高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

ホルモン工房 恵屋 後編/悶え噛み

投稿日:2013.09.22 更新日:

『前編を読む』


目の前に、七輪を設置するためのものだと思われる穴がある。
穴をぼんやり見つめていると、店の男性が七輪を持って現れた。

男性は穴に七輪を設置する。
七輪の中で炭が赤くゆらゆらと燃えているのが見える。

恵屋2

<いよいよですよぉー!いよいよですよぉー!>
半年振りの焼肉を前に、私の心は乙女のようにときめいた。

恵屋3

ときめきすぎて身も心も乙女になろうとしている頃に、主役の肉、脇を固めるご飯やキムチ、それからスープも続々と登場してきた。
肉が載った皿の内容は、骨付きカルビ、ホルモン、タン、鶏、ソーセージ、キャベツだ。

恵屋6

<何から焼く・・・!>
2年ほど迷えそうだった。<ほ・・・ほほほ・・・ホルモンからいこうか・・・!脂を回せ・・・!ホルモンでもって網に脂を回すんだ・・・!>

恵屋4

ホルモンを網の上に載せると、ジュッと音がした。
そしてそのままホルモンは網の上にゆったりと横たわった。

<ホルモンって、いつ食べればいいのかわからないんだよな>
私はホルモンが好きで焼肉屋に行くと絶対に注文するが、いつも最適な焼き加減がわからないのだった。<赤身の肉は色が変わるから、焼けた!というのが一目でわかる。でもホルモンは色があまり変わらない。いつ焼けたのか、さっぱり判断できない>

目の前でホルモンは、脂をドクドク滴らせている。
<美味しそう・・・!>私の口からはヨダレが滴りそうだ。

だがホルモンよ・・・。
キミは焼けているのか。
ふんわり白いキミは、もう食べられるのか。

ホルモンの脇で、骨付きカルビを焼く。
骨付きカルビは少し炙ると、赤から褐色に身を染めた。

タレをちょんと浸けて、ご飯に載せる。
見る見るご飯にタレが染み渡っていく。

<うわぁ!きたぁ!これだ!これだ!
白ご飯の戦闘力が!通常の2万4千倍に化ける!>

恵屋5

日本の絶景ッ・・・!

<世界遺産に登録されるのは時間の問題だろう>
自分の意見に納得しながら肉を食べ、タレがついたご飯を掻き込む。「ふぉっ!」変な声が出た。心が幸福感で満ちた。

ホルモンは相変わらず網の上に横たり、脂を垂らし続けている。
<そろそろ食べてもいいかな・・・>箸で転がして表裏両面の状態を確認する。見ても焼けているのかイマイチわからない。<焼きすぎたら脂が無くなり、固くなって美味しくないんだよなぁ、かといってホルモンの生焼けはイヤだな・・・赤身ならまだしもだ>

表面が褐色がかってきているので、おそらくもう大丈夫だろうと判断して、ホルモンを網から回収する。
タレに少し浸けて口へ運ぶ。ホルモン独特の脂の香りが口の中に充満する。
噛むとホルモンはフンワリ熔けた。<やった・・・!上手に焼けた・・・!>

にんまりしながら白ご飯を頬張っていると、入口の戸が開き、家族連れが入ってきた。
小学生ぐらいの子を1人連れている。
お父さんは着席するや否や、店の男性に発した。

「キムチと、生ビールを!」

<ぎょえー!昼間からイッちゃうんですか・・・!>
私は左手に茶碗、右手に箸、という状態のまま大きく目を開いて固まった。<なんという贅沢を・・・!なんという贅沢をっ・・・!>

黄金色に輝く液体が入ったジョッキを、店の男性から受け取るお父さんの姿が横目に見える。
私は悶えながらキャベツ噛んだ。

恵屋1

◆ ホルモン工房 恵屋
(高知県高知市横浜160-16)
営業時間/
11:30~14:00(月曜は昼営業なし)
17:00~0:00(ラストオーダー23:30)
定休日/無
駐車場/9台

↓ 稲刈りオワター!彼岸の墓掃除もしてきたぞね。
【人気ブログランキング】
押すとランキングが見れるのじゃ!

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

スポンサーリンク

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.