月別アーカイブ:2014年12月

はなまるで始まりはなまるで終わるっ!

1年の食べ納めは、はなまるうどん! いまから釜玉フェアで、釜玉だけ麺量1.5倍! 思えば、2014年。食べ始めも、はなまるだった…! ↓ 来年は頑張って書きます(笑)

韓国料理とキムチの店 景福宮(きょんぼっくん)本店 「ビビンバ&石焼ビビンバ」

年の瀬。南国市。韓国料理の店『景福宮(きょんぼっくん)』 瓦でふいた立派な門をくぐる。 「ほぉ…相変わらず立派なお庭ですなぁ……」 東京ドーム2個分はあろうかという、その庭。むしろ庭園っ……! そのとき私。窓越しに発見した。 ヨンチョルさん…!! 景福宮の代表取締役でありながら、奥様に取り締まられている。 代表取り締まられ役だ、と噂のヨンチョルさんがそこにいた。 上半身が目立つピンク色していたので、すぐにわかった。 玄関から中に入る。瞬間、「おっ!久しぶりー!」と奥から飛び出てくる、店長のヒロシ氏。 飛び ...

撮れたてほやほや!12月26日朝の「手打ちうどん たも屋南国店 」 かまかけ小!

「かけの小!」注文したそのとき、ちょうど麺が茹で上がる。 この局面…掴んだ…!遇機の『釜かけ』……! 水で締めていない麺が生み出す…!上品な餅感っ……!! たも屋………!「出汁のおかわりは自由」 それを知っていたからこそ……!俺はあえて『小』にした……! 今日は飲んでやる……!出汁を数十リッター………! 大量にっ………!! てなわけで………!当然おかわりしおおす…! 麺や薬味が載っているときと……!出汁の味がまた違って……一杯で二度楽しめる……! たも屋は………!二度楽しめるっ……!!

三里うどん本舗 あつあつ・ひやあつ 【麺屋100店行脚・11店目】

「おぉー寒い寒い!」駐車場に停めた車から降りると、上着を羽織った。 12月も下旬。はや2014年も終わろうとしている。 そんな中。降り立った高知市十津(とうづ)。 坂の下から見えた。 『三里うどん本舗』 「久しぶりだな……」店の戸を開けると中には先客多数。空席はわずか。 カウンター越し、注文する。 「か……かけを………」 外は極寒。『かけ』にするのは当然の選択だった。 空席に腰を下ろして待っていると、背後から話し声が聞こえてきた。 「生姜農家の……」 瞬間、私、感激。<覚えていてくれたんだ……!> じつは ...

ぎゅうせん 2015年1月31日で閉店

来月末で閉店されるいう『ぎゅうせん』の、おでん。 飲んだ帰りに購入。 辛子たっぷりつけて食べた!

居酒屋 初音 【麺屋100店行脚・10店目】

高級な軽自動車を駆り、高速道路を疾走する。「窪川に麺を食べに来る日が、まさか来るとはな…」 高知県中西部に位置する、四万十町窪川。 とくにこれといったうどん店がなく、"うどん不毛の地"と勝手に呼んでいるこの地にやってきた農業界のうどん野郎。 狙うは、うどん。 否。 白い麺は白い麺でも、うどんではないほう。 きしめんっ…!!! まさにこの日、始まろうとしていた。 未曾有の、窪川きしめんチャレンジが……! 「窪川に、きしめん屋があるのか」助手席に座るブランに訊いた。 「きしめん専門の店じゃなくて、きしめんを出 ...

マルトクラーメン 油そば 【麺屋100店行脚・9店目】

次の調査対象が香南市野市町の『マルトクラーメン』だと黒ずくめの男から聞かされたとき、今回は私一人で行かせてくれと頼んだ。 マルトクラーメンと私。男と男のフェイスオフが始まろうとしていた。 初回が『チャーシューメン』……。二度目が『つけ麺』……。 三度目は………! 「すすす……すいません……油そばを……」謝罪するようにして注文。 のち、食べ方を勉強する。壁に貼られた紙で……! <なるほど………。最初に麺を掻き混ぜてから食べる。麺を食べおおしたあと、残り汁にご飯を投入> 生まれて初めて食べる、汁なしラーメン。 ...

ひろめ市場内「お城のいちばん船」 まぐろのホルモン煮

ホルモンが好きすぎて……!マキシマム・ザ・ホルモンである私が好きなのは…!牛のホルモンだけではなかった……! 牛や豚のホルモンはいろんなところで食べられる…!でも、まぐろのホルモンが食べられるところは珍しい…! 時々食べたくなって行く。 ひろめ市場。まぐろ料理と寿司の店、『お城のいちばん船』『まぐろのホルモン煮』 これはもう……!羊っ………!! う………… メェーーー!!! お城のいちばん船。その『まぐろのホルモン煮』は、まぐろにあらず。 ひつじ。 羊だったのだ……! (完)

高知市で深夜ラーメン「ソライロ」中華そば & 担々麺!

とっくに日付けも変わったというのに、夜の高知市繁華街は賑わっていた。 「酒臭い…」 店先で待っていたブランが言った。 「ふふん」と私は笑った。 初めて入るラーメン店、『ソライロ』 「油断するなよ、ブラン」 「うん、わかってる」 「初めての店というのは、どういう攻め手を見せるかわからないからな」 私がそう言うとブランは眉間に皺を寄せ、引き締まった表情をした。 「後の先(ごのせん)でしょ?」 「そうだ。後手に回って相手の出方を見て動きながらも、先を取るんだ」 二人でゴニョゴニョ言いながら、店に入った。 まずは ...

いなば「チキンとタイカレー(グリーン)」

前々から巷で評判の缶詰タイカレー。 うーん………。

【高知】LaVita(ラ・ヴィータ)おいしいイタリア料理が食べられるお店

日中の高知市内をウロついていると、お腹が空いてきた。 時刻を確認すると午後2時を回っていた。 お腹が空くのも無理はなかった。 「どっか、ごはん食べに行こう」 と私は言った。「どこがいいかね?」 「うーん……」 ブランは悩んだ表情を浮かべた。「とにかく早くしないと、僕の姿が犬に戻っちゃうよ」 「そうだな…」 気が焦り始めたとき、見つけた。 トリコローレが…! 電車通りの向こう側に…! 私は微笑した。 「ブランよ、電車通りを跨いで行こうぜ」 人生初……! ラ・ヴィータランチ…! 「イタリアンの店?」 と訊きな ...

一両うどん 【麺屋100店行脚・6店目】

「ぐぇぇぇえええ…」 日付けも変わった深夜。高知市はりまや町にある『一両うどん』の前で、私とブランは待ち合わせていた。 「待ったか、ブラン」私が訊くとブランは苦々しい表情を浮かべた。 「だいぶ飲んだみたいだね」 酔っていることは自覚していたので、「ぐへへ」と笑って誤魔化した。 元々、犬であるブランが人間の姿でいられるのは、1日24時間の内の1時間まで。 それでは店で長時間酒を飲むのは不可能だったし、はなから彼は酒が飲めなかった。 シラフのブランと2人で店に入ると、店主が声をかけてくれた。なんと私が以前に来 ...

おむすびのたけざき イオンモール高知店

なんちゃらセットだよ!

ラーメン・牛すじ処「どば」担々麺(高知・知寄町)

「『どば』の『担々麺』を調査して来てくれ」 と黒ずくめの男から電話がかかってきたのは、コタツでみかんを食べていたときだった。 私は早速ブランと共に、知寄町にある『ラーメン・牛すじ処 どば』へ向かった。個人的にも『どば』を訪れるのは数年ぶりだ。 (このときは昼に行ったのに店舗画像は夜!…使いまわしだからだよ!) 午後2時が近かった。 だが店内にはまだたくさんの人がいた。 以前、来た頃より確実に客が増えている印象だ。 「担々麺、大盛で…」 私が注文すると、ブランは「同じものを」と言った。 もちろん彼は犬ではな ...