高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

ラーメン たんぽぽ

2013.08.13

<まいった・・・少し飲みすぎた・・・>

追手筋の、いわゆる"飲み屋街"から南へ歩く。
数時間前に日付けを変えた街。人通りは少なく静か。
生暖かい空気の中で、ネオンサインが明るくも寂しげに光っている。

堺町の電車通りへ出る。
広い道の両脇にタクシーが数台停まっている。
走っている車はわずかだ。

電車通りをテクテク渡る。

ラーメンたんぽぽ1

<やっぱりまだやってた・・・>
私は暗闇の中で赤く光る看板を見つけて、安心した。

街で飲んだあと、この店の看板が点いているのを何度か目にして、私はいつも気になっていた。
そして、おそらく夜にしか営業していないその店に、いつか入ってやろうと企んでいた。

ラーメンたんぽぽ5

『ラーメンたんぽぽ』の店内は、おおむね想像していた通りだった。
<男はこういう雰囲気好きだよな・・・>

壁に貼られたメニューを書いた紙は、すっかり黄色く変色している。
だが男は・・・少なくとも私は、こういう雰囲気が好きだ。かなり好きだ。
釜玉うどんと同じぐらい好きだ。

紙に書かれたメニューは様々で、一品料理やご飯ものもある。
『エイのヒレ』という食べたことがないメニューに目を奪われていると、店主がコップに水を入れて持ってきてくれる。

<おそらく俺のオカンよりは、だいぶ年上、オビ=ワンよりは年下・・・かな>
と私は勝手に店主の年齢を推察した。

<"ラーメンたんぽぽ"だから・・・>
私は目の前の水を一口飲む。水は喉を通って胃に落ちる。<やっぱラーメンを食べときたいな・・・>

『ス・ルラクセ』で、いろいろ食べてきたあとだった。
あれからBARのハシゴをして、数時間が経っているとはいえ、それほどお腹は減っていない。

<でもラーメンは別腹だ・・・!飲んだあとの締めにラーメンを食べるとき・・・!それはそれは幸せな時間だ・・・!こんな幸せ・・・!そんじゅそこらにゃ落ちてねぇんだよッッッ・・・!>

「むしろ飲んでいるあいだの時間は、最後の締めを盛り上げるためのプロローグである」

気が付くと、私はまた名言を吐いてしまっていた。
「農業界のニーチェ」だとしか思えない。

カウンターにいる店主に注文を伝えて、しばらく待つ。
現時点で186巻ものコミックが発刊されている「こち亀」が、本棚に何冊も入っている。

<何巻まであるんだ・・・もしかして全巻・・・揃ってるの・・・?>
本棚に目を凝らしたとき、店主が器を手にやってきた。

ラーメンたんぽぽ2

<おおお・・・ええですなぁ・・・>
私は店主が置いていった『ミソラーメン』を前に、昼下がりのお爺ちゃんみたいに微笑んで、箸を割る。

ラーメンたんぽぽ3

あぁ・・・それにしても・・・!
ありがたいっ・・・!

<麺がプリプリだぁっ・・・!>
麺を食べる。スープを飲む。飲みながら、またしても昼下がりのお爺ちゃんみたいに思う。
<ミソスープが胃に沁みるねぇ・・・!>

だけどラーメンだけでは、大きくなれるか不安だ。
万が一、大きくなれない、ということがあってはいけない。

ラーメンたんぽぽ4

そこで、さらに『やきめし』も食べる。

銀の匙・・・シルバースプーンですくって口へ運ぶ。
<これは・・・たしかに"やきめし"だ・・・!>
と私は思う。一般的にパラパラしたごはんが好まれる"炒飯"とは違う。<ちょっとだけ・・・懐かしい雰囲気・・・>

子供の頃にヨーダ(今は亡き曾祖母)が作ってくれたみたいな・・・。

「やきめし」のシッカリした味が、私の口の中を満たしていく。
それから残ったミソスープを飲む。器の中にあった麺は、すでに無い。

<なにか・・・味を超えたものがあるねぇ・・・>
私はスープを飲み干して、両手で持った器をテーブルに置く。<一瞬、時空も超えたねぇっ・・・!>

「ラーメンたんぽぽは・・・タイムマシンか・・・!」

私は舌代を払いながら、店主にテレパシーを送った。
<未来で・・・また来ます・・・>

こういう風に言うと、私がまるで未来からやってきた未来人であるかのようだ。

だが、「未来でまた来る」
それは当たり前のことだったりもする・・・。

ラーメンたんぽぽ1

◆ ラーメンたんぽぽ
(高知県高知市堺町4-9)
営業時間/19:00~5:00
定休日/不明
駐車場/たぶん無し。(近隣に1時間100円のコインP多数)

↓ 雨が降らなさすぎて、まいったー!
バリィさんじゃけぇのぉー

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.