高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

手打ちうどん めん處 雅 エピソード2/必然の勝負手

投稿日:2011.08.27 更新日:

エピソード1を読む』 『エピソード3を読む


めん處雅 店内

民家の一角を改装して作られている店内。

コンクリートの床。
そこに木のテーブルとイスが、いくつか並べられている。

ネットで見た他の方のブログの画像では、
座敷にテーブルが並んでいた記憶があるから、
その座敷は、もう使っていないのか、
客が多い時のみに開放しているのかもしれない。

雅では麺の茹で置きは一切しておらず、
すべて注文を受けてから湯掻いているため、
新しく開発した細麺だと6分、通常の太い麺だと15分ほどかかる、
と、おじさんが言う。

<太麺と細麺なら・・・太麺だな・・・!
まったく急いでもいねぇし・・・!>

よって・・・この局面・・・!
答えは・・・当然・・・!

太麺・・・!
単騎待ちっ・・・!

「あ・・・時間・・・大丈夫なんで・・・釜たまで・・・!」

狙うは・・・!
よもやの釜揚げ麺・・・!

釜玉っっっ・・・!

<俺は家を出る前から決めていた・・・!
今日の気分は釜たま・・・!だから例え槍が降ろうとも・・・!
降りしきる槍の中で・・・釜たまを食べるんだとっ・・・!>

待ち時間はそれほど長く感じなかった。

おじさんが、いろんな話をしてくれたし、
テーブルの上に置かれたファイルの中に、
よく知っているブロガーさん達が書いた雅の記事のプリントが挟まれていて、
それを読んでいると、まったく退屈しなかったからだ。

「なかなか面白く書いてくれちゅうでしょ・・・!?
ウチは全然宣伝しなくても・・・皆さんが宣伝してくれます・・・!」

そう言って、おじさんが嬉しそうに笑った。

そんなおじさんは、接客担当のようで、
店の奥で麺を打っているのが、おじさんの息子さんだと言う。

息子のことを語るおじさんの声は、なんだか弾んでいて、
<自慢の息子さんなんだぁ・・・!>と思った。

話していて、とても感じの良い方で、
聞こうとすれば、ちょっとした裏話も聞けそうだったのだけれど、
それは、あえて自重した。

例えば、好きな人のことは、
体の何処にホクロがあるかまで、すべて知っていたいと思う人もいれば、
裏の裏まで知る必要は無いと考える人もいる。

私は後者だ。
知らないままのほうが、興味が尽きない。

だから、少し聞きたかったことがあって、
それが喉元まで出掛かっていたのだけれど、堪えた。

飛び込むんだ・・・!
未知なる麺世界へっ・・・!

優しく微笑みながら穏やかな口調で話すおじさんの声が、
まるで田舎の秋の夜長に響くスズムシの音色のように、雅の店内を潤す。

だが・・・ゆったりとした時間が流れていたのは・・・ここまで・・・!
竜一を待ち構えていたのは・・・激しく熾烈な勝負の世界だった・・・!

エピソード1を読む』 『エピソード3を読む

愛をください。(;ω;)

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.