、偶然通りすがる場所ではない。 地元のかたでない限り、"知っていないと行けないお店"である。 竜一清瀧知ってたー?穴場でしょー? 知ってたよ!かわいい女 竜一えー!知らないって言ってよー☆ 高知/土佐市の「さぬきうどん清瀧」営業中! そもそも「清瀧」は、2017年に一旦閉店されていたのだが、半年ほどの期間を経て、その年の末に、 電撃復活。 以前と変わらない人気、いや以前に増して賑わいを見せている ...

希望軒とんこつラーメンチャーシュー大盛

【高知】「希望軒」帯屋町でランチ「豚骨ラーメン」チャーシュー大盛

大阪府に本社のあるFC店「希望軒」。 高知初上陸! 友人にして高知が生んだ怪物ユーチューバー「たけちゃん@たけちゃんTV」氏がアップロードされていた画像に、ネット上でも超絶人見知りな竜一が思わず反応した! これは希望が湧く!圧倒的絶景だ!w https://t.co/O455rILTi2 — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年5月28日 竜一こりゃーすごい! 肉だらけじゃないかっ! テレビとかで他県のこういうラーメン見かけたことあるけど、いままで高知にはあまりなかったよね!いい人 ...

新着記事一覧へ

▼ 検索窓の使い方

なにか食べたいなぁと思ったときに、たとえば「天ぷら+うどん」「天津飯」など食べたいもののキーワードを入力することで該当する記事があれば出てきます。「おしゃれ+カフェ」「カフェ+素敵」など、雰囲気で検索するのもありです。

-高知市カフェ

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.