高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

うどん処 大名庵 前編/豪雨のシャモ

投稿日:2012.05.29 更新日:

凄まじい豪雨だった。
車を運転していても、天から叩きつける水のしぶきで前が見えないほどだった。

それでも私は行きたかった。
うどんを食べに行きたかった。

晴れて畑の土が乾いた日には、
自分が生きるために、絶対に生姜の定植をしなければならなかった4月の上旬。

私には畑が乾いていない日、
もしくは雨の日しかなかったのである。

うどんを食べに行ける日が。

南国市を貫く国道55号線の車道脇には、
"池"と言えなくも無いほどの大きな水溜りが出来ていて、
それに乗ってしまわないように注意しながら西進した。

「サニーアクシス」という大きなスーパーマーケットの直前を左に折れると、スグ。

うどん処 大名庵
(撮影 = 車窓より)

『うどん処 大名庵』

そこにある「大名庵」の姿を見るのは、実に数年ぶりだった。

とはいっても、大名庵がある南国市のスーパーの生産者コーナーで、
最近は見かけないけれど一時期売られていた、「大名庵の"茹で麺"」を時々買って家で食していたから、
大名庵に行くのは数年ぶりでも、大名庵のうどんを食べるのは、それほど久々でもなかった。

けれども、店に行くのはたしかに数年ぶりで、
"スーパーで茹で麺を買える"というそのことは、
大名庵と私の距離を近付けているようで、ある意味では遠ざけていたのである。

結果的に空いた長い年月を埋めるキッカケを生み出したのは、「シャモ」だった。

近年、南国市に関連してよく聞く「シャモ(=軍鶏)」という種のニワトリの肉。
それが、どんな香りで、どんな食感で、どんな味であるか、知りたいと思ったのだ、あるとき突然。

だが、一体どこに行けばシャモの肉が食べられるのか・・・。

そう考えを巡らせた瞬間に、
脳内にたくさん並んだ記憶の引き出しの中のひとつを、ナニカが迷わず一気に引っ張り出した。

<そういえば、たしか大名庵にシャモ肉を使ったうどんがあると聞いた気がする・・・>

今現在、食べたい"シャモ肉"に、
常に食べたいと思っている"うどん"の組み合わせ。

もはや豪雨でも前が見えなくても、だからどうした!である。

この機を逃すと次がいつになるか、わからなかったし、
危険回避のため、たとえ40キロ制限の道路を20キロで走らざるを得なくても、
シャモが私を呼んでいたし、私はシャモを、あるいはうどんを渇求していた。

(後編へ続く・・・!)
『後編を読む』

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.