高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

幻の山雀うどん 釜なっとう

投稿日:2012.05.04 更新日:

4月のある日。
雨上がりで、ぽっかりと空いた予定。

ついに機会がやってきた!とばかりに、
私は嬉々として土佐市へ向かった。

昨年の夏から想いを馳せながらも、
ローテーションが上手く噛み合わず、
なかなか食べることが出来なかったあの一品を食べるために・・・。

一蓮

しかし、目的の店、「一蓮」
シャッターが下りていて、わずかに覗く店内も薄暗い。

一蓮 長期休業?

戸に紙が貼られていたから見てみると、休業するという旨が記載されていた。
(4月14日時点での話です、現在の状況はわかりません)

ここで「釜なっとう」なる、
"釜揚げ麺の上に、「納豆」「生卵」"という構成になっているらしいうどんを食べたいと思って、
その一心で何十キロも車を走らせて来たのに、と、ガッカリしたけれど仕方が無い。

世の中は、なかなか自分の思い通りには行かないものだし、
こういうことは初めてではない。

結局その日は、先日書いた「雅」でうどんを食べるに至った。


それから家に帰って、暇だから精神統一でもしてみようと、
暫し瞑想したりしていると、精神が非常に統一されたようで、とても良いことを思い付いたのだった。

そうだ・・・!
自分で「釜なっとう」を作ればいいんだ・・・!

だが、自分の家でうどんを作る場合、最大のネックになるのは、
"うどん屋さんで食べるほど美味しい麺が手に入らない"ということである。

特に「釜なっとう」みたいな、釜揚げ麺をそのまんま、
かけ出汁無しで食べるスタイル
は、かけ出汁で誤魔化すことすら出来ないため、
麺の良し悪しがモロに出てしまい、その辺で売っている「ゆで麺」ではかなりツライ。

やはり「釜なっとう」を家で作ったとしても、
美味しく作るのは難しいかと諦めかけていたそのとき、

"トイレの神様"ならぬ、"うどんの神様"が現れた!

うどんの神様は白く長い髭を触りながら言う。

「冷凍庫をよく見てみるのじゃ・・・!
なんかエエものが、あるかもしれんぞ・・・!」

「冷凍庫?」

「そうじゃ!冷凍庫じゃけん!
美味しい釜なっとうを作れよ!じゃあの。」

などと、うどんの神様は、
なぜか竹原慎二のモノマネをして去って行った。

その後、冷凍庫を見てみて驚いた。

ナント!

近年すっかり有名になって、だんだん幻じゃなくなってきているという噂の、

あの「幻の山雀うどん」
冷凍保存されているではありませんかっ・・・!

(幻の麺師・山雀[やまちっち]さんのブログはコチラ! → 「☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆」

しかも「釜なっとう」に必要な、ネギ、卵、納豆は、
偶然にも、あらかじめ買い揃えられてあった・・・!

こんなことがあるんですね。

私は早速、嬉々として"幻のうどん"を湯掻いた!

そして数分後。
出来上がった一品。

そのあまりの美しさに、
私は心を奪われた。

人類よ、見るがいい。
幻の麺線が描く、うどん新世界・・・!

幻の山雀うどん 釜なっとう

『幻の山雀うどん・釜なっとうレボリューション』

<どうだい・・・綺麗だろう・・・!>

麺の美しさはもちろん、
さすがとしか言いようが無いのが、竜一先生の「盛り付け」

長年「たも屋」に通って培った技術さ・・・!

納豆には、"食べ易さ"への配慮で、高級な超小粒「なっとういち」を使用し、
ネギは「青ネギ」ではなく、納豆に合いそうだという理由で「やっこねぎ」を指名。
さらに卵は「土佐ジロー」を使うと思わせておいて、あえての「冷蔵庫に残っていた普通の卵」

生姜は、もちろん竜一産生姜・・・!

その上からかけるのはコレっ・・・!

たまりしょうゆ 百年の技!

百年の技・・・!

幻の麺師・山雀さんと、
創業百余年の蔵元の、技と技の共奏だ・・・!

とまぁ、わざわざ写真まで撮って大々的に掲載したけれど、
私は醤油のことには何も詳しくないから注意が必要だ。

裏話を暴露してしまうと、スーパーに売っていた中で、
一番強そうで、一番偉そうな醤油を購入しただけである。

幻の山雀うどん 釜なっとう アップ

普段より細めにしてあるという「山雀うどん」

細めなのが「釜なっとう」として食べるには好都合で、
納豆ごとガブガブと掻き込むような感じで食べられる。

<これは美味い・・・お世辞抜きに美味い・・・!
表面クニュリ・・・中シコッ・・・最後にモチッ・・・!
今までに数度"山雀うどん"をいただいたけれど、今回が一番美味ぁい・・・!>

~ 後日 ~

幻の山雀うどん 釜揚げ醤油(豚しゃぶゲソ・エディション)

『幻の山雀うどん・釜揚げ醤油』
(豚しゃぶゲソ・エディション)

スーパーの惣菜コーナーにて、
パートのおばちゃん達が丹精籠めて作った「ゲソ天」

それから、前日の晩ごはんの残り物である、
「豚しゃぶ」を贅沢にあしらった、ひと品。

湯掻いた麺に、醤油をかけただけの状態でいただく。
もちろん醤油は先の「百年の技」である。

一口、二口と食べた私は目を丸くして言った。

「豚しゃぶとうどん、合うのぉっ・・・!」

あまりの相性の良さに驚愕。
噛むと中から旨味が染み出る幻の麺線を味わいながら、心底思った。

<来世は、豚になるか、うどんになるか、迷うなぁ・・・>

◆ 幻の本手打ち 山雀うどん
営業時間/幻~麺切れまで
定休日/幻の休み(ぇ)
営業形態/幻の営業形態
駐車場/幻の駐車場

『幻の本手打ち 山雀うどん』の場所はココっ・・・!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.