喰いもんや うどん屋と二階

投稿日:2014.07.14 更新日:

ゆっくりとカレーの香りが漂ってきた。
<そろそろ出来上がる頃かな……>

私は鼻から思いっきり息を吸い、その香りをクンカクンカと嗅いだ。
<やっぱりカレーの香りはいいなぁ、ヨダレが出る!>

カレーうどん4

『喰いもんや うどんと二階』
という変わった名前のこの店には、何度か来たことがあった。

酒を飲んだ帰りに千鳥足で暖簾をくぐって注文するのは、いつも「カレーうどん」だ。一度だけ「ぶっかけうどん」を注文したこともあるけれど、その後はまた「カレーうどん」ばかり注文している。

店の奥まで縦に伸びる肌色した木のカウンターの向こう側で、店のおばちゃんが麺を湯掻いている。その手元から白い湯気がモクモク立っている。

カレーの香りに小麦の香りが入り混じって嗅覚を刺激する。
<いっぱい食べて大きくならなきゃ……!>

考えてみれば、カレーうどん目当てに来る店、というのはここだけだ。

以前、南国市に「さわだ製麺所」という、すごくクリーミーでスパイシーなカレーうどんを出す店があった。私の中では「カレーうどんを食べに行く店」だった。

しかしその店が閉店してしまってからは、うどん屋でカレーうどんを食べること自体があまりなくなっていた。

一度、あのクリーミーなカレー出汁を味わってしまうと、一般的にありがちな普通のカレーうどんが食べれなくなってしまう。そんな魅力が「さわだ製麺所」のカレーうどんにはあった。

<"さわだ"のもクリーミーだったけど、ここのカレーもクリーミーなんだよな……>

「うどん屋と二階」のカレーうどんは、十人中十人がそうだかはわからないが、少なくとも私の中ではかつての「さわだ製麺所」の味を思い出させるようなカレーうどんだった。

<今日はわりと酔ってない、意識がハッキリしている……>
レアケースだ。

カレーうどん1

出来上がったカレーうどんを、おばちゃんが目の前に置いてくれた。

香りの攻撃力が凄まじい。
その辺の綺麗なお姉さんがつけている香水よりも刺激的に漂ってくる。

カレーうどん2

「漕ぎ出そう…!いわゆるまともから放たれたカレーの海へっ!」

カレーうどん3

よくあるカレーうどんではない、カレーうどん。
白い麺を口に入れた瞬間から、クリーミーだがスパイシーに炸裂する。

カレーうどん5

「俺たちのあいだに、言葉はいらない」

無言で食べる。
麺はもちろんカレー出汁も、一滴残らず食べおおす。

<わーい!今夜は悶絶だ!>

アルコールが充満する胃に落ちたカレーが、胃を優しく包み込む。
食べ終えて箸を置いたときには、体内から湧き出るアルコール臭を、カレーの香りがまろやかに制圧していた。

<飲んだあとに、締めのラーメンもいいけれど、締めのカレーうどんもいいものだなぁ>

↓ 納豆を押していってね!

高知市のうどん情報はこちらから

2017/6/8

はなまるうどん「そうめん」は美味しい?話題のメニューを食べた感想

うどん以外にも「カレーライス」が密かな人気を呼ぶ、セルフうどんチェーン『はなまるうどん』。 竜一も一時期『はなまる』のカレーにハマってしまい、足しげく通っていた。 (参考記事:はなまるうどん カレーセット依存症) そんな、うどん以外のメニューにも定評のある『はなまるうどん』が…… ついに、うどんを捨てた! 「ま、まぁ捨ててはいないだろうけれど……」 『はなまるうどん』が2017年6月2日に発売した期間限定メニューは…… うどんではない! ソーメンである! 「期間限定メニューが、うどんではなく、ソーメン!」 ...

2014/3/5

なか卯 32号高知葛島店

2014年2月12日。 なか卯、牛丼、販売終了。 このニュースをインターネット上で初めて目にしたとき。 「牛丼屋が…牛丼をやめる…そんなことが…あるがかえっ…!!」 驚きのあまり土佐弁になりながら、ちょっぴりウケてしまった。 うどん屋が、うどんやめました。 ふとん屋が、ふとんやめました。 そんな響きに聞こえた。 余談だが、車を運転しているとき道路脇に設置された看板に「ふとん」と書かれているのを、よく「うどん」に空目してしまう。 そしてある日「土佐文旦」を「土佐饂飩」に空目してしまったときには、もう自分は末 ...

2016/9/1

麺の仕様変更!?手打ちうどん「たも屋」高知・大津バイパス店

↑ 上が2016年8月29日、たも屋大津バイパス店「ひやひや」の麺! ↓ 下が2016年6月上旬、たも屋南国店「かけ」の麺! フェチのかたなら、きっとこの画像でおわかりいただける・・・! 麺幅が明らかに違う!細くなっている、たも屋のうどん・・・! がっ!あらかじめ頭に入れておかなければならないのは、「店舗が違う」ということ・・・! たも屋は各店で麺を切っている・・・! いかん、超うどん食べたい、5食くらい食べたいわ、うどん — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) August 28 ...

丸亀製麺の外観

2017/12/29

【丸亀製麺】2017-2018「年末年始」(正月)も営業中!

丸亀製麺、2017年-2018年末年始の営業時間の情報をご紹介。期間限定で、かに玉あんかけうどん、肉たまあんかけうどんも販売中!

2012/6/1

手打ちうどん たも屋 春野店

2012!春の四万十ぶらり旅!「手打ちうどん たも屋 春野店」 → 『四万十へ、新風追いかけて』 → 『UDON KUA'AINA (うどん・クアアイナ)』→ 『西の西、足摺岬へ』 → 『道の駅 めじかの里・土佐清水』 → 『足摺海洋館』 → 『竜串海岸』 →『グッバイ!土佐清水!』 → 『いろりや 肉醤油うどん & 力豚のカレーうどん』 → 『番外編』 うどん屋からうどん屋へ。長く様々なうどんを食べ歩いていると、ますますわからなくなってくる。 なにが私をうどん屋へと向かわせているのか。 美味しいうどんに ...

2013/7/25

はなまるうどん カレーセット依存症

カレーセット・・・カレーセット・・・カレーセット・・・。すでに私の頭の中にはカレーセットのことしかなくなっていた。 カレーセット・・・カレーセット・・・カレーセット・・・。カレーセットしか考えられない。カレーセット・・・カレーセット・・・カレーセット・・・。 いったいどうしてこんなことになってしまったのだろう。私にはわからない。カレーセット・・・カレーセット・・・カレーセット・・・。 スプーンを取り忘れたことに気が付いて、もう一度セルフレーンへ行く。そこにいた店員さんと目が合う。何だか恥ずかしい。私は苦笑 ...

2014/4/23

「美食酒房・英屋」 ー 世界を卵で埋め尽くせ! EP4-6 ー

『EP4-5を読む』 焼酎をロックで煽り…!再降臨チャーハンを食べる…! グラスを掴む手が震え…!スプーンを持つ手が震える…! ドキ………!高鳴る………! ムネムネ………!! 「来るぞ…そろそろっ…!魔法の白い麺…うどんがっ…!!」 ついに………!ついに…現れる…! 英屋の饂飩っ…!! <メニューの記載は…"冷・醤油"と"釜玉"…だが俺は何も指定していない…ただ…うどんを…と言っただけ…!どちらが来るのか…あるいは…!> 現れし…それを見たとき…!驚愕っ…瞳孔全開…フルオープンっ…! これは……………! ...

2012/4/29

めん處 雅(みやび) ~再訪~ EP1/決着の刻

『EP2を読む』 『EP3を読む』 『EP4を読む』 もう随分と前、十代の頃。 思春期真っ只中だった当時の私には、好きな人がいた。 「竜一君って、好きなものから先に食べるタイプ? それとも好きなものは、あとに取っておいてから食べるタイプ?」 彼女の唐突な質問に、少し考えて、うつむきながら答えた。 「俺・・・テキトー・・・」 「そうながや!」 クスクスと可愛らしく笑いながらそう言う彼女の姿が、 淡い思い出として今も脳裏に焼き付いている。 あれから十数年。 相変わらず私は、先に食べるとか、あとから食べるとか、 ...

2013/5/29

和楽路屋(わらじや) フォーミンチーと天麩羅うどん

「ファミーユ」では、いつものようにウォッカを煽り、「MI6東京」では、<スパイが飲みそう!>という理由からバーボンを煽った。そしてその後に行った大人の空気が漂うBarでは、酔ってエンジンがかってしまうと雰囲気的に"浮きそう"だな、と考えてジントニックを飲んでいた。 私はフォーミンチー。ベトナム担当のフォーミンチー。 無事にコードネームを授かった夜。最後に"うどんロボット屋台"として有名な「和楽路屋」へ行った。 到着。和楽路屋。 「おぅっ・・・!」和楽路屋の大将は私と目が合った瞬間にそう言った。 「覚えてく ...

2017/1/24

【高知】桂浜観光がてらに行ける食事処「よがなうどん」でランチ

うどんの本場・讃岐をしのぐ麺線が、高知にある・・・! 1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ) 本格手打ち「よがなうどん」(高知市横浜) (*店舗画像はオープン当初のものです。汗) 2016年11月。高知市横浜にオープンして以来、高知うどん界の注目を一手に集める、新進気鋭のうどん店『よがなうどん』。 日本人のみならず、外国人の観光客のかたにもマジおすすめ・・・! Yogana-Udon is recommended for foreigners. 「よがなうどん」は「桂浜」から近い 『よがな ...

2012/9/3

三里うどん本舗 前編/ジェダイの勘

近年、稀に見る評判である。 高知で最も有名な裏うどんの麺師にして、 辛口のコメントが多いことで知られる"あの"山雀さんが絶賛したことに端を発し、 「なに!そんなに旨いのか!」と、高知のうどん好きの皆様が続々と出撃。 そして一戦交えた皆様は、 「本当だ!本当に美味しかった!」と、 やはり山雀さんと同じように、絶賛していた。 近年、稀に見る評判である。 少なくとも、ここ数年、 みんなの心をこれほどまでに沸かせた店は記憶に無い。 <これは・・・この店は・・・! 瞬く間に高知の有名店になってしまうのかもしれない・ ...

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のうどん

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.