• 高知のグルメ(おすすめ)
    高知の豚太郎おすすめ8選!創業50年の老舗ラーメンチェーン!
    2017.09.26
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしい「カレーうどん」おすすめの名店6選
    2017.01.18
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知ご当地ラーメン「味噌カツラーメン」地元民おすすめ!18選!
    2017.05.23
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしいうどん屋さん!おすすめ43選!名店や人気店が満載!
    2017.10.05
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知で人気のおしゃれカフェランチ!おすすめ13選!2017
    2017.12.02
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしい「釜玉うどん」おすすめの名店8選
    2016.08.17
  • ビスタリ食堂 日替わりランチ 高知のグルメ(おすすめ)
    【南国市】おいしい「ランチ」が食べられる!おすすめのお店13選!
    2018.01.21
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知といえば、おいしい食べもの!高知観光おすすめご当地グルメ9選
    2017.10.27
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしいラーメンおすすめ73選!2017(深夜営業店あり)
    2017.12.04
  • 農機の使い方
    「草刈機・刈払機の使い方」草刈り機の使用方法を現役農家が徹底解説
    2016.12.11
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    【高知】子連れランチ&ディナーにおすすめ!座敷のある飲食店18選
    2018.01.18

うどん・・・食べ放題・・・!
お酒・・・飲み放題・・・!

人々は疑うかもしれないが・・・!
本当に・・・そんな夢みたいな世界がこの世に存在するっ・・・!

「あぁっ・・・ここはまるで・・・!
うどん界のディズニーランド・・・!」

高知県内各所より・・・!
うどんが好き過ぎて・・・うどんのおかげで・・・!
結構人生狂っちゃった人たちが・・・秋の夜長に一堂に会す・・・!

酒とうどんの王国・・・!
夢の駐車場っ・・・!

その夜、私はいつものように、幻の裏麺師・山雀さんと共に、
"高級な荷台付きツーシーター(白)"に乗って、
夢の"とうやくさん駐車場ランド"を目指していた。

車内では、主に政治や経済、
これからの日本の未来、さらには火星に生命は存在するか、
などについて互いの見解を述べて、熱く意見を交換しあった。

やがて駐車場に到着。

仁王立ちで待ち構えていたのは、駐車場の主・とうやくさんと、
「がっちゃがっちゃ備忘録」というブログを書かれている、がちゃさんだった。

駐車場うどん がちゃさん

※ 渾身のカニさんモノマネ。

それから皆様、続々到着。

「仁淀川酔滸伝」いっけんさん、「Cloud9」butchさん、
「夏子のひとりごと」の夏子さん夫妻。

私も含めて、皆うどんを食べて、うどんに魅せられて、
またうどんに飲み込まれようとしている方々である。

さて、とにかくいつものように、
私は持ってきた発泡酒のプルトップを引き空けて、勝手に飲み始めた。

全体的に自由・・・というよりも、
ただただいい加減な竜一を、ただただいい加減なままで居させてくれる、この感じ。

これが駐車場うどん。

<炭酸が・・・!
喉で弾けてジャンジャンするっ・・・!>

徐々に日も暮れ始めた。
目の前にある夜の海の波音を聴きながら、ゴクリ、またゴクリ。
2本飲んだら焼酎に切り替えるか、などとノンビリ思っている最中・・・。

衝撃、走る。

がちゃさんが持って来られた品々が、
圧倒的っ・・・本気モード・・・!な件。

<吉田類リスペクトは伊達じゃないっ・・・!>

なんと・・・。
"あの"安芸の有名居酒屋。

駐車場うどん 安芸・白牡丹オードブル

"白牡丹"オードブル、豪華絢爛っ・・・!

"あの"とか書きながら、実はこのとき初めて知ったのだけれど、
「白牡丹」というお店は、かなり有名なお店らしい。

オードブルの内容は、たしか「焼鳥」と、
「鶏モツをなんとかしたもの」と、おそらく「ナスのタタキ?」だったと思う。

メモすることを忘れていたために料理名の記憶が怪しいが、
これは本当に、さすが有名店・・・というか、圧倒的ウマウマだった。

<やや濃い目の味付け・・・!居酒屋さんだけあって・・・!
味のバランスが酒に合う・・・完璧な位置に設定されている・・・!>

がちゃさんが持ってこられた、この白牡丹オードブル。
その残り具合を、結局このあと私は最後の最後まで、定期的に目視して確認していた。

<コイツには早々お目にかかれない・・・!
でも今ここでなら安芸まで行かなくても喰えるんだ・・・!
最後もし残っていたら・・・俺の宇宙に全部放り込んでやる・・・!>

駐車場うどん 美味しいものいっぱい

ご馳走は、留まることを知らない。

駐車場うどん 美味しいものいっぱい 2

溢れかえる、美味。

駐車場うどん 美味しいものいっぱい 3

"可笑し"な男は、
お菓子を持ってくる。

<今回も俺は勝手にお菓子担当っ・・・!
俺からお菓子を取ったら何にも残らねぇっ・・・!>

そんな中、2大会連続の降臨・・・!

駐車場うどん ばあばのチラシ寿司

ばあばのチラシ寿司っ・・・!

夏子さんのダンナちゃんのお母さん、
つまり、通称"ばあば"が拵えたチラシ寿司。

<まさか今回も逢えるとは・・・!
前回・・・これ美味しかったんだよなぁ・・・!>

そんな、ばあばのチラシ寿司に、
山雀さん提供のイクラを乗せて、海鮮チラシ風に!

すると・・・必然的にこうなる。

駐車場うどん ばあばのチラシ寿司 海鮮エディション

あぁっ・・・!
まるで槍ヶ岳っ・・・!

<想像以上の絶景・・・!チラシにイクラ・・・!
ばあばと山雀さんのコラボ・・・!
アルコールに侵された脳天を直撃する・・・圧倒的攻撃力っ・・・!>

それにしても今回も旨かった。
ご飯の炊き具合からして、チラシ寿司界最高峰である。

思わず、おかわり。

<旨いっ・・・!
飲んでいる最中じゃなかったら・・・!
3合は喰えるっ・・・!>

駐車場うどん 沸き立つ釜!

早々に、フラフラし始める農民と、
ガチャガチャし始めるがちゃさんを尻目に、やがてグラグラ、
大きな釜で湯掻かれ始める、白い麺。

駐車場うどん 麺!

キンキンに冷えた水で締められたそれは、ピカピカ光る。

駐車場うどん 薬味と出汁

かけ、ぶっかけ、醤油、釜玉。
各種いかようにでも食べれる、夢幻システム。

この胸のときめき・・・!
うどん乱舞で頂点に達す・・・!

駐車場うどん とうやくうどん(醤油)

駐車場うどん とうやくうどん きてますエッジ!

きてます、エッジ☆
(じぇいあーる、東海♪・・・風味で)

駐車場うどん 幻の山雀うどん(ぶっかけ)

駐車場うどん ダンナちゃんうどん(素)

私には美味しいと語ってしまう癖があって、毎回「オマエは評論家か!」
と言われそうなほどクドクド書いてしまうので、今回は自重して簡潔に書くけれど、
やはり皆様、本職のうどん屋さんを凌ぐほどのウデをお持ちのようで・・・。

とうやくさんのうどんも、山雀さんのうどんも、
ダンナちゃんのうどんも、キュンキュン!

特にダンナちゃんのうどんは、
前回食べたのより格段に麺が引き締まった感じがした。

この三段攻撃にはがちゃさんも、
「すごっ!うんまっ!ヤヴァイ!なにこれ美味しい!」などと、
うどんに心を絡め取られたように歓喜の嗚咽を漏らしながら、一心不乱に食べていた。

駐車場うどん うどんをわんちゃんにおあげになる奥様

ワンちゃんに、うどんをおあげになる奥様☆

とうやくさんちのワンちゃんは、
2匹とも、うどんが大好き♪♪

(※編集部密告 : うどんは好きでも、がちゃさんのことは、
あまり好きじゃないみたいで、がちゃさんからは全力で逃げていました)


生姜農家の野望Online運営チームです。
ここで前々回・・・ちょうど一年前に行われた駐車場うどんでの動画を、
竜一秘蔵フォルダより発見いたしましたので、掲載します。

うどんを食べるセリちゃん(ミニチュアダックス)です☆
セリちゃんは、がちゃさんはあんまり・・・な感じですけど、うどんが本当に好きなんです!


http://youtu.be/QapfdSHZXNM
携帯用動画リンク
※ 再生すると音が出ます。ご注意ください。


終始、気にかけていた、
「白牡丹オードブル」の残り。

<うあっ・・・まだ残ってる・・・!>

そう思った瞬間から、
私の記憶は途切れている。

最後、みんなが協力して片付けている最中に、
手伝いもせずに竜一が猛然と食べ尽くしていた、という目撃情報もあるけれど、
私は何も覚えていないし、無かったことにしたい。

それでは・・・。

駐車場うどん がちゃさん〆
(迎えに来た実のお母さんが見守る中、みんなに土下座して感謝の意を伝えるがちゃさん、笑)

どうも、ありがとうございました!

押して頂けると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント一覧
  1. 夏子 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやんアップ早いやんか~(゚∀゚ノ)ノビックリ
    光の方向でなかなかキレイにうどんが撮れんと思いよったけど
    この場所で撮るのが正解ながや~勉強になりました<m(__)m>
    お寿司とうどん褒めていただけてありがと~前回との違いまで♪
    あはは~しよったしよった土下座ww

  2. 竜一 より:

    SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    早くアップしないと麺がダレそうだったので、まさかの中一日アップー!(笑)
    駐車場うどんは、薬味を入れたら席に帰らずにその場で撮る!これですわー!
    自分も何度かお招きいただいて辿り着いた正解の撮影ポジションです!(=´∇`=)

    ダンナちゃんのうどん、前回との違いを事細かに書くと、
    「エピソード4」とかになって、ちょっとした短編小説みたいになるので書きませんでしたけど、
    打つことから湯掻くところまで、全部が一本の線になっていて、それがすべての麺線を作り上げていた感じがします。
    (評論家風味キタよー!笑)

    ばあばのチラシ寿司(高知の田舎ではゴモクって言いますよね!)は、ガチ・・・!
    酸味の加減が自分の中では絶妙です!
    飲んだらご飯もの、あんまり食べれない・・・ハズなのに、おかわりしちゃいました!(*´σー`)エヘヘ

  3. とうやく より:

    SECRET: 0
    PASS: 27d1d8bacd723c9dc248f2a94db457f2
    なかなかいい記事

    うちのかぁちゃんもこうやって見たらまんざらでも・・・[絵文字:v-12]

    次は、安芸の居酒屋放浪記か!!

    しかし、がちゃ影に隠れてた竜一も
    最後は、見せてくれましたね
    白牡オードブル皿喰い・・・

  4. がちゃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 4fff3aade8cc090a2f1955fdb91fa29f
    うどんを喰らい、酒を呑み、ツマミをつつき…その間にもきっちり写真撮ってるし、
    あの夢の空間がブログ記事になるとこうなるのか…流石ですね。

    しかし、自分まさかのアホ写真大フューチャー
    ありがとうございます…あれはカニさんの真似だったのか(´Д⊂

    うどんはもちろん、五目もイクラも天ぷらも美味しかった
    また、白牡丹の料理が気に入ってもらえて良かった。
    冷めてても旨いが、出来立てをカウンターでいただくともっと旨いですから
    機会があれば、是非皆でご一緒しましょう

  5. 竜一 より:

    SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    お疲れ様です!
    なけなしの勇気を振り絞って、かぁちゃんにカメラを向けて良かったですよ!
    かぁちゃんとゴン太とセリちゃんが種族の垣根を越えてたわむれる、すごく温かな写真が撮れました!
    (セリちゃんの視線の熱さ!完全に白い麺に侵された犬の目をしている!笑)

    白牡丹オードブル・・・家主に残しておくべきだと思いながらも・・・・・・
    箸が止まりませんでした・・・・・・。

    さらに今だから白状しますけど、
    コッソリと、山雀さんイクラも残っていたの・・・全部さらばえてしまいました・・・。

    次回は、安芸であろうと駐車場であろうと、
    がちゃさんと一緒に潰れて路上で寝る!を目標に頑張ります・・・。(笑

  6. 竜一 より:

    SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    え!?カニさんのマネじゃなかったの・・・?
    あのとき、ずっとカニさんモノマネなんだーと思って撮っていたんですけど!(;・`д・´)

    白牡丹の料理は、ガチャじゃなくてガチでした・・・!
    自分もモグモグ食べながら思いましたよ!

    <冷めていてもこれだけ美味しい・・・
    これは・・・温かかったらどれだけの次元なんだ・・・!>
    とっ・・・・・・・!!(白牡丹、逆にハードル上がったでぇー!笑)

    自分も安芸で飲んだことは一度も無いので、飲みに行きたい!

コメントを残す

裏うどん界の関連記事
  • 幻の山雀うどん 2013年末エディション!
  • るみばあちゃんのおうどん「池上製麺所」ギフト用/お土産うどん
  • UDON Lovers 後編/うどん乱舞
  • 幻の本手打うどん山雀 桜花の章 後編/うどん乱舞 携帯用(2)

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事
農業全般
稲穂に付いた水滴が朝日を受けてキラキラ光っていた。 夜露が乾き次第、稲刈りを開始する予定だったが、夜間に想定外の雨が降った。たっぷり濡れた稲...
高知市のうどん
『前の話を読む』 「まずは『やすきや』の『特製やすき』から行ってみようか」と、黒ずくめの男から電話がかかってきたのは、数日後のことだった。 ...
農家の日常
カッコイイとは、こういうことさ。 押して頂けると励みになります!【人気ブログランキング】...