高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

手打ちうどん めん處 雅 エピソード1/住宅街の麺星

投稿日:2011.08.26 更新日:

エピソード2を読む』 『エピソード3を読む


気になる店があった。
でも、その店に行く踏ん切りがなかなか付かないでいた。

月日は流れた。
二年だ、二年という月日が流れた。

私はうどん屋に行く際に、
気軽に行くということはあまり無い。

うどん屋に行くということは、
喰うか喰われるかの勝負をしに行くということだし、性格的に内向きだし、
特に初めての店に出向くのには、決死の覚悟と勇気が要る。

だけど、蝉の鳴き声響く夏を迎えて、
無性にその店に行こうという気力が湧いてきた。

春は人を前向きにさせるけれど、
夏は人を強くする。

行こう・・・!
まだ見ぬ未開へっ・・・!

しかし、その店に簡単に辿り着けるとは思えなかった。

雅の地図

なぜならば、グーグルマップに示されたその店は、
地元の相当に土地勘のある者でないと、
通常ならば誰しもが迷うと判じられるような場所にあったからだ。

私の高級な軽自動車は、軽量化の為"あえて"カーナビを付けていない。
いわゆる、『レース仕様』

<クッ・・・ナビ無しじゃ・・・どう考えても迷いそうだぜ・・・!>

一抹の不安。
だが、行くしかない。

カーナビが付いてない・・・?
迷いそう・・・!?

そんなことが言い訳になるか・・・!

行くしかねぇんだよっ・・・!
行くしかっ・・・!

ここで行かなかったら・・・!
うどん中毒じゃねぇっ・・・!

携帯電話にグーグルマップの画像を入れて、
一路、高知市瀬戸へと進行。

店の周辺は入り組んだ住宅街。
かなり迷うかと思いきや、実際にはまったく迷わず、
意外とスンナリ辿り着いた。

めん處 雅

『めん處 雅』
(めんどころ みやび)

<事前のリサーチでは・・・!
駐車場が有ると聞いていたが・・・何処だ・・・駐車場・・・!>

店の前に僅かばかりの空間があった。
そこかと思って停めようとしたのだけれど、
停めたら車が道路に半分ハミ出てしまう状態。

<あかん・・・これじゃあかーん・・・半分出とったらあかーん・・・!
てことは・・・!ここじゃねぇのか・・・!
だが・・・近くに駐車場らしき場所なんて・・・ねぇ・・・!>

車内で、さてどうしたものかと考えた。

とにかく、ここまで来て、
「駐車場が分からないから帰る」
というわけにもいかない。

今日という今日は・・・引き下がれねぇ・・・!
食わんことには帰られへんのや・・・!

<しかしダメ・・・これは・・・自己解決するには無理難題・・・!
それに・・・さっさと入らねぇと・・・昼のピーク時を迎えてちまう・・・!
聞いた方が早い・・・!聞こう・・・お店の人に・・・!>

一旦、中に入って店のおじさんに聞くと、
やはり店の前の空間が駐車場で、
そこに斜めに車を停めたら良いと言う。

<そうか・・・そうか・・・そうか・・・!
正解は斜め停めだったか・・・!>

さらに、店のおじさん。
わざわざ外に出て来てくれて、
バックで下がる車を誘導してくれる。

おじさんの優しさ、心遣いに感動。

「ようこそお越し下さいました・・・!
迷ったでしょ・・・!?」

「い・・・いいい・・・いや・・・インターネットに地図が載ってて・・・!
そそ・・・そ・・・それ見ながら来たら・・・案外大丈夫でした・・・!」

などと、おじさんと滑らかに会話をしながら、入店。

(エピソード2へ続く・・・!)
エピソード2を読む』 『エピソード3を読む

愛をください。(;ω;)

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.