高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

お食事 だいせい EP1/うどんを食べに行くぜよ!

投稿日:2012.05.06 更新日:

『EP2を読む』 『EP3を読む』


<チクショー・・・だいせいめ・・・!
また俺のお腹を空かせやがって・・・!>

普段、心の中に捨てている言葉を流せるから、
という理由でコッソリやっている「Twitter」

一応やっているにはやっているのだけれども、
「Twitter」の何が面白いのか私にはまったくわからないから、
2分に一度ぐらいしか確認していない。

なのに、たまたま偶然にも、
いつもお腹が空いてくる昼11時過ぎに見てしまうのだ。

「だいせい」の呟きをっ・・・!

「だいせい」とは、高知駅の北側にある、
高知トップクラスの広い店内空間を誇る、うどん屋さんである。

それがまた毎度毎度「本日の変わりご飯」だの「本日のオススメ」だの呟いて、
私のお腹を空かせにかかるのだ。画像付きで。

空腹にうどん画像。この攻撃力は圧倒的。
たちまち私のお腹は「グーグー」鳴り始め、思う。

だいせいは俺だけを狙い撃っているっ・・・!

しかし、私はこの程度の戦術にハマり、
ホイホイと「だいせい」に行ってしまうほど、安いうどん野郎では無い。

けれども、一人のうどん野郎として、
画像で見る美味しそうな見た目どおりに、
本当に美味しいのかどうかを確かめておく必要がある。

確認することは大切だ。

だが、やはり簡単にホイホイと行ってしまうのは、いかにも腰が軽い男みたいでイヤだし、
「だいせい」の戦術に屈してしまったようで、私の高貴なプライドが許さない。

そこで、ホイホイはやめて、「コソコソ」と行くことにした。

もちろん「だいせい」の戦術なんかには、全然ハマっていないけれども、
気が付いたときには、私は「だいせい」の店前に立っていた。

お食事だいせい

『お食事 だいせい』

4月上旬。
暖かな春の日差しが快晴の空から降り注いでいた。

初めて訪ねたオープン当初の頃以来、
1年と少しの間隔が空いていたけれど、
木の色が鮮やかに主張する店構えは、相変わらず美しい。

「だいせい」には心の底から物凄く来たかったから、
出入口に垂れる暖簾の前に立った瞬間、感動の涙が滲んだ。

お食事だいせい 暖簾

「土佐の昼には土佐のうどん」

暖簾に書かれたその言葉に、私は大変に感動した。

<まっこと、そのとおりじゃ!
讃岐には讃岐のうどんがあって、
土佐には土佐のうどんがあるがぜよ・・・!>

おまんは、しょう、ええことを言うのお・・・!

などと幕末の土佐の志士のように、
熱く語りながら入る「だいせい」でこれから始まるのは、

「龍馬伝」ならぬ「竜一伝」・・・!

"土佐には大事なもんがあるがです・・・わしにとってかけがえのないもんが・・・!
わしはそこへ行かんといかんのですき・・・へんしも行かんと禁断症状が出て・・・
お手手プルップルッになるがですき・・・!"

(EP2へ続く・・・!)
『EP2を読む』 『EP3を読む』

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.