高知名物!屋台餃子「安兵衛」行列のできる屋台で飲みのシメ

投稿日:2017.05.02 更新日:

昭和45年創業。屋台から始まって「東京」にも出店を果たし、テレビなどの影響もあり、近年すっかり全国的に有名になった、独特の餃子が人気の屋台『安兵衛(やすべえ)』『ひろめ市場』にも店舗がある)。

屋台「安兵衛」はこの日も行列ができていた。

あまりの行列に、諦めて他へ行こうとした竜一。一応、どれくらい待たなければいけないのか、店員さんに聞いてみると「そんなに待たなくても大丈夫だと思いますよ」と言う。

「ええっ!こんなに並んでいるのに?」と思ったが、"屋台"と言ってもキャパが広いため、たしかに5分ほどの待ち時間で通してもらえた。

屋台「安兵衛」のメニュー。

メニューの筆頭は、『安兵衛』名物の「屋台餃子」

▲ 屋台の定番「ラーメン」もある。

スポンサーリンク

餃子は「持ち帰り」も可能。

▲ 餃子だけでなく、おでんも持ち帰りできるし、近隣ならば出前もしてくれる模様。

▲ ジュースは敷地内に設置された自販機で買うシステム。

安兵衛名物「屋台餃子」

「これを食べなきゃ、安兵衛に来た意味がない」と言っても過言ではない「餃子」。1人前7個。

ひとつひとつが小ぶりで、揚げ焼き風になっている。
「相変わらず、衣がサクサクッ……!」

「中に入った餡の味が濃くて、飲みのシメにピッタリだ……!」

屋台安兵衛の「ラーメン」

▲ ネギ、メンマ、モヤシ、チャーシューが確認できる程度のシンプルなラーメン。

屋台安兵衛の「チャーシューメン」

「チャーシューメン」にすると、一気に豪勢。

歯応えの強い、昔ながらタイプのチャーシューが酔いを吹き飛ばす!

うぉぉぉぉっっ!

▲ なかなか深い器に入れられた、醤油味のスープ。

結構濃いっ!
「チャーシューで酔いが吹き飛んだあとは、濃いめの醤油味で目が覚める、そんな雰囲気……!」

「たらふく食べて酒を飲んだシメに、餃子を食べたあげくラーメンまで食べちゃったら、絶対太っちゃう……!」

どうしよう……!

どうしよう……!!

後日談:普通に太りました。

▼ ひろめ市場に店舗があります。
関連記事:屋台餃子「安兵衛」高知・ひろめ市場内の餃子屋さん。

「屋台安兵衛」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市廿代町4-19(地図
営業時間/19:00~翌3:00(土曜のみ翌4:00まで営業)*L.O.閉店30分前まで
定休日/日曜日
駐車場/無

高知市ラーメン&中華の情報

2016/7/19

大盛!男子飯!高知市薊野「暖家」味噌カツラーメン天津飯セット

これで満腹にならないわけがない・・・! まんぷく処 暖家・・・! ちょうど昼どきとあって、サラリーマンやOL風の人々で賑わう店内・・・! 広い小上がりや座敷もあり、子連れでも問題ない雰囲気・・・! 始まっていた、サマーメニュー! なんだ!この冷やし中華は・・・! 『暖家風冷やし中華』と書かれたそれに目を奪われる・・・! <オムライス、いやオムそば風・・・!?> がっ!しかし・・・! <今回はやめておこう!こんな冷やし中華を食べたらトラウマになりそう・・・> 天津飯好きの竜一・・・! 各種セットメニューから ...

らーめん大郷の外観

2014/6/7

博多乃風 らーめん大郷 黒豚チャーシューらーめん

機械を使って、 生姜畑の土を混ぜくり返していた。 すると、植えてまだ間もない生姜を 機械で巻き込み、間違って掘り起こしてしまった。 圧倒的自己嫌悪。 ストレスが溜まった。 そして、ムシャクシャした。 ムシャクシャしていた…! 麺なら何でもよかった……! 豚骨ラーメンの店………! 『博多乃風 らーめん大郷』 紅生姜と辛子高菜……! 相変わらず…取り放題……!! ありがたいっ………! 『黒豚チャーシューらーめん』 注文した……それ………! 絶景っ……!! 丼の限界まで攻めた…! つゆだく………! これまた…… ...

華珍園別館 天津飯

2018/6/19

【高知】「華珍園 別館」ランチに本格中華が食べられるおいしい名店

おいしい中華料理、あります。 高知を代表する中華料理の名店にして人気店「華珍園(かちんえん)」。 華珍園には「本店」と「別館」が存在するが、本店は駐車場がない。 ゆえに車で行きやすいのは別館。* 本店も3,000円以上の食事で近隣の駐車場料金割引サービスあり。 高知駅からは約1km、徒歩15分。 駅から徒歩で訪れることも可能となっている。 本記事では、その名店、 華珍園別館の圧倒的本格中華ランチ! ……をご紹介します。 高知市の華珍園別館で本格中華ランチ! 広々とした華珍園別館の店内。 ランチに本格中華が ...

2010/9/5

製麺処蔵木 牛モツのつけ麺 & 塩の中華そば

一般的に、「田舎に帰る」という表現はしても、「都会に帰る」という表現は、あまりしない。 だけど、元々都会(といっても高知市だが)に住んでいて、現在は田舎で暮らしている私にとって、高知市内に行くということは、「都会に帰る」というような、不思議な感覚がある。 この日、用事があって市内に出て来た竜一。 路面電車のガタゴトと言う音。シャー!と車が走る音。行き交う人々の足音、話し声。 「市内は賑やかやな~」心の中でそう呟きながら、中央公園をテクテクと歩く。 向かった先は、ココ。 『製麺処 蔵木』 にゃお吉さんのブロ ...

2016/12/19

ボリューム満点のメニューが揃う「豚太郎 高須店」味噌カツラーメン

トンカツがのったラーメン・・・! 味噌カツラーメン・・・! ラーメンの豚太郎 高須店 高須店と付きながらも住所は、高知市葛島。 子連れ、幼児連れで行きやすい店内 多くの豚太郎店舗がそうであるように、高須店にも小上がりがある。数も10卓ほどと多い。小上がりがあっても、常時満席で座れないという可能性は低い。 さらに竜一が行ったときだけなのか、豚太郎には珍しく店員さんは全員女性。親切にしてくれる店側の明るい雰囲気は子連れでも居心地がいい。 スポンサーリンク 豚太郎高須店のメニュー 各店でメニューの構成が違う豚太 ...

2013/2/15

餃子の王将 高知御座店

ようやく高知にも「餃子の王将」が出来てから、しばらくが経とうとしている。 高知市に開店したその店舗の前を車で通ったことは何度もあったのだが、いつも店先に行列が出来ているのを見ては思っていた。 <並んで待つことができない俺に・・・!この行列はあまりにもツラい・・・!ツラすぎる・・・!> が。 行列は私の興味を惹く。 <一度・・・!餃子の王将で食事してみたい・・・!> そして大きな興味は、次第に大きな勇気を湧かせる。 <行列がなんだ・・・!並ばなきゃ!王将は取れない・・・!ならば並ぶまで・・・並ぶしかないんだ ...

2013/5/3

中国庶民料理 珉珉(みんみん)

あれから天津飯を食べに行った。「草や感謝祭」後に呑んでいたラストチャンスを出て、私は高知市帯屋町のアーケード街をアテもなく東へ歩いた。 <お腹が空いた・・・>海ぶどうを食べてもなお、私のお腹は空いていた。<どこかでナニカを食べよう・・・> 私は、通りがかりに偶然目に付いた一軒の店に入った。そこは、ある企業が経営する店だった。 キチンと教育された接客。豊富なメニュー。清潔な店内。 とても良い店だった。でも、なんだかすべてが型にハマリ過ぎていた。 <ときめかない・・・>と私は思った。<もっとゾクゾクしたい・・ ...

2016/5/9

「ホテルのランチ=高い」は古い!新阪急高知「マンダリンコート」

このセット・・・! この内容で税込1080円・・・! ありがたいっ・・・! ザ クラウンパレス新阪急高知・・・! 2階・・・中華料理マンダリンコート・・・! 値段が高くて量が少ない・・・! 大して美味しくもない・・・! そんなホテルのランチに・・・ ありがちなパティーンを打ち崩す・・・! 満足度フルマックスのセットメニュー! それが・・・ 野菜入り担々麺・・・ または高菜入り汁そばが選べるランチ・・・! 葵・・・! まずは嫁・・・! 野菜入り担々麺・・・! 竜一・・・! 高菜入り汁そば・・・! セットの中 ...

2013/9/14

中華そば 丸福

買い物から帰ってきて冷蔵庫に食料品を詰めこんでいるときに電話のベルが鳴った。ベルは酷く慎重に鳴っているように私には聞こえた。プラスチックのパックを半分だけひきはがした納豆をテーブルの上に置いて居間に行き、受話器をとった。 「納豆はもうまぜ終わったかしら?」と女が言った。「終わったけど・・・」と私は言った。「ど・・・どちら様でしょうか」 「秘密の組織の者です」と女は即座に答えた。「このあいだは男の人が・・・」と私が『あるぺんはうす』に行く前にかかってきた電話のことを言いかけると、女は明るい口調で言った。 「 ...

2013/10/17

純手打ちラーメン とがの 前編/一見だけど常連

夜の街をフラフラ歩く。 お腹がグーグー鳴っている。 やがて灯りが見えてきた。 赤い看板に青い字で書かれている。 『純手打ちラーメン とがの』と書かれている。 <ここが伝説の手打ちラーメン店・・・"とがの"か・・・> そのまま店内へ浸入しようとした。 がっ! 足を止め、一旦立ち止まった。 <何をしているんだ俺は・・・> そして店の前を通過。 <初めて訪れる店に、何の戦略もなく丸腰で闘いを挑もうだなんて・・・> 私は自分の愚かさを悔いた。<冷静になれ!一見さんの気配を漂わせていてはダメだ!> 一見さんだと見破 ...

2015/5/9

【高知】鍋焼きラーメン専門店 あきちゃん

あるのか……この奥に………! 本当に…駐車場がっ………!! 高知市、朝倉駅から徒歩1~2分といった距離。 すぐ東側には高知大学がそびえる。そんな位置。 『鍋焼きラーメン専門店 あきちゃん』 裏の駐車場に車を停めて店先へ。 朝倉に舞い降りた農民・竜一と、 平成の怪物・あきちゃん。 ラーメンの麺のように 長い戦いが始まろうとしていた…。 ガラス張りの戸をくぐる。 カウンターの向こう側。 すぐさま発見。 大将……! あきちゃん…! 軽快なJ-POPが鳴り響く店内。 明るい配色で綺麗。 ソロ狩り時でも寂しくないカ ...

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-高知市のラーメン&中華
-,

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.