高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

てづくりうどん 麦笑 冷やかけ2013(オラの中で)シェイクダウン!

投稿日:2013.06.26 更新日:

セルフうどん 麦笑

「そんなメニューがあったなんて・・・!」
知らなかった。僕は知らなかった。"釜バターバジル"なんて知らなかった。

おおよそ、どんなものなのかは想像が付くけれど、まだ出会ったことがない未見のメニュー"釜バターバジル"
それを追いかけて、僕は高知市の「てづくりうどん・麦笑」にやってきた。

相変わらず、店のお兄さんとお姉さんは、明るく優しい。

「冷やかけって、もうありますか?」
と僕はお兄さんに訊いた。

「えぇ、ありますよ!」
とお兄さんは言う。

「じゃあ、冷やかけ2玉で・・・!」
いったい僕はどうしてしまったのだろう。
釜バターバジルを注文する予定だったのに、"冷やかけ"を注文してしまった。

「もうすぐ揚がりますのでね!」
お兄さんはそう言って微笑む。ほむほむと僕は思う。
<湯掻きたてがくるお・・・!>

そのままセルフレーンの前に立って少し待つあいだに、目の前に並べられた天ぷら類の中から、"レンコン天"を皿に取る。
そして先に会計。お姉さんはレンコンのことを「レンコンさん」と可愛らしく言う。僕は萌えた。

麦笑 冷やかけ(2玉)

麦笑 冷やかけ(2玉)アップ

麦笑 冷やかけ(2玉) 麺アップ

イリコが強く香る、冷やかけ出汁。
麺はキューッン!と引き締まっている。
そしてその麺の表面には、以前よりも格段に多くの細かな凹凸が見える。

麦笑 冷やかけ2玉 超アップ

食べ終えて、箸を器の中に置く。
いったいどういうわけだろう。レンコンを入れていた皿のほうにも箸が1膳、置かれている。

いつの間にか、僕は卓上の箸立てから、箸を2膳も取っていたのだろうか。
記憶にない。どうして2膳も取ってしまったのだろう。僕にはわからない。何も思い出せない。

大体・・・元々・・・「釜バターバジル」目当てだったはずなのに、どうして「冷やかけ」を食べているのだろう。僕にはわからない。
きっと突然、冷やかけが食べたくなったのかもしれない。わからない。僕は僕がわからない。

わからないことをたくさん抱えながら、僕は蚊の羽音ほどの、とても小さな声で呟く。
「圧倒的・・・イリコ・・・」

セルフうどん 麦笑

◆ てづくりうどん 麦笑
(高知県高知市本町2丁目2-4)
営業時間/11時~15時
定休日/不定休(月2回程度)
営業形態/セルフ
駐車場/無

(しょうゆ2玉400円、かけ2玉380円、[1玉の場合は100円安くなる]
釜バター、ちく天100円、アジフライ80円など)
『麦笑』の場所はココ・・・!

押せばナニカが起こるー!ボタン!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で
スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.