農業と高知グルメの情報サイト

赤岡町 絵金祭り2013

投稿日:2013.07.23 更新日:

駐車場を出て、暗い夜道を足早に歩く。
時刻はすでに20時を回っている。『絵金祭り』は21時までだ。

<予想はしていたけど、遅くなったな・・・>

このごろの僕は忙しい。
「むしろこれは桃です」などと、わけのわからないことを言いながら、生姜の写真を撮らなければならなかったりするからだ。

絵金祭り11

寝起きの馬ぐらいの速度で歩いて歩いて、やがて赤岡町の商店街に到達すると、設置された提灯や照明の効果で一気に周りが明るくなった。
その明かりの中にたくさんの人がいる。

僕は他人とぶつからないように注意しながら、なおも足早に歩く。
<大丈夫かな・・・まだ麺・・・あるかな・・・>

絵金祭り1

『絵金祭り』というぐらいだから、本来の祭りの主は「絵金」なのだろうし、僕もゆっくり現代に残る芸術を眺めてみたいところだけれど、そうはいかない。
早くしないと、麺がなくなる恐れがある。

あるいは、すでになくなっているのではないか。
不安が足のつま先から、脳を目掛けて這い上がってくる。

そんな中、ふと絵金祭りの開催が2日間あることを思い出す。
<もし、なくなってたら明日また来ればいいじゃん>
そう自分に言い聞かす。だがその考えも即刻消える。<ダメだ・・・明日は今日よりもっと忙しい、今日よりもっと遅くなる・・・>

絵金祭り2

やっと『たいびんび』の前にたどり着いた頃には、20時20分をすぎていた。
中で忙しそうにしている山雀さんの姿が外から見える。

<麺まだある・・・!?>
自分と「たいびんび」のあいだを通過する人々の群れの隙間から、背伸びして確認するが、わからない。

僕はそのまま「たいびんび」に突入する。

絵金祭り10

「こんばんは・・・」
山雀さんに恐ろしく低い声で挨拶する。元々低い自分の声が普段よりもさらに低いように感じられて、自分でも驚く。これは緊張しているときの自分の声だ。

<あかん!俺ちょっと緊張してる!>
と僕は思った。そして言葉が出てこない。<あれ・・・声が・・・遅れてすら・・・出てこないぞ・・・!>

若干、いっこく堂・風味だ。

オーナーの「たいびんび」さんもいらっしゃる。
僕はやはり、いっこく堂風味で挨拶する。

ちょうど座敷が空いているから、そこで少し待っていてくれ、と山雀さんは言う。
犬のように素直に人の言うことを聞く戌年である僕は、言われたとおりに座敷で待つ。

絵金祭り3

<ドキドキするなぁ・・・>
まるで衣をたっぷり付けたナスを、沸いた油の中に投入するときみたいな気持ちだ。

<やっぱり緊張するなぁ・・・>
まるでエリザベス女王と初めて会食をした夜みたいな気持ちだ。

そして現る。

絵金祭り4

『背すじも凍る?絵金うどん』・・・!

絵金祭り5

絵金祭り6

<本当だ・・・!>
事前に山雀さんのブログの画像で拝見していたとおりだ。<出汁が黒ぉぉぉいっっっ・・・!>

俺が今夜「絵金祭り」にきた最大の目的・・・!それがこの黒いうどん!背すじが凍るうどん!これだけは是が非でも食べておきたかった・・・!だってこのうどん・・・!おそらくは今日と明日の絵金祭りでしか食べられないんだよ・・・!つまりはファーストチャンスにしてラストチャンスッ・・・!それを掴むしかないと思い始めたときから俺は夜も8時間しか眠れずこのうどんのことばかり考えていた!俺は掴むしかなかったんだ!俺は遇機を・・・!この手で・・・!何が何でも掴み取るしかなかったんだぁぁぁっっ・・・!!(言いたいことを言ったので、だいぶスッキリしました)

早速、その黒い出汁を麺に絡ませて食べる。

「あ!美味しい!」
自然に声が出る。「でもこれなんやろ、イカスミ?」

さらに食べてみる。
<けど、イカスミパスタの味とも違う・・・>
僕は、はんなり口調になる。<せやけど、もしこれがイカスミやとしたら、他にも何かいろいろ入れてはるんやろなぁ>

麺の上にトッピングされていたトマトを何気なく口に運ぶ。
噛む。固い。歯応え強め。そしてえらく冷たい。
その冷たさは電流のように僕の背すじを駆け巡る。

まさに・・・。

背すじも凍る冷たさ!

<というより・・・俺の背すじが凍る以前に・・・元々、凍ってるんだ・・・>

絵金祭り9

カキーン・・・!
カキーン・・・!

<トマト・・・!凍ってる・・・!
トマト・・・!凍ってる・・・!>

圧倒的・・・!
氷結っ・・・!

凍ったトマトはシャーベット、あるいは、にぎり寿司のネタの下にあるもののように、シャリシャリしていた。

「いっぱい食べて大きくなります理論」でいくと、うどんだけでは大きくなれないので、さらに「中日」も食べる。

絵金祭り7

『背すじも凍る?絵金ちゅうにち』

うどんの出汁に中華麺を入れて食べる、中日。
その・・・「背すじも凍るバージョン」

うどんが山雀さんによる幻の手打ち麺ならば、中華麺は夜須町の「ヤ・シィパーク」内にあるお店、『うーどる』さんの作品らしい。

こんなことをあまり言うと、まだ食べたことがない方に対して「うーどる」さんのハードルを上げてしまうので言わないほうがいいのだろうが、「うーどる」の中華麺は美味しくて、美味しくて、美味しいことを僕は知っているので、「うーどる」の中華麺は美味しい。期待大だ!だって「うーどる」の中華麺は美味しいもん!と食べる前からワクワクしていた。

絵金祭り15

いざ箸を手に持ち、その中華麺を黒い出汁に絡めて口へ運ぶ。

「あ!美味しい!」
とまたサバンナ並みの自然さで声が出る。「さすがや!うーどるさん!うーどるの中華麺は美味しい!」

本当に美味しかった。
冷たくしているからだと思うけれど、以前に「うーどる」で食べた温かい中日と、麺の感じがまた違って弾力強め。

山雀さんの黒い特製出汁と、うーどるさんの中華麺。
<圧倒的コラボ・・・はんなりしてますわぁ・・・>と僕は思った。

最後の1滴まで飲んで完食。
店を出る前に、山雀さんに黒い出汁の正体を訊くと、やはりイカスミだと教えてくれる。
そして炸裂する山雀さんジョークの連打に笑いながら、外に出る。

絵金祭り13

絵金祭り14

終了時刻が間近に迫ってきたけれど、絵金祭りはまだまだたくさんの人々で賑わっている。
僕はカキ氷と「たいびんび」の前で買った「うーどる唐揚げ」を、会場で食べてから家路に着く。

絵金祭り12

絵金の絵は、闇夜の中でロウソクの灯りに照らされ、あやしさと美しさをゆらゆらと魅せ続けていた。

闘魂注入ボタン!

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。プロフィール詳細 | お問い合わせ

アクセスランキング★TOP5

1 大きな草と草刈機

草刈機の使い方!刈払機の使用方法を現役農家が徹底解説!

草刈機(刈払機)の使い方を現役農家の竜一がご紹介。プロが教える草刈機の使用方法。エンジンのかけ方、エンジンがかからない場合の対処法、草の刈り方について解説しています。

2 高知市 帯屋コッペのコッペパン 大エビフライコッペ

【帯屋コッペ】くまのPAN屋のコッペパン専門店が高知市にオープン

高知市帯屋町にオープンした高知初のコッペパン専門店「くまのパン屋. 帯屋コッペ」のメニューとコッペパンをご紹介。持ち帰り(テイクアウト)可能。2階にイートインスペースがあります。所在地/高知県高知市帯屋町2-1-28 営業時間/8:00〜18:30 定休日/月曜日

3 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

4 晩酌家つるじろ外観

晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】

晩酌家つるじろ(画像はオープン前に撮影しています) 2018年5月28日! 晩酌家つるじろ! 高知市にオープン! 当記事公開日である、本日5月28日(月)にオープンした居酒屋の新店「晩酌家つるじろ」。 居酒屋は居酒屋でも、ただの居酒屋ではない。 料理がおいしい! 店内がおしゃれ! 座敷あり! 掘りごたつあり! 子連れで行ける! カップルで行ける! 接待で行ける! 一人でも居心地がいい! マスターがイケメン! マスターが面白い! おすすめポイントをパッと上げても2,000個くらいすぐに思いつく、とんでもない ...

5 畑の食堂Copanのビュッフェランチ

畑の食堂Copan(コパン)高知/南国市・ながおか温泉の隣にオープン

高知県南国市にある「ながおか温泉」。 その隣に、地元の野菜を活かした料理が食べられるお店「畑の食堂Copan(コパン)」がオープン! 野菜をたくさん食べたい! 栄養がほしい! ビタミンがほしい! 大地の恵みを我にっ……!! そんなかたに打って付けのお店となっています。 竜一あけぼの街道沿いにある、産直所「なの市」と同じ敷地内で、以前「なのカフェ」が営業されていた跡地です。 駐車場は、ながおか温泉側につき注意! 産直所「なの市」 「畑の食堂Copan」の出入口は産直所「なの市」側を向いているが、 駐車場は「 ...

最新記事

田舎暮らしの小話

土佐弁で「おじいさん」は何と呼ぶ?現役の高知民が実体験を元に解説

いわゆる「高齢者」と呼ばれる世代の男性を何と呼んでいますか? 大抵のかたは「おじいさん」、あるいは「おじいちゃん」、そう呼ばれると思います。 お口の悪いかたは「ジジイ!」とお呼びになるかもしれません。 では高知の方言である土佐弁で「おじいさん」は何と言うのでしょうか。 現役の地元・高知民で土佐弁界の重鎮(体重的な意味で)ある、竜一が解説します。 土佐弁で「おじいさん」は何と呼ぶのか 40才で「オバア」になったオバ=アは、45才で「オジイ」になったオビ=ワンのことを、いつも「おじいさん」と呼ぶ。 オバ=アお ...

つくね芋のツル

田舎暮らしの小話

マムシの捕まえ方。捕獲したあとにしてはいけない、たった一つのこと

草むらに、うかつに入ってはいけない。 これは夏の田舎の常識です。 なぜならば、 マムシ! 皆様ご存知の「毒蛇」がいるからです。 私も草を刈っていると、マムシに遭遇してヒヤッとすることが時々あります。 マムシの毒が回ると最悪の場合は死に至りますから、そりゃあ怖いですよ。 本記事では、そんなマムシを捕獲する方法をご紹介します。 オバ=ア流、マムシの捕まえ方 ユズの木の周囲に生えた草を、鎌で刈っていたオバ=アが、突然叫んだ。 オビ=ワンやかましいねゃ、何を言いよらぁ。 オビ=ワンどいた?(どうした?) オビ=ワ ...

麦わら帽子の被り方

農業に役立つ豆知識

農作業に「麦わら帽子」は現役農家がおすすめする「最強の帽子」だ!

農作業用の麦わら帽子の被り方をご紹介。実際に麦わら帽子を被って農業する、現役プロ生姜農家がおすすめする麦わら帽子の被り方を解説します。男性におすすめの麦わら帽子被り方、女性におすすめの麦わら帽子の被り方、それぞれを解説しています

室戸市の料亭花月のキンメ丼

安芸~高知県東部カフェ

【高知】室戸キンメ丼のおすすめは「料亭花月」ランチは予約必須!

高知県東部の室戸市グルメ「室戸キンメ丼」を食べるなら「料亭花月」がおすすめ!地元・室戸沖でとれたキンメダイの刺身と照り焼きがのった豪華海鮮丼。締めにキンメダイの出汁をかけて、室戸キンメダイの出汁茶漬けが楽しめます。

収穫したばかりの生姜

生姜栽培

生姜は植えっぱなしで冬越しできる?越冬させる方法を専門農家が解説

生姜は植えっぱなしで冬越しできるのか、プロの生姜専門農家が徹底解説!種生姜の保存に最適の温度と、おすすめの種生姜保存方法がわかります。家庭菜園や少量多品目型の野菜栽培をされているかたは、ぜひご一読ください。

農業に役立つ豆知識

効率的に栗拾いする方法。便利な道具、服装を実体験を元に解説!

効率的に栗拾いする方法と、栗拾いに便利な道具とおすすめの服装をご紹介。実際に栗拾いした体験談を交えて解説しています。栗拾いに必須の道具である手袋は、軍手ではなく、手のひらの側がゴムになった手袋がおすすめです。

草刈り中の竜一

農業に役立つ豆知識

斜面での草刈り事故を防ぐ方法。三点支持とケツブレーキが重要!

中山間地域で農業に従事する竜一が実際にやっている、草刈り中の事故を未然に防止する方法をご紹介。草刈り中に三点支持(三点確保)する方法を解説します。

盛りだくさんの野菜

農業に役立つ豆知識

現役農家が語る「農家の年収」1,000万稼ぐ農家と稼げない農家の違い

農業で年収1,000万円以上稼げるか否かは品目次第!JA嫌いは損してる!? なぜ農業で稼げないのか、農業で稼ぐにはどうすればよいのかを現役農家の竜一が語ります。

生姜農家の生姜料理

簡単にできる「生姜スープ」の作り方。現役の生姜栽培農家が解説!

市販のインスタントスープをアレンジして作る、生姜スープの超簡単レシピをプロの生姜農家がご紹介。生姜をすりおろすだけで手軽に作れるため、忙しい朝におすすめです。

収穫した親生姜

生姜栽培

種生姜も食べられる。種生姜と親生姜の違い、親生姜おすすめの食べ方

知人男性 生姜を掘りよったら、植え付けに使った種芋が付いてくるけんど、あれは捨てるかね? そう聞く男性にオバ=アが言う。 オバ=ア食べれいでか!生姜やもの。 「種生姜」と「親生姜」の違いは? 収穫した親生姜 生姜を収穫していると、植え付けに使用した「生姜の種芋」が新生姜に付いてくる。 生姜の種芋には、呼び方が二通りある。 生姜の親芋の呼び方 種生姜 親生姜 種生姜とは⇒ 将来「親生姜」となる生姜のことで、植えられて新生姜を生み出すまでの期間(収穫〜貯蔵〜植え付け)の種芋を指す。 親生姜とは⇒ 植え付け後に ...

収穫したばかりの生姜

生姜栽培

生姜の収穫時期と種生姜の保存方法。現役生姜農家が解説!

生姜の収穫時期はいつ? 皆さんご存知、スーパーマーケットなどで一般的に販売されている、いわゆる普通の生姜は、生姜業界では、根生姜、囲い生姜、ひね生姜などと呼ばれる。 以上の3つは呼び方が少し違うだけで、基本的に同じものです。 私が生姜を出荷している、高知のJA(農協)の出荷場では「囲い生姜」をもっともよく使います。 「囲い生姜」の呼び名は、貯蔵することを「囲う」ということから来ています。 スーパーで生姜を見かけた際、 「あっ!"囲いの生姜"が出てる!囲いの生姜や!」などと指さして言うと、 業界人を気取れま ...

-イベント

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.