高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

手打ちうどん たも屋南国店 釜玉ラプソティー

投稿日:2012.10.10 更新日:

お家へ帰ろう。
うどんを食べよう。

<たも屋へ帰って・・・!
俺はうどんを食べる・・・!>

どこのうどん屋でうどんを食べようか、迷ったらたも屋。悩んだらたも屋。
そういう局面、非常に多い。

<たも屋は・・・もはや俺の家・・・!>

お家へ帰ろう。
たも屋へ帰ろう。

私にとって、たも屋は、
お家へ帰るみたいに気軽に行けるうどん屋さんなのである。

手打ちうどん たも屋 南国店

『手打ちうどん たも屋 南国店』

おれんち・・・おれんじ・・・。

縁が赤い黒い盆を取って、コップを取る。
給水機から水を汲む。

そして褐色のカウンターに、
盆ごと手を突き、か細い声で発す。

「か・・・釜玉を・・・釜玉をください・・・!」

カウンターの向こうからオバチャンが、
満面の笑みで私に問う。

「大きさはどうしましょう・・・!」

私は意識を失いかけている。

「とと・・・と・・・!特大で・・・!」

うどん中毒の症状が進行するとこんなものだ。
うどんを食べる直前。この瞬間が一番危ない。

欲しすぎて・・・うどんが欲しすぎて・・・
身体は震えるし、眼つきは死んだ魚のようになる。

しかも、釜玉だ。

"かけ"や"ぶっかけ"なら即提供されるが、
「釜揚げ麺」であることが求められる釜玉は、
湯掻きあがるまで、数分の待ち時間が発生する。

<これだけ逝きそうな状況で・・・なにも考えずに思わず釜玉を頼んでしまった・・・!
耐えろ・・・!耐えろっ・・・!あと数分耐えれば・・・賢者タイムっ・・・!>

額や頭皮の毛穴から、脂汗が滴る。
全身が震える・・・寒い・・・。

「釜玉お待ちのお客様ぁ・・・!」

呼ばれた・・・!

<できた・・・できたっ・・・!
俺の釜玉っ・・・釜玉ぁぁぁっ・・・!>

たも屋南国店 釜玉(特大)

『釜玉(特大)』

受け取った釜玉に、
ネギと、釜玉に合う天カスを大量に盛って、
空いた席に辿り着いたころには、ヘロヘロ。

しかも、あまりにも慌ててうどんを摂取しようとしたために、
カウンターで釜玉用出汁をかけてくるのを忘れてしまった。

<もういい・・・今更カウンターに戻って出汁をかけてくるなんて無理っ・・・!
そんなことをしていたら俺は逝ってしまう・・・!
もうこのまま卓上の醤油・・・!これをかけて喰う・・・喰ってやるっ・・・!>

醤油・・・!
かける・・・釜玉っ・・・!

たも屋南国店 釜玉(特大) アップ

ドーンっ・・・!!

<やはり釜玉用出汁ほどマッチングが良くないけど・・・!
これはこれで・・・アリッ・・・!>

お家へ帰ろう。
うどんを食べよう。

釜玉から漏れてく白い湯気が、
心の隙間を埋めてゆく。

手打ちうどん たも屋 南国店

◆ 手打ちうどん たも屋 南国店
(高知県南国市明見958-1)
営業時間/8時~15時
定休日/無
営業形態/セルフ
駐車場/有

(かけ、ひやひや、しょうゆ、釜たま、釜バターなど)
『手打ちうどんたも屋南国店』の場所はココ・・・!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.