農業と高知グルメの情報サイト

【高知】うどん・そば処「味里」アルデンテの独奏

投稿日:2012.03.31 更新日:

讃岐ほどでは無いにしても、
土佐にもたくさんのうどん屋さんがある。

行きたくても、なかなか行けない店」は多い。

切望する小麦から成りし麺線。

日々の農業との兼ね合いさえ付けば、
スグにでもアクセルを踏み込んで逢いに行きたかった。

コインパーキングに車を停めて、
高知市中心部の静かな裏通りを歩く。

穏やかに吹く風からは、
畑でいる時みたいに土や草の香りはしてこないけれど、
それでも、ゆったりと時が流れる週末のこの界隈の空気感は素敵だ。

「カツカツ」とアスファルトの上で靴を鳴らしながら、のんびりと歩いて到着。

うどん・そば処 味里

『うどん・そば処 味里』

5~6年ぶりだった。
久々に対峙する、味里。

<看板・・・綺麗になってないか・・・?>

遠い記憶と、目の前にある現在を照らし合わせながら呟いた。

<濃紺に白・・・!
いいな・・・この配色っ・・・!>

年季の入った木の戸をソロリとスライドさせて、踏み入る店内。

彼方に霞んでいた記憶よりも一回り小さく映ったその中で、
中年男性ばかり数人が、「ズルズル」と軽快なリズムを刻んで麺をすすっている。

そして、これまた年季が入って、
良い具合にくたびれた深い茶色のカウンターの向こうには、
店の看板と同じ色の服を着たおばちゃんが3人ほど見えた。

カウンター席のみの『味里』
厨房を囲む正面のカウンターは満席に近かったから、
店の周囲の壁に沿って設けられたカウンター席に座る。

目を向けるは、壁に貼られたメニュー。

<以前来た時は、たしか味里名物のカレーうどんを食べたよな・・・
店の記憶はかなり薄くなっていたけれど、カレーうどんの感じはよく覚えている・・・
それだったらカレーの対極・・・あえてのシンプル路線で勝負するか・・・!>

チラリ。
背中側にある厨房に視線をやる。

一番近くにいるおばちゃんの位置、確認。

振り絞る、なけなしの声量!

「す・・・すいませぇ・・・ん・・・!」

だがっ・・・!
おばちゃん反応なしっ・・・!

他二人のおばちゃんも、
コチラを見向きもしてくれず、まったく聞こえていない様子。

<めげるな・・・もう一度・・・!
いけっ・・・腹の底から振り絞れ・・・!
出せば出るさ・・・!圧倒的声量っ・・・!>

自分に言い聞かせて、
再度、発す。

「す・・・す・・・すすすす・・・すいま・・せ・・ぇ・・・ん・・・!」

劣化した。

一発目のほうがまだマシだった・・・!

<くそっ・・・ダメか・・・!
万事休す・・・注文不能っ・・・!>

かなり困っていた私に奇跡が起きたのは、
数秒の間を置いた後だった。

下を向いて何かを作っていたおばちゃんが、
コチラに顔を向けたではないか。

「はぁーい!」

えっ・・・!おばちゃん聞こえてたんやん!反応遅くないか・・・!
いや・・・それか・・・"なにか聞こえた気がする"と思って顔を上げたら、
俺と目が合ったから反応したのか・・・まぁそんなことはいい、とにかく注文・・・!>

この局面・・・重い手は要らない・・・!
軽い手でシンプルに・・・!

「ぶっ・・・ぶっかけ・・・!」


記憶からすっかり消えていた味里のメニューは、
かけ出汁の入ったうどんが殆どだった。

別にかけ出汁が入ったうどんにしても良かったし、
「鍋焼きうどん」なんてメニューは、
味里の雰囲気に良い具合に合いそうだと思った。

けれど、一糸まとわぬ味里の麺線を、
是非この機会に見ておきたい、とも思ったのだ。

テレビから流れるタレントの喋り声、
いなり寿司が乗った皿を、ガラスケースに補充する店のおばちゃん。

暫くして、現れたソレは美しい。

うどん・そば処 味里 ぶっかけ

『ぶっかけ』

モクモクと立ち昇る湯気。

<温デフォか・・・!>

注文時に「温と冷どちらにするか」を聞かれなかったから、
聞かないパターンの多くの店がそうであるように、
冷たいぶっかけが出てくるものだと想定していたが、否。

<夏でも温で来るのかな・・・!
それとも、夏は冷、冬は温、みたいに切り替える方式で、
今は、まだ少し肌寒い時期だから温でやっているのかな・・・!>

思い巡らせながらの麺鑑賞。

うどん・そば処 味里 ぶっかけアップ

<広い・・・幅広・・・!
以前の記憶と同じ!キミは相変わらず平べったいね・・・!>

そんじょそこらには無い、
独特の麺線を目でなぞる。

<綺麗だよ・・・。
前から綺麗だったけれど、今はもっと綺麗だよ!>

そんな風に声をかけてあげると、
白い麺が、わずかに微笑んだ。

味里うどんの耳元でささやく。

<逢いたかった・・・!
俺はキミにずっと逢いたいと思っていたんだ・・・>

うどん・そば処 味里 ぶっかけ 麺アップ

口に運ぶ。麺が触れる。
そしてそのまま噛み込んでゆく・・・!

<ふぁっ・・・!>

"ムチッと浅い部分で反応して、
以後はシコシコとモチモチの中間を通すような、
とにかく他に無い独特の麺食感・・・!"

一瞬漏れた吐息は、小麦に溶けた。

<フフッ・・・俺はキミの名を思い付いたよ・・・!
そうさ・・・キミは味里・・・味里アルデンテさっ・・・!>

独創的。
突き抜けている。

そんな麺とは対照的に、
ぶっかけ出汁は、出汁が前面に出た優しい味わいで、香り高い。

うどん・そば処 味里 寄せうどん

『寄せうどん』

少なくとも高知のうどん店ではあまり聞かないメニュー名。
正体わからぬまま注文したソレは、『五目うどん』みたいに、
"かけ"の上に色々な具が盛られた一杯だった。

作業着姿のおじさんが、
カウンター越しに舌代を払っている。

程無くして私も立ち上がる。

「お・・・お勘定を・・・!」

「はーい!」と言いながら
ニッコリ微笑む、店のおばちゃん。

腹の中で弾んでいる。
味里アルデンテが弾んでいる。

うどん・そば処 味里

◆ うどん・そば処 味里
(高知県高知市本町1丁目6−16)
営業時間/11時~18時(土曜日は15時まで)
定休日/日曜・祝日
営業形態/一般店
駐車場/店の隣に1台、1000円以上の食事で[中の橋駐車場]30分無料券進呈と、張り紙に有り。

(ぶっかけ350円、寄せうどん570円など)
『味里』の場所はココっ・・・!

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。プロフィール詳細 | お問い合わせ

高知市のうどん・そば屋さん

高知市うどん・そば

「セルフうどん さぬきや」醤油で食べるうどん

『さぬきや』は、高知市神田の細い路地の先にある。セルフ方式の店なので、まず盆を取ってカウンター越しに注文する。 <んん…『かけ』にしようか…。『釜玉』でもいいんだけど…>セルフ店は悩む時間を与えてくれない。入店してから考えていたのでは遅い。カウンターの向こう側では店のお姉さんが待っている。 脳内で入り乱れる思考。<最近醤油食べてないから…んんん…醤油!> うどんを受け取ってセルフレーンを進み、生姜をたっぷり。ゲソ天を載せて。 『しょうゆうどん(大)』370円にゲソ天がいくらだったか…。いずれにしてもワンコ ...

高知市うどん・そば

手打ちうどん「たも屋」高知・潮江店「肉うどん」「醤油(温)」

2017年1月上旬。この日、高知市内を車で走っていた竜一。予定があり、昼食を15分以内に済ませなければならない。 「15分で食べられるもの・・・」 うどんだ! 颯爽と車を滑り込ませた『たも屋 潮江店』。週末と言うこともあり、たくさんの人々でごった返しているが、セルフレーンに並ぶ客は順調に流れている。 カウンター越しに注文後、即刻渡してくれたうどんを受け取り、会計を終える。客が自分で薬味を盛り付ける必要があるセルフうどん店『たも屋』だが、竜一、早い。 これまで何年も『たも屋』に通って、鍛え上げられた盛り付け ...

高知市うどん・そば

丸亀製麺 高知高須店

いきなり発作が起きた。お手手がプルプルする。 うどん禁断症状だ。 しかし時刻は15時を回っていた。高知のうどん屋は、大抵14時あるいは15時ぐらいまでしか営業していない。 いまからうどんを食べようにも、営業している店は少なく、選択肢は限られている。 <気が付けば町外れ…郊外で路頭に迷っていた…!俺はいったい何処に行けばいいんだ…!> いったいどういうわけだろう。具体的にいうと、高知市介良の辺りにいた。 <この辺りで15時をすぎても営業していて…尚且つ…晩ごはんに影響が出ないような…軽いうどんを提供してくれ ...

高知市うどん・そば

手打ちうどん めん處 雅 エピソード1/住宅街の麺星

『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』 気になる店があった。 でも、その店に行く踏ん切りがなかなか付かないでいた。 月日は流れた。 二年だ、二年という月日が流れた。 私はうどん屋に行く際に、 気軽に行くということはあまり無い。 うどん屋に行くということは、 喰うか喰われるかの勝負をしに行くということだし、性格的に内向きだし、 特に初めての店に出向くのには、決死の覚悟と勇気が要る。 だけど、蝉の鳴き声響く夏を迎えて、 無性にその店に行こうという気力が湧いてきた。 春は人を前向きにさせるけれど、 夏は ...

高知市うどん・そば

しまだ製麺所 本店 釜玉うどん & 醤油うどん

タマゴ・ブームだった。「ちっ子亭」で「えび玉うどん」を食べながらも、まだタマゴが食べたかった。私はうどん野郎・・・タマゴはタマゴでもユデタマゴじゃダメ・・・うどんに絡めてなきゃ・・・。 <えび玉の次は・・・釜玉だ・・・!俺のタマゴ・ダマシイに火が付いた・・・!> 決定っ!ハシゴうどん・・・! <すでに・・・ちっ子亭で喰ってんだ・・・!重い手は要らない・・・!ここは軽い手で充分だ・・・!> 1玉の量が軽い(少ない)。金銭的な負担が軽い(安い)。 帰りに、海が見たい。 以上の条件で脳内をかける。 ・・・!HI ...

高知市うどん・そば

「丸亀製麺」うどん、春らんまん「あさりうどん」を食べた感想

俺には聴こえる・・・うどんの声・・・! あさりにまみれたうどんの声が・・・。 『丸亀製麺 高知高須店』 元々・・・貝好きの竜一・・・! ホタテにカキにサザエにナガレコ・・・! チャンバラにカメノテまで・・・なんでもござれ・・・! うどんに・・・貝・・・! あさりが乗ったうどん・・・! <これは食べる・・・食べざるを得ないっ・・・!> うどん、春らんまん・・・! あさりは海の贈り物・・・! 季節限定・・・! 春のあさりうどん・・・!! 丁寧にガラ入れ付き・・・! <って・・・多っ・・・!> 貝、多いっ・・・ ...

高知市うどん・そば

セルフうどん さぬきや 【麺屋100店行脚・4店目(2)】

『(1)を読む』 店内は賑わっていたが、セルフレーンに列はできていなかった。来たタイミングが良かったようだ。 「『かけ』もいいけど、『釜玉』が食べたいんだよなー」私は頭上にあるメニューが書かれた木札を見ながら呟いた。 「組織からの指示は『かけ』だよ。『釜玉』はまた今度ね」と言ってブランは微笑んだ。丸い頬が犬の姿のときの面影を残している。 「ちょっと待ってくれ…」私は両手を広げて豪語した。 『釜玉』を食べたいのは、いつかまた今度じゃない…! 今日なんだっ………! 「組織の指示通りにやってもらわないと、100 ...

高知市うどん・そば

麺・鄙屋(ひなや) 牛とろろぶっかけ(大)

今日も忙しい………!生姜の世話に忙しいっ………!! でも大丈夫………………! 今日は俺が語らなくても…!うどんが語ってくれるっ……!! 高知市南はりまや町……!「かるぽーと」西側にある……! 『鄙屋(ひなや)』の………! 牛とろろぶっかけ………!大盛りっ………………!! ろっぴゃくええぇぇぇんっ…!! うつ……………! うつ……………! 美しいっ……………! うどん百景に指定したい………! 圧倒的……!絶景っ………!! この麺の上で眠るのが、俺の夢だ。 汗ばんできたっ………!

高知市うどん・そば

はなまるうどん 高知インター日の出店

初めての『文吉』で、初めてのうどんを食べた。初体験に触発されたのか、自分の身体の奥底から、魂の沸き立つ音が聞こえた。 店を出て、駐車場に停めた車のエンジンをかける。それよりも先に響かせていた。 私の魂、"うどんエンジン"が、甲高いエキゾーストノートを響かせていた。 <文吉で食べたうどんは大盛・・・つまりおそらくは2玉・・・!俺のデフォは3玉・・・逆算的にまだまだいける・・・あと1玉・・・それでも標準っ・・・!> 高級な軽自動車を、高知市南部から中心部へ走らせる。各所へ寄り道していると、時刻は16時になろう ...

高知市うどん・そば

【高知】そば処「唯」高知市・上町にある、おいしいお蕎麦の人気店

<蕎麦か…吉野家の蕎麦もそうだし…蕎麦自体…俺あんまり食べたことないな…> イオンモール高知のフードコートで、うどんを食べながら、蕎麦のことを考えていた。 <そういえば…このあいだラストチャンスで飲んでるときに常連さんと蕎麦の話になって…オススメの蕎麦屋さん…教えてもらったんだった…> 私は人に薦めていただいた店というのは酔っていてもわりと覚えていて、大抵、後日実際に出向く。 食べることぐらいしか、楽しみがないのでね…! 『そば処 唯』 その屋号、きっと高知蕎麦界の中でも有名。 <お噂は兼ねがね……> 初 ...

高知市うどん・そば

おおつ製麺 エピソード1/醤油の捜索

『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』 昨年の秋頃だったか。開店したうどん屋があった。 交通量が多い国道に面した場所柄の為か、その店は、開店前から随分と話題になっていた。 けれど、オープン当初の状態を、竜一はあえて避けていた。 が、明けた2012年。機、熟した。 『おおつ製麺』 <ついに来たぜ・・・!大津の新星っ・・・!> 早速、自前のスカウターで計測。 <ふむ・・・なるほど・・・セルフ店か・・・!> 入ってスグ正面に注文カウンター。そばにホワイトボードに手書きで記載されたメニュー。 歩み寄って竜 ...

アクセスランキング★TOP5

1 大きな草と草刈機

草刈機の使い方!刈払機の使用方法を現役農家が徹底解説!

草刈機(刈払機)の使い方を現役農家の竜一がご紹介。プロが教える草刈機の使用方法。エンジンのかけ方、エンジンがかからない場合の対処法、草の刈り方について解説しています。

2 高知市 帯屋コッペのコッペパン 大エビフライコッペ

【帯屋コッペ】くまのPAN屋のコッペパン専門店が高知市にオープン

高知市帯屋町にオープンした高知初のコッペパン専門店「くまのパン屋. 帯屋コッペ」のメニューとコッペパンをご紹介。持ち帰り(テイクアウト)可能。2階にイートインスペースがあります。所在地/高知県高知市帯屋町2-1-28 営業時間/8:00〜18:30 定休日/月曜日

3 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

4 晩酌家つるじろ外観

晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】

晩酌家つるじろ(画像はオープン前に撮影しています) 2018年5月28日! 晩酌家つるじろ! 高知市にオープン! 当記事公開日である、本日5月28日(月)にオープンした居酒屋の新店「晩酌家つるじろ」。 居酒屋は居酒屋でも、ただの居酒屋ではない。 料理がおいしい! 店内がおしゃれ! 座敷あり! 掘りごたつあり! 子連れで行ける! カップルで行ける! 接待で行ける! 一人でも居心地がいい! マスターがイケメン! マスターが面白い! おすすめポイントをパッと上げても2,000個くらいすぐに思いつく、とんでもない ...

5 畑の食堂Copanのビュッフェランチ

畑の食堂Copan(コパン)高知/南国市・ながおか温泉の隣にオープン

高知県南国市にある「ながおか温泉」。 その隣に、地元の野菜を活かした料理が食べられるお店「畑の食堂Copan(コパン)」がオープン! 野菜をたくさん食べたい! 栄養がほしい! ビタミンがほしい! 大地の恵みを我にっ……!! そんなかたに打って付けのお店となっています。 竜一あけぼの街道沿いにある、産直所「なの市」と同じ敷地内で、以前「なのカフェ」が営業されていた跡地です。 駐車場は、ながおか温泉側につき注意! 産直所「なの市」 「畑の食堂Copan」の出入口は産直所「なの市」側を向いているが、 駐車場は「 ...

最新記事

つくね芋のツル

田舎暮らしの小話

マムシの捕まえ方。捕獲したあとにしてはいけない、たった一つのこと

草むらに、うかつに入ってはいけない。 これは夏の田舎の常識です。 なぜならば、 マムシ! 皆様ご存知の「毒蛇」がいるからです。 私も草を刈っていると、マムシに遭遇してヒヤッとすることが時々あります。 マムシの毒が回ると最悪の場合は死に至りますから、そりゃあ怖いですよ。 本記事では、そんなマムシを捕獲する方法をご紹介します。 オバ=ア流、マムシの捕まえ方 ユズの木の周囲に生えた草を、鎌で刈っていたオバ=アが、突然叫んだ。 オビ=ワンやかましいねゃ、何を言いよらぁ。 オビ=ワンどいた?(どうした?) オビ=ワ ...

麦わら帽子の被り方

農業に役立つ豆知識

農作業に「麦わら帽子」は現役農家がおすすめする「最強の帽子」だ!

農作業用の麦わら帽子の被り方をご紹介。実際に麦わら帽子を被って農業する、現役プロ生姜農家がおすすめする麦わら帽子の被り方を解説します。男性におすすめの麦わら帽子被り方、女性におすすめの麦わら帽子の被り方、それぞれを解説しています

室戸市の料亭花月のキンメ丼

安芸~高知県東部カフェ

【高知】室戸キンメ丼のおすすめは「料亭花月」ランチは予約必須!

高知県東部の室戸市グルメ「室戸キンメ丼」を食べるなら「料亭花月」がおすすめ!地元・室戸沖でとれたキンメダイの刺身と照り焼きがのった豪華海鮮丼。締めにキンメダイの出汁をかけて、室戸キンメダイの出汁茶漬けが楽しめます。

収穫したばかりの生姜

生姜栽培

生姜は植えっぱなしで冬越しできる?越冬させる方法を専門農家が解説

生姜は植えっぱなしで冬越しできるのか、プロの生姜専門農家が徹底解説!種生姜の保存に最適の温度と、おすすめの種生姜保存方法がわかります。家庭菜園や少量多品目型の野菜栽培をされているかたは、ぜひご一読ください。

農業に役立つ豆知識

効率的に栗拾いする方法。便利な道具、服装を実体験を元に解説!

効率的に栗拾いする方法と、栗拾いに便利な道具とおすすめの服装をご紹介。実際に栗拾いした体験談を交えて解説しています。栗拾いに必須の道具である手袋は、軍手ではなく、手のひらの側がゴムになった手袋がおすすめです。

草刈り中の竜一

農業に役立つ豆知識

斜面での草刈り事故を防ぐ方法。三点支持とケツブレーキが重要!

中山間地域で農業に従事する竜一が実際にやっている、草刈り中の事故を未然に防止する方法をご紹介。草刈り中に三点支持(三点確保)する方法を解説します。

盛りだくさんの野菜

農業に役立つ豆知識

現役農家が語る「農家の年収」1,000万稼ぐ農家と稼げない農家の違い

農業で年収1,000万円以上稼げるか否かは品目次第!JA嫌いは損してる!? なぜ農業で稼げないのか、農業で稼ぐにはどうすればよいのかを現役農家の竜一が語ります。

生姜農家の生姜料理

簡単にできる「生姜スープ」の作り方。現役の生姜栽培農家が解説!

市販のインスタントスープをアレンジして作る、生姜スープの超簡単レシピをプロの生姜農家がご紹介。生姜をすりおろすだけで手軽に作れるため、忙しい朝におすすめです。

収穫した親生姜

生姜栽培

種生姜も食べられる。種生姜と親生姜の違い、親生姜おすすめの食べ方

知人男性 生姜を掘りよったら、植え付けに使った種芋が付いてくるけんど、あれは捨てるかね? そう聞く男性にオバ=アが言う。 オバ=ア食べれいでか!生姜やもの。 「種生姜」と「親生姜」の違いは? 収穫した親生姜 生姜を収穫していると、植え付けに使用した「生姜の種芋」が新生姜に付いてくる。 生姜の種芋には、呼び方が二通りある。 生姜の親芋の呼び方 種生姜 親生姜 種生姜とは⇒ 将来「親生姜」となる生姜のことで、植えられて新生姜を生み出すまでの期間(収穫〜貯蔵〜植え付け)の種芋を指す。 親生姜とは⇒ 植え付け後に ...

収穫したばかりの生姜

生姜栽培

生姜の収穫時期と種生姜の保存方法。現役生姜農家が解説!

生姜の収穫時期はいつ? 皆さんご存知、スーパーマーケットなどで一般的に販売されている、いわゆる普通の生姜は、生姜業界では、根生姜、囲い生姜、ひね生姜などと呼ばれる。 以上の3つは呼び方が少し違うだけで、基本的に同じものです。 私が生姜を出荷している、高知のJA(農協)の出荷場では「囲い生姜」をもっともよく使います。 「囲い生姜」の呼び名は、貯蔵することを「囲う」ということから来ています。 スーパーで生姜を見かけた際、 「あっ!"囲いの生姜"が出てる!囲いの生姜や!」などと指さして言うと、 業界人を気取れま ...

ユズとユズ搾り器

農業に役立つ豆知識

田舎のオバアが教える「ゆず酢の作り方」皮は冷凍で保存しておける

「こんねん(今年)はユズがどっさり採れた」 ……とオバ=アが言う。(*2017年の話です) どれどれ、と見てみると、コンテナに大量のユズが入れられている。 山から収穫してきたユズ ユズ、大量。 オバ=アいらいでか!ユズは搾ったらなんぼしないもの。 (いるに決まっている、ユズを搾っても大した量ではない) 「ゆず酢の作り方」ゆず搾り器でひたすら絞る! ユズ1個から取れる搾り汁は、わずか。 オバ=アゆの酢!ゆの酢! 手押し式ゆず搾り器 ユズ玉を1個ずつ、挟んでポン!で搾っていく。 このとき半分に切ったユズ玉の皮 ...

-高知市うどん・そば

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.