高知最大級のグルメ&地域情報ブログ

生姜農家の野望Online

中国家常菜 鳳龍菜館 エピソード1/ほっとこうちの誘い

2012.03.17

  1. 生姜農家の野望 >
  2. 香美市/香南市/北川村ラーメン >

中国家常菜 鳳龍菜館 エピソード1/ほっとこうちの誘い

2012.03.17

『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』


次々と新しいモノが生み出される世の中。
そんな世の中で常に新鮮な刺激を受けていたいという、
いわゆる、"あたらし物好き"な人もいれば、逆に変化を好まない人もいる。

大量の傷が付きルックスが大幅に劣化してしまったこと以外、
使う分にはなにも不自由が無いからと、5年も同じ携帯電話を使っている竜一、

この度、ついに、
「アナタいい加減に機種変更しなはれ!その携帯7月から通信できなくなりますよ^^;」
と、auさんから最後通告にも聞こえる、お達しを受けた。
(シーディーエムエーなんちゃらっていうののサービスが終了するらしい)

それにしても、機種変更をするために携帯ショップに行くのが億劫で億劫で、毎日頭が痛い。

変化を好まないといえば、散髪屋も変えない。
昔に住んでいた所の近くの散髪屋に13年間ずっと通っていて、
今の家からは距離が遠いのだけれど、別の散髪屋に変えるのも、それはそれで億劫だからだ。

とにかく何をするのも、面倒臭いのである。

うどんを食べに行くのだって本当は億劫で、
むしろ「さかえが来い・・・!」と思う時もあるけれど、
さかえに限らず、大抵のうどん屋は行かないと来てくれないから、
愛するうどんの顔が見たい一心で、頑張って行っているのだ。

話を戻すが、13年間通っている散髪屋。
恥ずかしながら、散髪屋の人達に未だに人見知りしてしまう。

あんまり喋りたくないから、
髪を切り終わるまでの2時間と少しのあいだ、
竜一はひたすら『ほっとこうち』を読んでいる。

ちなみに『ほっとこうち』で一番気に入っているのは、
読者の投稿に編集者の人がコメントを付けるコーナー。

毎回、読者の意外と赤裸々な投稿に、編集者の人がユーモアを交えながら、
時にマジレスしちゃっているあのコーナーのやり取りが面白くて、
「さあ!読むぞ!」とページを開いた冒頭、度肝を抜かれた。

カキ!あんかけ麺!

<なんだこのカキ・・・!
デカイっ・・・見るからにプリプリっ・・・!
肉厚のカキが・・・中華そばの上にゴロゴロ乗っちまっている・・・!>

鳳龍菜館っ・・・!?

野市じゃん・・・!!

<それも冬限定・・・今しか食べられないとある・・・!
うぐっ・・・うぐぐっ・・・!こんな攻め手を持っていたとは・・・!
ジョーカー・・・!ポーカーで云わば・・・ジョーカー・・・!>

鳳龍菜館・・・!
この冬の局面に・・・!

最強一枚を秘めていやがった・・・!

地球上で唯一苦手な食べ物、それが果物の柿であるが、
海の牡蠣はすこぶる好き。

そんな竜一は数日後、野良仕事が早く終わった夜に、目指した。

「ほぉーりゅーさいかぁーん・・・!」

中国家常菜 鳳龍菜館

『中国家常菜 鳳龍菜館』
(ちゅうごくかじょうさい ほうりゅうさいかん) ※中国なんちゃらの読み方めっちゃ調べた。

(エピソード2へ続く・・・!)
『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

人気ランキング

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.