高知の飲食店情報を中心に、様々なグルメの情報をドキュメンタリー風味でお届けしています。お店探しにお役立ていただけるのはもちろん「読みもの」として眠れない夜にお供します

【高知】「一旬」のランチは、高知の食材を使ったメニューが目白押し

投稿日:2017.08.12 更新日:

前回、充実の構成で私の中で話題となった、高知市の居酒屋『一旬』のランチ。

前回の記事:個室有り!子連れで行ける!高知の居酒屋「一旬」でランチ

その『一旬』が高知市廿代町に移転したという。

移転ですってぇ……!!

移転前は、入口で靴を脱いで上がるスタイルで「完全個室」もあり、居酒屋さんなのに「お子様ランチ」も用意されていたりと、子連れ対応がシッカリしていて非常に居心地がよかった印象が残っている。

「移転された、いまも子連れで行ける感じなのかな……」

それが不安だったが、どうやら相変わらず「子連れに優しいお店」であるとのことで、子連れで行くことにした。

高知市廿代町に移転した「一旬」(Issyun) でランチ。

移転した『一旬』は、高知市廿代町のグリーンロード沿い、よく行く居酒屋『英屋』のすぐ近くにあった。

西から低く黒い雲が立ちこめてきて、いまにも泣き出しそうな空。

竜一は足早に店内へ歩いた。

移転した「一旬」の店内。

入口で靴を脱ぐ、移転前と同じシステム。

到着したのは午後2時すぎ。

出てきた、店のお兄さん。腕時計を見て「個室もあるんですけど、もうお客さんは来ないだろうから…」と、4人がけのテーブルが4卓用意された部屋に案内してくれる。

「ここもほかのお客さんがいなかったら、個室として使っていただけますので」と言う。

「なるほど……」
その部屋も戸を閉めれば、広い個室になる仕様だ。

▲ 置いていってくれた、水に驚いた。

丸氷っ……!!!
なんと水に入った「氷」が丸いのだ。

「丸い氷は溶けにくくて、たとえばこれで焼酎をロックにして飲んだら抜群にうまいんだよ!水っぽいロックにならない……」

むしろ焼酎が……。

ロックンロールになるんだよ!

「たしか移転前の『一旬』の水は丸氷じゃなかった……」

圧倒的進化っ……!!

「移転後は"丸氷の一旬"になったんだ……!」

移転した「一旬」のメニュー

▲ 移転前の店舗にもあった『一旬』のメニューブック。

「な、なんだか懐かしい……」

▲ ランチメニュー。「8月」と書かれているので、おそらくは月替わりだと思われます。

移転前とは違うメニュー。

▲ イチオシは「高知産たっぷり野菜八穀米ランチ」の模様。

▲ ま、マジか……!

「高知産たっぷり野菜八穀米ランチ」には、なんと……!

27種類もの野菜と果物が入ってるんだって!

27種類だよ!すごくないか、これ!
「自分が食材の仕入担当だったら、絶対どれか仕入れ忘れそう……

高知産たっぷり野菜八穀米ランチ

まずはその「高知産たっぷり野菜八穀米ランチ」。

初手に運ばれてきたのは「白桃のスムージー」。

メニューには記載されていなかったものだが……
「桃の味がすごくする……!」

▲ 「ブロッコリーとホウレンソウのケークサレ」

あまり馴染みがない料理だが、フランス生まれのおかずケーキ、とのこと。

「見た目はケーキだけれど、食べてみるとたしかに、おかず!キッシュみたいな感じ」

▲ その後に来た、メインのお膳。

うわぁ!ありがたい!
なんだか、ありがたいっ!

▲ 旬野菜の豚包み青さ天ぷら。

トマトとオクラを豚肉で巻いて、青さ海苔の衣で揚げている。
青さ海苔の香りが、すごくいい!衣が青さ海苔だからか、よくある豚巻きみたいに油っぽくない」

サッパリ……!
風呂上がりみたいに、いただけます!

▲ すり身団子と豆腐の揚げ出し。

旬の夏野菜、シシトウがちょこんとのって……

風流です!

▲ アジと野菜のパートブリック。

パートブリックとは、フランス料理に使われる、日本の春巻きよりも薄い「クレープ状の皮」のこと、という。

「ケークサレといい、パートブリックといい、『一旬』、和食に見えて若干フレンチ寄りなのかな……

平たく言うと、アジの春巻き。
しかし春巻きとはまた違った、パリパリとした食感がある。

▲ ツルムラサキ、カボチャ、カリフラワーの和風サラダ。

「フランスかぶれに見せかけて、ここで東南アジア原産のツルムラサキを持ってくる辺り!」

いいねぇ……。

次順は、天ぷら!

海老と高知産野菜の天ぷら盛りランチ

和食の華!天ぷらが盛られた御膳は……

圧倒的豪勢……!!

▲ 竜一が男性だから、ということだろうか。明らかにごはんが多めに盛られている。

▲ シメジやエノキダケが入った、ありがたいお味噌汁。

味噌汁は、日本の心である!

▲ 大きなエビが2尾。

▲ 季節の野菜が盛られた天ぷらは、まさにひとつの"旬"「一旬」を飾り付けた、みたいな様相だ。

▲ 刺身はスズキ。

▲ 和えもの。

ウサギまで付いた、大満足セット。

いい"一旬"でした。

「でも、おっさんは、天ぷらの油で胃がもたれる……」

「一旬」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県高知市廿代町8-1 アクールビル 1F(地図

【営業時間】
(昼)平日/12:00~15:00(L.O.14:00)
土日祝日/12:00〜16:00(L.O.15:00)

(夜)平日/17:00~23:00(L.O.22:00)
土日祝前日/17:00〜0:00(L.O.23:00)

定休日/無
駐車場/無
一人行きやすさ/○ カウンター席あり
子連れ行きやすさ/◎ 完全個室あり

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

アクセスランキング★TOP5

1 高知蔦屋書店 内観

高知 蔦屋書店!南御座に新店オープン!全テナント情報を徹底解説

高知市南御座の卸団地にオープンした、大型複合書店「高知 蔦屋書店」全テナントの営業時間と定休日の一覧。ほか「高知 蔦屋書店」を実際に訪れて詳細レポートしています。テナント数は20以上!書籍はもちろんおいしいグルメにキッズスペースもあります。

2 ヴェッセルのランチ

ヴェッセル (VESSEL)高知・香南市野市町にカフェの新店がオープン

2019年2月4日!高知県香南市野市町に民家カフェ「ヴェッセル(VESSEL)」が新店オープン!リーズナブルな価格で食べられるヴェッセルの手作りランチをグルメブロガー竜一が徹底解説!

3 Real食堂 西山珈琲館 サイフォンコーヒー

Real食堂「西山珈琲館」高知市高須にオープンしたカフェでランチ

高知市高須にオープンしたカフェ「西山珈琲館」のランチをご紹介。巨大なコーヒーの焙煎機がある西山珈琲館。ハンバーグ、チキン、スープカレーが食べられる、子連れ(幼児連れ)で行けるカフェです。

4 製麺処蔵木南国店 特製濃厚魚介豚骨ラーメン太麺

【新店】製麺処 蔵木 南国店 ラーメンの人気店が南国市にオープン

南国市にオープンしたラーメン屋さん「製麺処 蔵木南国店」を最速で実食レポート。蔵木南国店のラーメンを食べた感想やメニュー、営業時間の確認ができます。これまでに数百軒のラーメン屋さんで大量のラーメンを食べてきたブロガー竜一がご紹介します。

5 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

-高知市の居酒屋ランチ, 高知市カフェ
-, , , , , ,

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.