• 高知のグルメ(おすすめ)
    【高知】子連れランチ&ディナーにおすすめ!座敷のある飲食店18選
    2018.01.18
  • うどんブログ
    高知のおいしいうどん屋さん!おすすめ43選!名店や人気店が満載!
    2017.10.05
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしい「カレーうどん」おすすめの名店6選
    2017.01.18
  • ビスタリ食堂 日替わりランチ 高知のグルメ(おすすめ)
    【南国市】「ランチ」がおすすめの「おいしい」お店13選!
    2018.01.21
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしい「釜玉うどん」おすすめの名店8選
    2016.08.17
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知の豚太郎おすすめ8選!創業50年の老舗ラーメンチェーン!
    2017.09.26
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知で人気のおしゃれカフェランチ!おすすめ13選!2017
    2017.12.02
  • ラーメンブログ
    高知のおいしいラーメンおすすめ73選!2017(深夜営業店あり)
    2017.12.04
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知といえば、おいしい食べもの!高知観光おすすめご当地グルメ9選
    2017.10.27
  • ラーメンブログ
    高知ご当地ラーメン「味噌カツラーメン」地元民おすすめ!18選!
    2017.05.23
  • 農業ブログ
    「草刈機・刈払機の使い方」草刈り機の使用方法を現役農家が徹底解説
    2016.12.11

「ホタテ」海の生き物である。
ホタテをとりたい!と思ったら、海に行く必要がある。

こんにちは。竜一です。

「ホタテ」は、ですよね。
陸にはもちろん、川にもいません。やっぱりホタテは、海の生き物ですよね。

生パスタの店「モッチモパスタ」高知御座店。

やってきたのは、西日本を中心にFC展開する「生パスタ」の店『モッチモパスタ 高知御座店』

「ああ!パスタ食べたい!すこぶるパスタ食べたい!」竜一はパスタに飢えていた。

モッチモパスタ高知御座店の店内。

座敷はないが、片側がソファーになったテーブル席がある。子連れはそこでただ頑張るのみ。

モッチモパスタのメニュー。

(* メニュー画像はクリックすると、同じタブで拡大して表示されます。が、「モッチモパスタ公式サイト」で確認されたほうが、たぶん見やすいです……)

 

クリームソースやトマトソースのパスタ、カルボナーラやペペロンチーノなど様々なメニューが並び、ピザもある構成。

▲ 2017年4月末現在、「ゆら鯛のアクアパッツァ祭」も開催されている。

注目すべきは……。

毎日11:00~15:00まで注文可能な「ランチセット」

このとき15時まで、あと10分あるかないか、そんな状況。
「わずか180円増額をするだけでサラダとドリンクバーが付く『サラダセット』など、ランチセットは明らかに得……」

ねじ込む……!
15時までには必ず注文を通し、俺は幸せに浸る!浸りおおす……!

めくる、めくりめくメニュー。その後…ついに竜一、出会ってしまう……。

間違いなく海の香りがしそうな1品に……!

「ヤバいな。これ殻付きのホタテが1枚丸ごと入っているのか……」

迷いながらも注文は「きのことほたてのたらこソース 焦がしバター醤油 刻み大葉乗せ」という、なかなか長い名のメニューに決定。

さらに、15時までにギリギリねじ込んだ「ランチセット」中から、250円の増額で提供していただける「モッチモセット」を選択。

「モッチモセット」には、サラダ、バケット、ドリンクバー、スープバーが付く。

スープバーのスープは、コンソメスープ。

『モッチモパスタ』のスープバーは、好みの量のクルトンを投入可能。

「クルトンが入れ放題ってのがいいよなぁ。子供の頃、クルトンが異常に好きだった俺は、スーパーでクルトン単体が売られていると知ったとき、こんな上手い話があるのかと発狂しかけたものだ……」

  • 明太子
  • ガーリック
  • はちみつ
  • アーモンドバター
  • 今月のバケット

5種類から選べるロングバケットは、「アーモンドバター」を選択。

「こちら大変お熱くなっておりますので、ご注意ください」
そう言って女性店員さんが提供してくれたロングバケットは、たしかに熱い……!

手で、ちぎると……。

「あちち……」

手が燃えそうだ……!

「だがしかし、熱い……熱いのがいいっ……!
バケットも人間も、熱く生きなければならないときがある。

熱いバケット……。

「やっべぇ!これ!アーモンドバターが染み込んだ、熱々のバケット。たしかにうまい……!」(*注:バケットを食べていると見せかけて竜一が食べているのは、小豆島でもらったパンです)

サラダも「クルトン」入り。

▲ 全面にクルトンが散りばめられている。

「スープにクルトン!サラダにクルトン!クルトンフェチにはたまらないものがある……」

スモークサーモンと北海道ポテトを使ったモッチモ風カルボナーラ

これまた、なかなかに長いメニュー名。名がおおよそを説明している。

「チーズをおかけしてもよろしいでしょうか?」「はい」そんなやり取りを経て店員さんが、チーズスライサーを使い、目の前でかけてくれた粉チーズ。熱でじわりと溶けていく。

「とろけていってはる……!」

直後、お待ちかねの「ホタテ」がやってくる。

きのことほたてのたらこソース 焦がしバター醤油 刻み大葉乗せ

容易に覚えられるものではない。たとえ覚えたとしても、3分後には忘れてしまいそうな長さをほこるメニュー名。

しかしそれ、ホタテ野郎、感動のビジュアル。

「メニュー画像と同じ。ホタテが1枚丸ごとのっている……!」

▲ 上品に盛られたパスタの上に、ホタテが鎮座する。ミスマッチな光景。これがいい。

▲ 大きなホタテの下には、パスタが敷かれている。

ホタテ目当てで注文した一皿、しかし……。
「むしろホタテがちょっと邪魔なくらいだ……」

▲ ホタテの下から、何とか取りだした麺、生パスタ。タラコが絡まっている。

「スパゲッティという洋食、だがあえての和風、そこにホタテが加わり、西洋と日本、そしてホタテの協奏曲が生まれている……!」

ホタテが1枚丸ごと入ったパスタ。
「ホタテがとても美味しかった。ホタテ…もっと食べたいな……

「ホタテがもっと食べたい」

ホタテは、どこにいるんだっけ?

海…だよね?

ホタテは、海にいる……!
「ホタテ、自分でとれば食べ放題だろうがっ……!」

偶機の発想……!


▲ その後『モッチモパスタ』を出て、本当に海へ行った竜一。

「ホタテとるぞ!うぉぉぉぉ……!」

ホタテ漁に出た……。

「モッチモパスタ高知御座店」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市海老ノ丸8−22(地図
営業時間/【平日】11:00~15:30(LO) 17:00~21:30(LO)、【土日祝】11:00~21:30(LO)
定休日/無
駐車場/有
一人行きやすさ/△ カウンター席なし。自分はつらいが行ける人は行ける?
子連れ行きやすさ/○ 奥の片側がソファーになったテーブル席に座れたら、何とか(行けた)

コメントを残す

高知市のカフェの関連記事
  • ゆうゆう大津店 ウナギとマグロの山かけ丼
    【高知】「ゆうゆう」大津店でランチ!メニューにうなぎ発見!
  • 高知の老舗食堂「かき吉」地牡蠣のカキフライ定食
  • 南国SA(上り)「エリエール」人に会う前にあえて食べたいパスタ
  • 「どんぶりころころ」メガ盛りの聖地でメガ盛りを食べない

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事(ランダム)
超タヌキ飼育
農業ブログ
(納屋にあった手袋。なぜか右ばかり。左はどこへ…。※本文とは一切関係ありません) 日が暮れた田舎道を軽トラに乗って帰る。荷台には収穫した生姜...
ずっと植えている人
農業ブログ
まだだ………!まだ生姜を植える……! 早くしないと夏が来るが……!まだだ…まだ植えなきゃ………! ここで植え終わるなんて凡人っ……!植え続け...