高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

三里うどん本舗 後編/釜玉の湾曲

投稿日:2012.10.03 更新日:

『前編を読む』


三里うどん本舗

『三里うどん本舗』

歩いて坂を上がると、
店の前の飲食スペースで、大将や奥さんたちが談笑していた。
私に気付いて、「どうぞどうぞ」と中へ案内してくれる。

三里うどん本舗 店内

食べるものは事前に決めていた。
"釜玉"だ。

<ゆで卵に・・・!
ベーコンエッグに玉子焼・・・!>

朝といえば、卵だろうっ・・・!

注文を受けてから湯掻いてくれるため、
前回同様、待ち時間は長かったけれど、うどんのためなら待つ。

これが恋人だったらどうだろう。
待つか?微妙だ。

私は壁に沿って作られたカウンター席に座って、
ずっとスマホで「Twitter」を見ていた。

みんな思い思いの呟きを投稿していた。
いくつか笑える面白い呟きもあった。私は呟かなかった。

大将に呼ばれた。
カウンターへ釜玉を取りに行く。

前回に無かったネギがあった。
ネギは刻まれて容器に入っていた。

生姜もあった。
前回は讃岐チックに、生姜の芋と"おろし金"がそのまま置かれていたが、
今回は、すでにおろされた生姜が容器に入っていた。

釜玉の上には、最初からネギが盛られていた。
でも私はネギがたくさん入っていたほうが好きなので、
容器のネギをさらに盛ってネギを増量した。

もちろん生姜も加えた。

それから席まで釜玉を運んだ。
あらかじめ器を温めているのか、器が灼熱だった。

三里うどん本舗 釜玉(大)

『釜玉(大)』

これをかけてくれと渡されたのは、カマダのダシ醤油!

<イチイチ容器に移し替えない・・・!
この飾り気のなさ・・・これがイイっ・・・!>

三里うどん本舗 釜玉(大) アップ

きたっ・・・!

<なんと美しい絶景・・・!
きてる・・・!エッジ・・・!きてるっ・・・!>

(※ 拡大してみましょう。)

三里うどん本舗 釜玉(大)に見るエッジ!

<すごいっ・・・!
ネットで見た・・・"あの"湾曲線っ・・・降臨っ・・・!>

麺の感じ。
前回とまったく異なる。

<前は・・・いわゆる"軟弱ゴシ"の系統というか・・・!
柔らかい中にコシがある・・・ムニュンムニュンの食感だったんだが・・・!
今回のはシコシコ・・・正統派のアルデンテ・・・前回より反発する位置が遥かに浅い・・・!>

おかわりっ・・・!

三里うどん本舗 ぶっかけ(大)

『ぶっかけ(大)』

<おぉっと・・・!
これは・・・!これはこれは・・・!>

麺上を黒く覆い尽くす・・・!
海よりの使者・・・!

三里うどん本舗 ぶっかけ(大) アップ

圧倒的・・・海苔っ・・・!

海苔・・・海苔っ・・・海苔っ・・・!
乗りまくった海苔っ・・・!!

<スッキリ・・・爽やかっ・・・!
ぶっかけ出汁が秋風のように駆け抜けるっ・・・!>

三里うどん本舗 牛すじ(単品)

『牛すじ(単品)』

メニューには書かれていなかったけれど、
「牛すじぶっかけ」の「牛すじ」を単品で出してもらえないかと訊くと、
可能だと言うので頼んだ。

釜玉の上に乗せれば、
「肉釜玉」の牛すじ版、「牛すじ釜玉」にして食べれた。

<全体的にフンワリした釜玉の中に牛すじ・・・合うっ・・・!>

相変わらずの優しい笑顔で送り出されて、坂を下りる。

「魔性の麺は変化するのではないか」

たしかに変化していた。
理由はわからない。わからなかったけれど、
私はなにか納得して、このことをこれ以上考えなくなった。

三里うどん本舗

◆ 三里うどん本舗
(高知県高知市十津2丁目4-11)
営業時間/7時~14時
定休日/水曜日
営業形態/セルフ(カウンターで注文→席で待機→出来たら呼ばれる→食べる→支払い)
駐車場/8台(坂の下、"十津スーパー専用駐車場"と書かれた看板があるところ)

(釜玉500円、ぶっかけ500円、かけうどん350円、牛筋ぶっかけ700円、牛すじ単品250円、ちくわ100円など、大100円増)
「三里うどん本舗」の場所はココ・・・!

 

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.