とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん

投稿日:2012.07.06 更新日:

【徳島・カピバラの旅】
『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 『192号線は麺だらけ』 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』
→ 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 「とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん」 → 『動物園から鉄火場へ』
→ 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』


「とくしま動物園」には「室内展望所」といったような施設があって、
その中から、人間が、外にいるキリンの目線と同じ高さで対峙できるようになっていた。

これまでキリンと同じ目線に立ったことは一度も無かった私にとって、
それは未曾有の体験だった。

ずっとずっと見上げるばかりだったキリンの顔が、
自分の目の前にあるのだ。

しかも、「とくしま動物園」のキリンは、
自分の仕事をよく理解していてサービス精神旺盛なのか、
あるいは好奇心旺盛なのか。

どちらかわからないが、
室内展望所の大きく開かれた窓際に立った私の近くに寄ってきてくれる。

率直に嬉しかった。
さっきまで遠くにいたキリンが私のほうに、わざわざ来てくれるなんて・・・。

とくしま動物園 キリン1

とくしま動物園 キリン2

とくしま動物園 キリン3

ビールもキリンが大好きな私は、
キリンが近寄ってきてくれた、その行為にとても感動した。

「飲んでて良かった、キリンビール」

その時だった。
キリンの遥か後方で、茶色い小さな物体が動いているのが見えた。

瞬間、私は「じゃあの」と"竹原慎二"みたいにキリンに別れを告げて、
室内展望所を足早に出た。

<あれは・・・!
あれはもしかして・・・!>

その小さな茶色い物体は近付くに連れて、
徐々に大きくハッキリと映り、それが何であるか識別できるようになってゆく。

そして、それが完全にアレであると認識したとき、この胸のときめきは頂点に達した。

とくしま動物園 カピバラの説明

カピバラ・・・!

とくしま動物園 カピバラ5

カピバラ・・・!

とくしま動物園 カピバラ4

カピバラさんっ・・・!

<か・・・可愛い・・・!
歩いてるっ・・・ごはん食べてるっ・・・!>

とくしま動物園 カピバラ2

初めて、実際に生で観るカピバラ。
その姿を、私は時が経つのも忘れて見つめ続けた。

とくしま動物園 カピバラ1

つぶらな瞳。
フサフサの体毛。
短い四足。

すべてが愛おしかった。

こんなに可愛らしい動物は、
中越典子とカピバラさんぐらいだとも思えた。

とくしま動物園 カピバラ3

トコトコと歩くお母さんカピバラに、
トコトコと付いてゆく、子カピバラ。

「青巻紙 赤巻紙 子カピバラ」
この早口言葉、私には言えない。

<あぁ・・・それにしても可愛い・・・!>

「連れて帰りたい・・・!
一緒に暮らしたい・・・!」

そんないけない衝動を抑え付けながら、
私は飽きることなくカピバラを観続けて、
カピバラの一挙手一投足を脳裏に焼き付けた。

とくしま動物園 ホッキョクグマに勝てるかな!

とくしま動物園 ホッキョクグマと背比べ

とくしま動物園 ラマ

とくしま動物園 木曽馬1

とくしま動物園 木曽馬2

とくしま動物園 寝ている狼
(近所のポチみたいに寝ている狼)

(つづく・・・!)
『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 『192号線は麺だらけ』 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』
→ 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 「とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん」 → 『動物園から鉄火場へ』
→ 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-徳島県観光

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.