高知市のセルフうどん「麦笑」の記事一覧

てづくりうどん 麦笑 「冷やかけとオクラと謎天」

時間がなかった。15分間ほどのあいだに昼食をとって現在地に帰ってくる必要があった。 高知市中心市街地。周りには数軒のうどん店。迷うまでもなかった。<麦笑しかない!あそこならセルフだからきっと早い!> (店舗画像は何年も前のものです。汗) 速足で歩き、『てづくりうどん 麦笑』に飛び込む。急いだおかげで暑い。身体から湯気が出そうだ。 入口から奥に伸びるセルフレーンのスタート地点で『冷やかけ』を注文した。レーンの途中に天ぷらが並んでいる。オクラの天ぷらがあったのでトングで挟んで一本、皿に取る。 しかしオクラが一 ...

てづくりうどん 麦笑 冷やかけ2013(オラの中で)シェイクダウン!

「そんなメニューがあったなんて・・・!」知らなかった。僕は知らなかった。"釜バターバジル"なんて知らなかった。 おおよそ、どんなものなのかは想像が付くけれど、まだ出会ったことがない未見のメニュー"釜バターバジル"それを追いかけて、僕は高知市の「てづくりうどん・麦笑」にやってきた。 相変わらず、店のお兄さんとお姉さんは、明るく優しい。 「冷やかけって、もうありますか?」と僕はお兄さんに訊いた。 「えぇ、ありますよ!」とお兄さんは言う。 「じゃあ、冷やかけ2玉で・・・!」いったい僕はどうしてしまったのだろう。 ...

てづくりうどん 麦笑 釜バター & レンコン天

『てづくりうどん 麦笑』 時々、密かに行っている、麦笑。 『釜バター(2玉) & レンコン天』 口に含んだ瞬間から!小麦とバターの香りが入り混じって、総攻撃を仕掛けてくる! レンコン天!強い!強い! 釜揚げ麺のモチモチ食感と、レンコン天のシャキシャキ食感の対比!旨し! これはもう!キャッチコピーさえ思いつく始末! いつもの昼を、いつもより幸せにできる。 そんなうどんのお求めは・・・。 ↓↓↓↓↓↓↓ ◆ てづくりうどん 麦笑(高知県高知市本町2丁目2-4)営業時間/11時~15時定休日/不定休(月2回程度 ...

てづくりうどん 麦笑 ふたつの冷

※ これからするのは、数ヶ月前の話です。話の中で登場するメニューは、おそらく夏期限定で、現在は提供されていないと思われますので、ご了承ください。 お腹の虫は、いつも突然襲ってくる。「ぐぅーーーぐぅーーーーー」 私は高知市内にあった用事を済ませて、帰路に着こうと、車を停めた有料パーキングへ向けて歩いていた。 <それにしてもお腹が空いた・・・!> "おびさんロード"と"中の橋通り"が交わる辺りで立ち止まり、"線のない電話"を取り出して時間を確認すると、12時を少し過ぎたころだった。 いつもなら田舎料理の老舗、 ...

セルフうどん 麦笑(むぎわら) 釜バター・リベンジ

「釜バター・・・!」 「少しお時間がかかりますが・・・!出来たらお席までお持ちしますので・・・!」 「や・・・やっぱり醤油うどんで・・・!」 「ちょっと待っていただけたら釜バター出来ますけど・・・!」 「いや・・・醤油うどんで・・・!」 「数分だけ待っていただけたら釜バター出来ますけど・・・!」 前回、その店を訪ねた際、店主さんと私は、そんなやり取りをした。 店主さんは、どうしてか私に釜バターを食べさせたい雰囲気だった。けれども、私は一旦高ぶり始めた醤油への気持ちを止められなかった。 釜バターの出来上がり ...

セルフうどん 麦笑(むぎわら) 後編/新星キラリ

前編はコチラっ・・・! 『セルフうどん 麦笑(むぎわら) 前編/進め!うどん農民!』 噂の新店。 対峙。 <看板の字体・・・! 尖ってる・・・!> ドアノブをギュッと握って引く。 店の奥へと向かった私を、 口髭を生やした男性が呼び止める。 「あぁっ・・・コチラで注文お願いします・・・!」 <しまった・・・行き過ぎた・・・! セルフ店だということは事前に知っていたのに、思わず奥に行ってしまった・・・! 恥ずかしい・・・百戦錬磨のこの俺が・・・トーシロレベルの失策っ・・・!> 予めセルフだと知っていてのオーバ ...

セルフうどん麦笑の外観

セルフうどん 麦笑(むぎわら) 前編/進め!うどん農民!

ドキドキ、ワクワク。 遊園地に着く直前の子供みたいに、気分が高揚していた。 久し振りに高知に新しいうどん屋さんが誕生したのだ。 記憶が正しければ、去年の秋以来で、もちろん今年初の新規出店。 しかも、それは『味里』の直線上にあり、徒歩1分。 最初からそのつもりだった。 新進気鋭の店に、逢いに行くつもりだった。 味里を並盛でやり過ごしたのだって、全部作戦。 新店はセルフ。 そういう情報は事前に掴んでいたから、 "セルフの店は大抵1玉の量が少ない"というセオリーから、味里に先に行き、 その後、腹の張り具合に合わ ...

© 2020 生姜農家の野望Online