• 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしい「釜玉うどん」おすすめの名店8選
    2016.08.17
  • 農業ブログ
    「草刈機・刈払機の使い方」草刈り機の使用方法を現役農家が徹底解説
    2016.12.11
  • ラーメンブログ
    高知ご当地ラーメン「味噌カツラーメン」地元民おすすめ!18選!
    2017.05.23
  • ビスタリ食堂 日替わりランチ 高知のグルメ(おすすめ)
    【南国市】「ランチ」がおすすめの「おいしい」お店13選!
    2018.01.21
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知の豚太郎おすすめ8選!創業50年の老舗ラーメンチェーン!
    2017.09.26
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    【高知】子連れランチ&ディナーにおすすめ!座敷のある飲食店18選
    2018.01.18
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知のおいしい「カレーうどん」おすすめの名店6選
    2017.01.18
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知で人気のおしゃれカフェランチ!おすすめ13選!2017
    2017.12.02
  • 高知のグルメ(おすすめ)
    高知といえば、おいしい食べもの!高知観光おすすめご当地グルメ9選
    2017.10.27
  • ラーメンブログ
    高知のおいしいラーメンおすすめ73選!2017(深夜営業店あり)
    2017.12.04
  • うどんブログ
    高知のおいしいうどん屋さん!おすすめ43選!名店や人気店が満載!
    2017.10.05

ゆっくりとカレーの香りが漂ってきた。
<そろそろ出来上がる頃かな……>

私は鼻から思いっきり息を吸い、その香りをクンカクンカと嗅いだ。
<やっぱりカレーの香りはいいなぁ、ヨダレが出る!>

カレーうどん4

『喰いもんや うどんと二階』
という変わった名前のこの店には、何度か来たことがあった。

酒を飲んだ帰りに千鳥足で暖簾をくぐって注文するのは、いつも「カレーうどん」だ。一度だけ「ぶっかけうどん」を注文したこともあるけれど、その後はまた「カレーうどん」ばかり注文している。

店の奥まで縦に伸びる肌色した木のカウンターの向こう側で、店のおばちゃんが麺を湯掻いている。その手元から白い湯気がモクモク立っている。

カレーの香りに小麦の香りが入り混じって嗅覚を刺激する。
<いっぱい食べて大きくならなきゃ……!>

考えてみれば、カレーうどん目当てに来る店、というのはここだけだ。

以前、南国市に「さわだ製麺所」という、すごくクリーミーでスパイシーなカレーうどんを出す店があった。私の中では「カレーうどんを食べに行く店」だった。

しかしその店が閉店してしまってからは、うどん屋でカレーうどんを食べること自体があまりなくなっていた。

一度、あのクリーミーなカレー出汁を味わってしまうと、一般的にありがちな普通のカレーうどんが食べれなくなってしまう。そんな魅力が「さわだ製麺所」のカレーうどんにはあった。

<"さわだ"のもクリーミーだったけど、ここのカレーもクリーミーなんだよな……>

「うどん屋と二階」のカレーうどんは、十人中十人がそうだかはわからないが、少なくとも私の中ではかつての「さわだ製麺所」の味を思い出させるようなカレーうどんだった。

<今日はわりと酔ってない、意識がハッキリしている……>
レアケースだ。

カレーうどん1

出来上がったカレーうどんを、おばちゃんが目の前に置いてくれた。

香りの攻撃力が凄まじい。
その辺の綺麗なお姉さんがつけている香水よりも刺激的に漂ってくる。

カレーうどん2

「漕ぎ出そう…!いわゆるまともから放たれたカレーの海へっ!」

カレーうどん3

よくあるカレーうどんではない、カレーうどん。
白い麺を口に入れた瞬間から、クリーミーだがスパイシーに炸裂する。

カレーうどん5

「俺たちのあいだに、言葉はいらない」

無言で食べる。
麺はもちろんカレー出汁も、一滴残らず食べおおす。

<わーい!今夜は悶絶だ!>

アルコールが充満する胃に落ちたカレーが、胃を優しく包み込む。
食べ終えて箸を置いたときには、体内から湧き出るアルコール臭を、カレーの香りがまろやかに制圧していた。

<飲んだあとに、締めのラーメンもいいけれど、締めのカレーうどんもいいものだなぁ>

↓ 納豆を押していってね!

コメントを残す

高知市のうどんの関連記事
  • うどんで暑さ対策!夏を乗り切れ!セルフ「浜心うどん」高知市長浜
  • 出張草刈り ~ うどん処 楓
  • 高知市横浜に新店「よがなうどん」11月7日(月)オープン予定!
  • 新店! 一両うどん

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事(ランダム)
稲かしら
農業ブログ
(6月23日に撮影した田んぼ) (7月25日に撮影した、同じ田んぼ) 多くの人はコレを見て、「竜ちゃんちの稲、なかなか育ってきたじゃん!」な...
出汁を取る農民 前編/こがね色の海
自炊系グルメ
「さば節」と「宗田かつお節」と「むろあじ節」が混合された削り節を生まれて初めて購入した。自分で出汁を取ってみたかったのだ。 私はうどんが好き...