はま寿司「博多とんこつラーメン」来店時間を予約して食べに行く | 生姜農家の野望Online

はま寿司「博多とんこつラーメン」来店時間を予約して食べに行く

回転寿司店『はま寿司』が「初夏の特別サイドメニュー」として、期間限定で提供を開始した「博多とんこつラーメン」

近年では『スシロー』や『くら寿司』など、回転寿司店でラーメンやうどんが食べられるのは当たり前のこととなっているが、中でも『はま寿司』のラーメン巷で高評価とのこと。

「そんなに美味しいんだったら一度は食べてみたい……」

しかし、そのとき日曜日のお昼どき。
「混んでいるかもしれない。だが待つのはイヤだ……」

瞬間竜一、閃く。
「そういえば『はま寿司』はスマホから予約できたはず……!

なんと!回転寿司店『はま寿司』は、会員登録をすることでウェブから予約することができるのだ!

回転寿司店「はま寿司」スマホから来店予約する方法。

予約の仕方は簡単。

  1. はま寿司の公式サイトにアクセスする。
  2. 下方にある「はまナビ」のバナーをクリック。
  3. 無料会員登録をしていない場合は「Web予約をするための新規会員登録(無料)」をタップして会員登録をする。
  4. 「お店を探す」をタップして、来店予定の店舗名をタップ。
  5. 画面の表示に従い、予約する。

これだけ。

要するに「はまナビ」にアクセスして、あとは画面の流れで次々に進んでいけば、誰でも簡単に予約できる。


▲ 予約の最終確認画面。


▲ 予約完了画面。

予約が完了すると、登録したメールアドレスに「予約番号」を記載したメールがすぐに届く。

回転寿司店「はま寿司」予約時の行き方。

はま寿司・高知・南国・回転寿司1▲ 今回は『はま寿司 高知南国店』。

入店直後、店員さんにウェブで予約していた旨を伝える。すると「予約番号は……」と聞かれた。

そこで予約完了時に送られてきたメールに記載された番号を伝えると、スムーズに席に案内してもらえた。

回転寿司店「はま寿司」でラーメンを食べる。

初手は「寿司」を雑多に注文。

色とりどりの寿司が回る『はま寿司』の店内。

醤油が多い、はま寿司。
「醤油やポン酢が合計5種類もあると、毎回どれをかけようか2年くらい悩む……

はま寿司「大とろ」。

5月25日~28日までの4日間限定で提供されていた「本マグロ・大とろ」(150円)。ラーメン以外に最も食べたかった一皿。

脂がヤバぁっ!
「噛んだ瞬間に、マグロの脂がドバドバ出てくる!

味噌汁を吸った油揚げのように……!

このマグロ!ほとんど油揚げ……!
「150円でこのクオリティ!夢のようだ……」

はま寿司「大とろ」と「中とろ」を比較。

▲ 画像・左が「中トロ」。右が「大トロ」

「見た目からして、脂の多さがまったく違う……!

中トロは、見た目が「油揚げ」じゃないんだよ!

はま寿司「北海道産ピリ辛たこ軟骨」。

期間限定のフェアメニューである「北海道産ピリ辛たこ軟骨」。

タコのではなく、“軟骨”。
「こんなの初めて食べた。鶏の軟骨とは違う味だ。当たり前だけれど……!」

はま寿司「ひとくち揚げ海老餃子」。

こちらも期間限定のメニュー「ひとくち揚げ海老餃子」(200円)。

サクサクの衣、中にはエビの甘い餡。
「これ結構美味しい。弁当箱に入れてピクニックに持って行くと良い感じ。『これわたしが作ったの~』なんて騙くらかせば、周りは羨望のまなざし間違いなし!」

はま寿司「北海道産ほっけの天ぷら握り」。

これもまた期間限定のフェアメニュー「北海道産ほっけの天ぷら握り」。

反り返ったホッケ……!

そこにしびれる!あこがれるぅ……!

まるでジョジョ立ちのように、反り返ったホッケ!
回転寿司店の揚げものが美味しいと、一時期テレビなどでも取り上げられて話題になっていたけれど、たしかに!食べると何だかほっこりするホッケ……

ほっこりホッケだ!

次順、いよいよメイン……!

はま寿司「博多とんこつラーメン」。

見事なクリーム色の湖面!

こちらも期間限定のメニュー。定価は350円だが、現在配信されているメールクーポンを使えば50円引きの300円で食べられる。

誰が見ても、豚骨ラーメン!

歯応えの強い細麺!

「さすがにガチのラーメン屋さんと比べてはいけない。けれども回転寿司店で提供されるラーメンとして十分なクオリティ。想像していたよりもはるかに美味しい!春香クリスティーン……!

ありがとうございました。

▼ 応援お願いします(^_^) ▼
人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)