うどん小屋 一六八 エピソード1/解読

2012.03.05

  1. 生姜農家の野望Online >
  2. 南国市グルメ >

うどん小屋 一六八 エピソード1/解読

2012.03.05

『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』


一六八に向かう

数年前から存在を知りながらも、
一度も行ったことが無かったうどん屋さんに行ってみた。

所は、南国市岡豊町。
名を『一六八』というらしい。

だが、竜一先生。
この時、読めず。

いちろくはち?

ネットで検索して初めて、
『一六八』と書いて、"いろは"と読むのだと解った。

パソコンを見つめる竜一先生

ちなみに、竜一先生は、
いつも上記の体勢でキーボードを打っている。

座右の銘は、

「キーボードは、寝て打てっ・・・!」

(エピソード2へ続く・・・!)
『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

最速情報はTwitterにて

人気記事ランキング

© 2020 生姜農家の野望Online