高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

ひろめ市場内「龍馬茶屋」 苺氷り

投稿日:2013.05.30 更新日:

龍馬茶屋

『龍馬茶屋』(高知市・ひろめ市場内)

龍馬茶屋 食券販売機

(食券販売機で食券を購入して注文)

龍馬茶屋 苺氷り

<苺氷り・・・!>
「さきっちょ」でチューリップを購入しているときに、後ろを振り返って驚いた。<ここにもあったのか・・・!>

「さきっちょ」の向かいにある『龍馬茶屋』
その店先に貼られたカキ氷の写真。脇には記憶にある文字が並んでいた。

『苺氷り』

私が苺氷りを見かけるのは初めてではなかった。
数ヶ月前に別の場所で見かけたことがあった。

私は甘い物が苦手だ。
でも、そのときは様々な事情が重なったこともあって、いったいどういうわけか苺氷りを食べてみたかった。
そして実際に私は苺氷りを購入して食べた。

苺氷りは、平たく言えば「カキ氷」だと思うけれど、私が知っているカキ氷とは違った。
氷はサラサラと新幹線みたいな速度で融けて、苺と練乳の甘味は奄美大島みたいな広がりを魅せた。

とにかく私は苺氷りと意外な場所で再会できたことが、なんだか嬉しくて、またここでも苺氷りを食べてみることにした。

券売機で食券を購入してオバチャンに渡す。
オバチャンは食券を受け取ると、微笑を浮かべながら"苺氷り製造マシーン"の前に向かった。

そして使い捨ての手袋を両手にはめて、透明の容器を左手に持ち、マシーンの電源を入れてガリガリやり始める。
赤い半袖Tシャツ。背中には「よさこい」の文字が踊る。

オバチャン、すごく丁寧。
時間をかけて入念にガリガリやってくれている。
さらに時々マシーンを止めて、シロップや練乳をかけてくれている。

<ありがたいっ・・・!>
と私はオバチャンの後姿を見つめながら思った。
<あぁっ・・・それにしても・・・ありがたいっ・・・!>

入念な制作ののちに完成した苺氷りを「どもども!」と受け取って、平日の昼間は閉まっている『ファミーユ』の近くの席に腰を下ろして食べる。

<おぅぅぅぅん・・・!>
前に別の場所で食べたのとナニカが微妙に違うのか、まったく同じなのか、私にはよくわからなかった。
わからなかったが、しかしとにかくそれは、サラサラと新幹線みたいな速度で融けて、苺と練乳の甘味は奄美大島みたいな広がりを魅せた。

そして、それは「ちゅうにち」で温められた身体を、桂浜の潮風、あるいは微風でかけた扇風機のように優しくクールダウンさせていくのだった。

(続く・・・!)(*´з`)
『苺氷りを食べる前に、ちゅうにちを食べた話』

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.