高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

うどんのみなみ

2012.03.13

足りねぇ・・・!
まだまだ・・・!もっと欲しいっ・・・!

南国市の『一六八』を後にした竜一。

よもやのハシゴ・・・!

「酒もうどんも・・・!
二次会からが本番やっ・・・!」

うどんのみなみ

『うどんのみなみ』

<数年ぶり・・・!
久し振りだね・・・みなみちゃん・・・!>

高知市中心部、繁華街にある『みなみ』
深夜まで営業していることから、一時期飲み歩いていた頃の竜一は、
飲んだあとの締めの一杯に、よく『みなみ』を利用していた。

だから、『みなみ』には何度も来たことがあったりするのだけれど、
昼間の『みなみ』は、初めて。

入店した竜一に、
違和感、走る。

<あれ・・・!
こんな感じだったっけ・・・!>

店内の間取りが、記憶と違う。

しかし、思い起こしているのは4~5年前のことで、
記憶自体が、すごぶる曖昧。

<それも・・・よくよく考えてみれば・・・!
かつての俺がみなみに来る時は・・・いつも泥酔してたからなぁ・・・!
そのせいで・・・余計に記憶の糸を辿ることが出来ない・・・!>

時刻が14時前ほどと、
遅めだったことも関係しているようで、
店内には、先客おらず。

うどんのみなみ 天カス!テンコ盛り!

カウンター席に腰を掛ける。

すると、すぐさま店のおばちゃんが、
水とおしぼりを持って来てくれた。

カウンター越しの厨房では、
店主と思われる男性が何やら作業をしている。

あらかじめ置かれているメニュー。
薄いファイルに入っている。

<釜玉がある・・・!
元々・・・釜玉が食べたいと思っていたんだ・・・!
一六八で醤油ガッツリ・・・そのあとには優しく胃を包んでくれる・・・たまご王子・・・!>

釜玉が本線本命っ・・・!

そうこうしていると、あとから男性の一人客、
それから女性の一人客も入ってきて、にわかに熱を帯びてくる、みなみ。

ふと振り返ってみた片隅。

「カラオケの機械がある・・・!」

おそらく夜営業時のためのものだろう。
機械に貼られた紙には、「1時間500円」と記載されている。

「歌いたいっ・・・!」

眠りし本能が確実にそう言った。
だが・・・。

<俺が歌うことで・・・!
みなみの店主が数日間寝込むようなことがあってはいけない・・・!>

そういう大人の考えをして、やめた。
竜一の破壊力を見てみる? → 笑いのセンスがズレている人以外は見ないほうがいい)

うどんのみなみ 釜玉生醤油うどん

『釜玉生醤油うどん』

うどんのみなみ 釜玉生醤油うどん

<メダマー上乗せ・・・!
キレイっ・・・キレイっ・・・ウットリ・・・!>

美人さんやぁっ・・・!

うどんのみなみ 釜玉生醤油 麺アップ

エッジ鋭く真っ直ぐにビシッと揃った麺線。

「モグモグッ・・・!」

<一般的な釜玉に多いモチモチ食感じゃなくて・・・!
意外にシコ系・・・そんな雰囲気・・・!
固めの表面からシコシコッッッ・・・と中心へ切れ込んでゆく・・・!>

うどんのみなみ きつねうどん

『きつねうどん』

見た瞬間・・・!
竜一に電流走る・・・!

<ややっ・・・このカマボコ・・・どこかで見た気が・・・!
少し形が違うか・・・!?・・・んん・・・!似ているがどうだろう・・・!>

出汁を飲んで、また衝撃。

<おおおっ・・・コイツはもしかして・・・!
昆布とイリコ・・・それから3種のカツオ節で出汁を取ってんじゃねぇのか・・・!>

ククク・・・!
俺ほどになると分かっちまうんだ・・・!

一口飲んだだけで・・・!
出汁に何が入っているかなんて・・・!
分かりたくなくても・・・全部分かっちまう・・・!

出汁の成分が透けて見えるのさぁっ・・・!

(まぁホントは壁の張り紙に、
「昆布とイリコと3種の鰹節を使って出汁を取っているよ!」という旨が記載されていたんだけどねっ!)

「ゴクッ・・・ゴクッ・・・!」

<甘いような・・・辛いような・・・やっぱり甘いような・・・!
いろいろ入っているだけあって複雑な味わい・・・!まるで迷路・・・!>

カウンターで食している竜一の背中側にあるテーブル席で、
あとから来た男性客と店のおばちゃんが親しげに話している。

壁には「店主一人の時はセルフでお願いしますっ!」という風な張り紙。

<つまり・・・!
あのおばちゃんが居ない時は・・・!
セルフシステムに変わるということなのか・・・!>

ランダムセルフ・・・!
ランダムおばちゃん・・・!

<その時々で店のシステムが変わるというのも面白いな・・・!
セルフな時のみなみ・・・!そんな一面も見てみたい・・・!>

おばちゃんに舌代を払って帰ろうとしていると、
カウンターの向こう側にある厨房から、痩せた店主がニッコリと微笑む。

みなみの空気は、なんだか温かい。

うどんのみなみ

◆ うどんのみなみ
(高知市はりまや町1丁目6−7)
営業時間/確認し忘れ(昔は11~15時・21時~深夜みたいな感じだった気が!)
定休日/確認し忘れ(ゆけば分かるさ!)
営業形態/一般店(店主一人の時はセルフになるみたい!)
駐車場/無

(釜玉生醤油うどん400円、きつねうどん450円)
『うどんのみなみ』の場所はココっ・・・!

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.