[高知]桂浜観光がてらに行ける食事処「よがなうどん」でランチ

うどんの本場・讃岐をしのぐ麺線が、高知にある・・・!

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

スポンサーリンク

本格手打ち「よがなうどん」(高知市横浜)

%e9%ab%98%e7%9f%a5%e5%b8%82%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e3%83%bb%e3%82%88%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%931
(*店舗画像はオープン当初のものです。汗)

2016年11月。高知市横浜にオープンして以来、高知うどん界の注目を一手に集める、新進気鋭のうどん店『よがなうどん』

日本人のみならず、外国人の観光客のかたにもマジおすすめ・・・!

Yogana-Udon is recommended for foreigners.

「よがなうどん」は「桂浜」から近い

『よがなうどん』から桂浜までの道のりは、自動車で15分、最短ルートを通った距離は6.6キロメートル。

「たった6.6キロ・・・?」

走れる・・・!
徒歩はもちろん、RUNでも可能・・・!

「もちろん普通だったら車を使ったほうが楽だが、歩けない距離でもない。まぁ俺は歩かないけれど・・・

店内では「にゃんこ」がお出迎え

ニャ~。

「よがなうどん」は、セルフ方式

  1. カウンター越しに注文
  2. うどんの提供
  3. 天ぷらやおにぎりを取って、ネギやおろし生姜などの薬味をのせる
  4. 会計
  5. 空席に座って食べる
  6. 食器返却
  7. 退店

一般的なセルフ店の流れ。

メニューに”肉シリーズ”が追加された「よがなうどん」

オープン当初は存在しなかった「肉」を使ったメニュー。

「追加されたとあれば食べるしかない…。それも1杯では足りない・・・」

2杯・・・!
2杯食べるしかない・・・!

この局面、竜一、「肉ぶっかけ(温)」と「肉うどん(2玉)」2杯、合計3玉!同時注文・・・!

肉ぶっかけ(温)

者ども!肉がきた!肉がきたぞ・・・!

刀みたい・・・!
斬れそうにそそり立つエッジ・・・!

カツオと酒豪・・・!
それだけじゃない高知県・・・!

普段は香川の手前、隠しているけれど、じつはある・・・!

最上位クラスのうどん店・・・!

肉うどん(2玉)

目一杯入った、かけ出汁・・・!

優しくも力強い麺線は、『よがな』の若き大将を彷彿とさせる・・・!

「手打ちうどんは、打ち手の魂が入る・・・」

「このうどんは、うどんに見えて、ただのうどんではない・・・」

よがなうどん・・・!
大将そのものなんだ・・・!

「もはや『よがな』の大将が出汁に浸かっていると言っても過言ではない・・・!」

惜しげもなく盛られた、牛肉の山・・・!

生姜を使って煮込まれているであろう、それに添える、生姜・・・!

追い生姜・・・!

温泉を圧倒する湯気、漂う中・・・!

食べる!よがなうどん・・・!

「オープン当初よりも、麺に張りが出た印象・・・!」

張る!張ってくる麺・・・!
麺が張り手をかましてくる・・・!

こうなったら大相撲・・・!
「ぐあぁぁぁ!土俵外に押し出される・・・!」

張り手からの、もろ差し!がぶり寄ってくる『よがな』の麺!見下ろすと・・・。

川っ!うどんの川っ・・・!
麺の大河ができている・・・!

「このままでは体勢不利!寄り切られるは時間の問題・・・」
巻き返しを図る竜一!別売りで購入した「生卵」を落とす・・・!

単体で抜群の旨味を醸す『よがな』の出汁。そこにあえて生卵を投入。崩すのは中盤以降。

「母(ニワトリ)の味!卵の味!『よがな』の味と交わって、優しさと力強さが2倍増・・・!」

うーん・・・。

うまいっ・・・!

「高知県民の俺が言うと説得力がないが、肉、魚、野菜、高知は何でも美味しい。カツオと酒豪が主体の県ではあるが、高知はうどんも美味しい・・・」

桂浜観光の際、本場讃岐のうどん通もうなる『よがなうどん』をスルーするのは、あまりにももったいない・・・。

To all American people,  Yogana-Udon is getting popular in Kochi!!!

◆ おすすめ記事

人気ブログランキングに参加中!
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)

よがなうどんの所在地、営業時間、定休日

所在地/高知県高知市横浜450-1 横浜コーポ一階北(地図
営業時間/11:00~15:00(麺切れで終了)
定休日/金曜日
営業形態/セルフ(詳細は本文参照
駐車場/有(店舗前に4台、満車の場合は「ドラッグストアmac瀬戸店」にとめさせてもらっても良いとのこと)

一人行きやすさ/◎ テーブル席1卓。あとは窓際に面したカウンター席。セルフならではの行きやすさ。
子連れ行きやすさ/○ 幼児1人、大人2人の体制ならば、向こう側に行きようのないカウンター席は意外と行ける。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 近所なこともあって、よく行ってます
    先週は、合計7玉食べました
    セルフのうどん屋は、回転が早いのがいいですね(^^)

    • 回転のはやいセルフは、混んでいるように見えてもすぐ空くのがいいですねー!

      よがなが近所にあるのは、羨ましい…(;´Д`)

コメント投稿

*

Return Top