香川・愛媛・徳島グルメ

中華そば 田村 - 徳島ラーメン

徳島ラーメンを食べると決心してからが、また迷った。 決心が揺らいだのではなく、道に迷ったのだ。 うどんならば、数十キロ離れた位置からでも出汁の香りで店の位置を特定できるため、 道に迷うなどということは考えられないことだが、 ラーメンとなると、本来の専門分野では無いためか、香りを上手く嗅げずに迷いまくった。 同じ道を何度も通ってしまう。 嗅覚には定評のある戌年の私が、だ。 ついには自力での到着を諦めて、 道を覚えなくなるからと意図的に使わないようにしていた、スマホのナビアプリを起動させた。 すると、目指す徳 ...

かすが町市場

ついに、"うどんの聖地"こと、讃岐の地に舞い降りた、"農業界のうどんメイド"こと、竜一。 『上戸』さらには『渡辺』と連戦を終えた腹の中では、かけ出汁が「チャプチャプ」と音を立てていた。 <当初から・・・今回の予定は三連戦・・・!だが、上戸と渡辺の攻撃を受けて結構お腹が張っちまったぜ・・・!仕方ねぇ・・・!とりあえず・・・!休憩だっ・・・!> そして・・・向かった・・・!高松市・・・! 激安の殿堂・・・!ドン・キホーテ・・・!(※ 高知にはドン・キホーテが無いから行ってみたかった) そこで一時間ほど・・・! ...

手打うどん 渡辺

ついに"うどんの聖地"こと「讃岐」の地に到ったコスプレ農民・竜一は、西讃の豪麺屋『上戸うどん』を攻略した後、国道11号線を北上していた。 <さすがは香川・・・うどんうどんうどん・・・!何処も彼処もうどん屋だらけ・・・!圧倒的・・・夢世界・・・!頭が狂いそうだぜ・・・!> 興奮して外れそうになる頭のネジを、押さえつけながら走行していると、見えてきた。目的の店が、見えてきた。 さあ・・・! さあ・・・! さあ・・・! 夢の続きを見に行こう・・・! 二店目・・・! 二店目っ・・・! 『手打うどん 渡辺』 降りし ...

西端手打 上戸うどん 後編/きゅんきゅん

前編はコチラっ・・・!『西端手打 上戸うどん 前編/讃岐の結界』 讃岐の雄、上戸うどん。高知のうどんメイド、竜一。 出逢うことが、運命だった・・・。 いざ踏み入れる・・・!上戸・・・店内・・・! 「ご注文どうぞ!」 お姉さんの声に答える。そして、やらかす。 「かか・・・かかかっ・・・!かけうどんの小・・・!」 竜一・・・ドモる・・・!盛大に・・・ドモる・・・! 香川でもっ・・・! 「か・・・かけの小ですね・・・。麺が茹で上がるのに5分ほどかかりますので・・・!」 尋常じゃないドモリ方に、少し引かれた気がし ...

西端手打 上戸うどん 前編/讃岐の結界

雨が降りしきる朝だった。数年来、踏み入れなかったあの地へ発つのだ。 <行ってくるね・・・> 誰に向けているのか、私は心の中でそう呟いた。 一路、北上。目指すは、『うどんの聖地・讃岐』 例の如く、高速道路は使わない。(※ 竜一の車は高級なので、ETCは装備されておりません) ひた走る、一般道。大豊町の『ひばり食堂』さらには、うどんスタンプラリーの時に一度だけ行った『さくら』 まだ行ったことは無いけれど、いつかは行ってみたいうどん屋『遊』の前を通って、徳島、高知、香川が交わる地、阿波池田を通過する。 山の上に ...

竜一の愛媛放浪記3 【踊るうどん永木】

とべ動物園を満喫した竜一。 (とべ動物園の記事はコチラ↓『竜一の愛媛放浪記1 【とべ動物園~前編~】』『竜一の愛媛放浪記2 【とべ動物園~後編~】』) さて、そろそろお昼~!お昼ご飯、何処に行こうかな~☆ 実は、高知を発つ時から決めていた。愛媛最強レベルの一店だと聞いて。 『踊るうどん 永木』 やはり、うどんが食べたくて遠出するとなったら香川に行ってしまうということもあって、愛媛のうどん屋さんに入るのは、今回が初めて。 大根おろしは、セルフサービス。 隣のテーブルに座っているおばちゃんも、中学生ぐらいの女 ...

© 2020 生姜農家の野望Online