おおつ製麺 エピソード1/醤油の捜索

『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』


昨年の秋頃だったか。
開店したうどん屋があった。

交通量が多い国道に面した場所柄の為か、
その店は、開店前から随分と話題になっていた。

けれど、オープン当初の状態を、竜一はあえて避けていた。

が、明けた2012年。
機、熟した。

おおつ製麺

『おおつ製麺』

<ついに来たぜ・・・!
大津の新星っ・・・!>

早速、自前のスカウターで計測。

<ふむ・・・なるほど・・・セルフ店か・・・!>

入ってスグ正面に注文カウンター。
そばにホワイトボードに手書きで記載されたメニュー。

歩み寄って竜一、探す。

<醤油・・・!
醤油・・・醤油・・・!>

何気なく目の前に転がっているものほど、
見付からないものである。

この時も、きっとそこにあったハズの『しょうゆうどん』の文字、
それが、なかなか見付けられないでいた。

<無いっ・・・無いっ・・・!
何処にある・・・醤油っ・・・!>

目の前では、店員さん(女性・推定50代)が、
竜一の注文を、今や遅しと待っている。

<クッ・・・ダメっ・・・ダメっ・・・!
自己解決不能・・・!!>

セルフ店ならではの・・・!
注文カウントダウン・・・緊迫感に・・・!

押し潰されるっ・・・!

意、決した。
小指の先ほどしか無い勇気を振り絞り、か細い声で話しかける。

「しょ・・・しょしょ・・・!
醤油うどんって出来ますぅ・・・!?」

「出来ますよ・・・!」

「ほんなら・・・!
しょしょしょしょしょ・・・醤油うどんで・・・!」

一寸もドモらず、
滑らかに聞くと、
アッサリと醤油可決。

<ククク・・・他愛も無い・・・!
店員さんに話しかけることぐらい・・・!
その気になれば楽勝さ・・・!!>

おおつ製麺 注文時の竜一

(エピソード2へ続く・・・!)
『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント投稿

*

Return Top