高知最大級のグルメ&地域情報ブログ

生姜農家の野望Online

マルトクラーメン つけ麺(大盛)

2014.08.22

  1. 生姜農家の野望 >
  2. 香美市/香南市/北川村ラーメン >

マルトクラーメン つけ麺(大盛)

2014.08.22

国道沿いにある小さな看板に「つけ麺」と書いてあることに、初めて来たときに気が付いた。

<看板に書いてあるくらいだから、つけ麺も美味しいのかな…?>闇夜の中に赤く光る看板の文字を見て思った。

マルトクラーメン7

香南市野市町にある『マルトクラーメン』を再訪したのは、それから数ヵ月後のことだった。前回とは違い、昼営業を狙った。

夜に来たときと同じように、若者を中心に男性客が多めの店内。カウンター席がたくさんあるので、一人で来ても座りやすい。

それでも私は怖かった。
<大丈夫か!俺…!大丈夫かっ…!>コミュ障にしかわからない不安に駆られていた。

リラックスしているとしか思えない雰囲気を醸し出して、空いているカウンター席を探す。もちろん本当はビビリまくっている。

三席ずつ四組ほど設けられているカウンター席。空いている組はないが、その中でも最も人が少ない組を選んだ。スーツを着たサラリーマン風の客とは一席あいだが空いている組だった。これならコミュ障でも辛うじて大丈夫だ。

注文はもちろん「つけ麺」大盛にした。

並盛でもよかったのだけれど大盛にしたのは、前回来たときに、トッピング、あるいは大盛が無料になる券を貰っていたからだった。トッピングはいらなかったので、食べなきゃ損だ、と思った。

大きくなってしまう危険はある。でもこの一局だけなら許される。きっと、きっと大丈夫。

だが、そんな気持ちは数分後に打ち砕かれる。

マルトクラーメン1

「うげっ!」

そのビジュアルに私は驚愕した。
「マルトクラーメン」のつけ麺、二玉の「特盛」ではなく、一.五玉の「大盛」にしたにも関わらず、一瞬怯むほどの攻撃力。

三十を過ぎてから代謝も悪くなっているが、食べれる量自体が減っている。<食べきれるかな……>不安に思った。「大盛」を自分で注文しておいて残す。それは絶対にやってはいけない行為だ。

マルトクラーメン8

そびえ立つ山。

マルトクラーメン2

未知への挑戦。麺に対する期待と、己に対する不安が交錯する。

マルトクラーメン3

でもやるしかない。

マルトクラーメン4

この山を前にしたら最後…!食べることでしか俺は俺の存在価値を証明できない…!

マルトクラーメン5

<重い…麺が重い……!>
箸で麺を掴むも、麺同士が絡まり合っている。さらにその上に載っているモヤシが漬物石のような役目を果たし、麺に蓋をしている。取り出せない。

指先に力を入れて、麺を力ずくで奪う。つけダレに放り込む。
つけダレを浸けて引き上げた麺には肉眼で判別できるほど、大量の刻みニンニクが付いている。

口に入れる。次の瞬間、ニンニクの香りが口の中を制圧する。

<すごい食べ応えだ!>
極太の麺は力強い食感と舌触り、喉越しを生み出す。

麺を浸けては食べ、浸けては食べ。
口に入れて噛むごとに、強烈にニンニクが香る。

マルトクラーメン6

ニンニク畑でもこんな匂いしねぇぞ!

このあとすぐに人と話すわけにはいかない。チューもしちゃいけない。車にガムがあったな。ブレスケアは家に置いてきてしまった。

自分で自分の吐く息が、通常では考えられないほど臭いのがわかる。
しかしもう遅い。<どうせ俺は臭いんだ!>

全力を尽くして、つけ麺の山を踏破する。

食べる。食べる。黙々と食べる。
食べるごとに手の指先から足のつま先に至るまで、ニンニクのパワーが行き渡り、みなぎってくるのを感じる。

今夜は眠れそうにない。

マルトクラーメン7

◆ マルトクラーメン
(高知県香南市野市町西野2217)
営業時間/
11:00~15:00
17:30~22:00
定休日/水曜日
駐車場/有

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

人気ランキング

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.