高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

平家の茶屋 田舎そば & 天ざるそば

投稿日:2010.05.09 更新日:

元々は、うどんだけが好きだった私。
だけど最近、麺だったら何でも良くなってきた。(爆

そしてついにこの度、
開けてはいけない扉を開けてしまうのでした。

竜一、ソバ部門に進出。

ソバにだけは手を出しちゃいけないと思っていた。
ソバまで食い始めるとキリがないと思っていた。

でも、もう止められないの!

平家の茶屋

『平家の茶屋』
(香美市香北町)

ここは最初、何の店か分からなかった。

『茶屋』と書いてあるから、団子とか和菓子でも売っているのだろうと思っていたある日、
高知ローカルのテレビ番組、『サタマガ』で、
ソバ屋として紹介されているのをたまたま見かけて、
初めて、ソバ屋なのだと知った。

そしてその時、「いつかは行ってみたいな」と思ってから、数ヶ月の月日が流れていた。

ゴールデンウィーク真っ只中の、5月4日。
14時前に来たのだけど、店内は、ほぼ満員。

ひとテーブルだけ空いているというラッキーで、座れた。

メニューを見ると、
「ソバはうどんに代えることも出来る」
というようなことが書いてあった。

少し思うところがあって、
店員のお姉さんに聞いてみた。

「うどんは手打ちですか?」

「うどんは手打ちじゃないです。温かいソバだけが手打ちです」

つまり、うどんと、冷たいソバは手打ちではないということのようである。

平家の茶屋 田舎そば

『田舎そば』

平家の茶屋 田舎そば 持ち上げ

不揃いで、手打ち感たっぷりのその麺は、とても短い。
これまでに見たことが無い麺に、心がワクワク。

口に入れると、ソバの香りがフワッと広がる。
噛むと、ホロホロと崩れて行くような麺。

「すするのでは無く、食べる」

正に、その表現がピッタリな麺だった。

平家の茶屋 天ざるセット

『天ざるセット』

やはり田舎そばとは麺が違う。
こちらは、スタンダードなソバである。

そして、この日はエビ天が売り切れたということで、
エビ天に代わりまして、

代打、太刀魚!

太刀魚って、天ぷらでもいけるんですね。

焼いた太刀魚は食べたことがあっても、
天ぷらバージョンの太刀魚は食べたことがなかったから、興味津々。

油が強かったけど、焼いたのとはまた違って、
新たなる太刀魚の一面を見た気がしました。

平家の茶屋 みょうが天

『ミョウガの天ぷら』

しょーガッツと並ぶ、ガッツ野菜、みょーガッツ!(参考記事)
ここでお前に逢えるとは!

苦い・・・。
でも苦いのがいい・・・。

この苦さが理解できるようになってこそ、
マスター・ミョーガだ。

平家の茶屋 茶!

山とダム湖に挟まれた静かな場所に佇む、平家の茶屋。
素朴なソバ、攻めた天ぷら。

古と新。
古きものと新しきものの融合を感じた昼下がりでありました。

平家の茶屋

◆ 平家の茶屋
営業時間 7:00~完売まで
定休日 火曜日・第2/第4水曜日
駐車場 有

平家の茶屋の場所

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.