高知最大級のグルメ&地域情報ブログ

生姜農家の野望Online

モッチモパスタのメニューに発見「ホタテ」丸ごと和風パスタ!

「ホタテ」海の生き物である。
ホタテをとりたい!と思ったら、海に行く必要がある。

こんにちは。竜一です。

「ホタテ」は、ですよね。
陸にはもちろん、川にもいません。やっぱりホタテは、海の生き物ですよね。

生パスタの店「モッチモパスタ」高知御座店。

やってきたのは、西日本を中心にFC展開する「生パスタ」の店『モッチモパスタ 高知御座店』

「ああ!パスタ食べたい!すこぶるパスタ食べたい!」竜一はパスタに飢えていた。

モッチモパスタ高知御座店の店内。

座敷はないが、片側がソファーになったテーブル席がある。子連れはそこでただ頑張るのみ。

モッチモパスタのメニュー。

(* メニュー画像はクリックすると、同じタブで拡大して表示されます。が、「モッチモパスタ公式サイト」で確認されたほうが、たぶん見やすいです……)

 

クリームソースやトマトソースのパスタ、カルボナーラやペペロンチーノなど様々なメニューが並び、ピザもある構成。

▲ 2017年4月末現在、「ゆら鯛のアクアパッツァ祭」も開催されている。

注目すべきは……。

毎日11:00~15:00まで注文可能な「ランチセット」

このとき15時まで、あと10分あるかないか、そんな状況。
「わずか180円増額をするだけでサラダとドリンクバーが付く『サラダセット』など、ランチセットは明らかに得……」

ねじ込む……!
15時までには必ず注文を通し、俺は幸せに浸る!浸りおおす……!

めくる、めくりめくメニュー。その後…ついに竜一、出会ってしまう……。

間違いなく海の香りがしそうな1品に……!

「ヤバいな。これ殻付きのホタテが1枚丸ごと入っているのか……」

迷いながらも注文は「きのことほたてのたらこソース 焦がしバター醤油 刻み大葉乗せ」という、なかなか長い名のメニューに決定。

さらに、15時までにギリギリねじ込んだ「ランチセット」中から、250円の増額で提供していただける「モッチモセット」を選択。

「モッチモセット」には、サラダ、バケット、ドリンクバー、スープバーが付く。

スープバーのスープは、コンソメスープ。

『モッチモパスタ』のスープバーは、好みの量のクルトンを投入可能。

「クルトンが入れ放題ってのがいいよなぁ。子供の頃、クルトンが異常に好きだった俺は、スーパーでクルトン単体が売られていると知ったとき、こんな上手い話があるのかと発狂しかけたものだ……」

  • 明太子
  • ガーリック
  • はちみつ
  • アーモンドバター
  • 今月のバケット

5種類から選べるロングバケットは、「アーモンドバター」を選択。

「こちら大変お熱くなっておりますので、ご注意ください」
そう言って女性店員さんが提供してくれたロングバケットは、たしかに熱い……!

手で、ちぎると……。

「あちち……」

手が燃えそうだ……!

「だがしかし、熱い……熱いのがいいっ……!
バケットも人間も、熱く生きなければならないときがある。

熱いバケット……。

「やっべぇ!これ!アーモンドバターが染み込んだ、熱々のバケット。たしかにうまい……!」(*注:バケットを食べていると見せかけて竜一が食べているのは、小豆島でもらったパンです)

サラダも「クルトン」入り。

▲ 全面にクルトンが散りばめられている。

「スープにクルトン!サラダにクルトン!クルトンフェチにはたまらないものがある……」

スモークサーモンと北海道ポテトを使ったモッチモ風カルボナーラ

これまた、なかなかに長いメニュー名。名がおおよそを説明している。

「チーズをおかけしてもよろしいでしょうか?」「はい」そんなやり取りを経て店員さんが、チーズスライサーを使い、目の前でかけてくれた粉チーズ。熱でじわりと溶けていく。

「とろけていってはる……!」

直後、お待ちかねの「ホタテ」がやってくる。

きのことほたてのたらこソース 焦がしバター醤油 刻み大葉乗せ

容易に覚えられるものではない。たとえ覚えたとしても、3分後には忘れてしまいそうな長さをほこるメニュー名。

しかしそれ、ホタテ野郎、感動のビジュアル。

「メニュー画像と同じ。ホタテが1枚丸ごとのっている……!」

▲ 上品に盛られたパスタの上に、ホタテが鎮座する。ミスマッチな光景。これがいい。

▲ 大きなホタテの下には、パスタが敷かれている。

ホタテ目当てで注文した一皿、しかし……。
「むしろホタテがちょっと邪魔なくらいだ……」

▲ ホタテの下から、何とか取りだした麺、生パスタ。タラコが絡まっている。

「スパゲッティという洋食、だがあえての和風、そこにホタテが加わり、西洋と日本、そしてホタテの協奏曲が生まれている……!」

ホタテが1枚丸ごと入ったパスタ。
「ホタテがとても美味しかった。ホタテ…もっと食べたいな……

「ホタテがもっと食べたい」

ホタテは、どこにいるんだっけ?

海…だよね?

ホタテは、海にいる……!
「ホタテ、自分でとれば食べ放題だろうがっ……!」

偶機の発想……!


▲ その後『モッチモパスタ』を出て、本当に海へ行った竜一。

「ホタテとるぞ!うぉぉぉぉ……!」

ホタテ漁に出た……。

「モッチモパスタ高知御座店」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市海老ノ丸8−22(地図
営業時間/【平日】11:00~15:30(LO) 17:00~21:30(LO)、【土日祝】11:00~21:30(LO)
定休日/無
駐車場/有
一人行きやすさ/△ カウンター席なし。自分はつらいが行ける人は行ける?
子連れ行きやすさ/○ 奥の片側がソファーになったテーブル席に座れたら、何とか(行けた)

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中【詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

-高知市カフェ
-,

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.