昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!(昼編・たっ!)

『昼編・うっ!を読む』


もはや「ひろめ市場」は
高知の観光名所の一つということだろうか。

観光客風の人、多し!

平日にも関わらず、
たくさんの人で賑わっていて、
様々な方言が飛び交っていた。

土佐弁とはまったく違うアクセントで話す
見知らぬ男性2人と同じテーブルで、
念願の“ひろめうどん”を食べていると、

なんだか自分が
観光客である気がしてきた。

<せっかく高知に来たんだ・・・!
うどんを食べただけで帰るなんて勿体無い!
やはり高知ならではの味覚を堪能して帰らなきゃ!>

高知ならではの味覚といえば、なんだろう!と考えた。
答えはすぐに出た。

「カツオのタタキだ!」

<高知といえばタタキだろう・・・!
高知に来てカツオのタタキを食べなきゃ、嘘だよっ・・・!>

魅せてくれ・・・!
カツオ県のソコヂカラっ・・・!

何が何でも絶対にカツオのタタキを食べてやる!
と決心した。

とは言っても、
ひろめ市場内にカツオのタタキを売るお店は数店ある。
一体、どのお店のタタキを食べれば良いのかわからない。

<ファミーユで飲んでいるときに、
評判の店を、あっちゃんに聞いておけば良かったな!>

なんて思いながら、
ひろめ市場内をウロウロしていたそのとき!

ファイヤー!

炎を上げてカツオを炙る
豪快なお店を発見した。

どのお店が美味しいかなんて見当も付かないので、
とにかく私は、そのお店のタタキを食べてみよう!と思った。

昼のひろめ市場 明神丸

『明神丸』

数名の列に並んでジリジリと前へ進む。

先ほどカツオをファイヤーさせていた、
3方を耐熱ガラス(?)で囲む、“カツオ炙りスポット”は、
まだ炙ったカツオのストックがあるのだろう。無人だった。

が。

ジリジリ進んでいた私が
“カツオ炙りスポット”に差し掛かった瞬間、
店のお兄さんが炙りスポットにやってきて、藁に火を点けた!

ズゴォォォンッッ・・・!

昼のひろめ市場 明神丸 カツオ焼いてる!

圧倒的・・・!
業火っ・・・!

<うわぁっ・・・すごい・・・!
魅せてくれるぜ・・・高知っ・・・!>

私の脳内設定は、あくまで「俺、観光客」なので、
観光客気分で、猛烈に感動!

昼のひろめ市場 明神丸 メニュー

メニューいろいろ!

<この局面は迷わない・・・!
俺は高知県人でありながら、生まれてから一度も
“塩タタキ”を食べたことがないんだ・・・!>

俺の眼中にあるのは、
塩タタキだけっ・・・!

昼のひろめ市場 明神丸 レーン

店のオバチャンに「塩タタキ丼!」と注文して、
またジリジリ前へ進んだ。

昼のひろめ市場 明神丸 塩タタキ丼

『塩たたき丼』

昼のひろめ市場 明神丸 塩タタキ丼2

<おぉー!これが塩タタキ丼・・・!
味噌汁まで付いているなんて、ありがたいっ・・・!>

昼のひろめ市場 明神丸 塩タタキ丼3

ガブガブ食べる。

<ご飯が美味しい・・・!
なにこれ!酢飯・・・?
米に味が付いてる気がする・・・!>

観光客のフリをしながら、
生まれて初めて“塩タタキ”を食べて、
私はまた一歩カツオ人間に近付けた、と思った。

早く・・・カツオ人間になりたい・・・。

(昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!完)

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント投稿

*

Return Top